おーるニュース

当ブログについて

    カテゴリ: 海外ニュース


    「もっと先になってみないと分からない」と思う。

    1 速報 ★

    7名の医師がフロリダで開催された反ワクチンサミットに参加した後、「COVID」に感染
    代替療法が議論された会議の「数日後」に陽性反応が出たり、症状が出たりした医師たち。

    今月初めにフロリダで開催された「サミット」に反ワクチン派の医師7名が集まり、Covid-19の代替治療について議論された後、体調を崩した。

    「ブルース・ボロス博士は、オカラのワールド・エクセストリアン・センターで開催されたイベントで、「私は妻と一緒に16ヶ月間イベルメクチンを服用しています。"人生でこれまで以上に健康を感じたことはありません。"

    イベントの主催者であるジョン・リッテル博士によると、71歳の循環器内科医であり、熱心なワクチン反対論者であるボロス博士は、2日後にCovid-19に感染したとのことです。

    https://www.theguardian.com/us-news/2021/nov/23/florida-doctors-covid-coronavirus-bruce-boros

    The Beast紙は、ボロスに近い情報筋が、彼がキーウェストの自宅で重篤な状態にあると語ったと伝えています。

    www.DeepL.com/Translator(無料版)で一部翻訳

    2021/11/24(水) 14:00:38.43







    【【米】反ワクチン派の医師、「代替え治療議論」後コロナ感染(画像)】の続きを読む


    給食

    「すべての子供たちに満足な食事を…」と願ってやまない男性が、学校の給食費未納問題に対し驚きの行動に出た。イギリスの『Mirror』や『Daily Record』が報じている。


    ■「未納の場合お子さんには…」

    「一足早く訪れたサンタクロースのようだ」と話題となっているのは、イギリス東部のエセックス州に住むシモン・ハリスさん。彼はSNSで先日、ウェールズ・グウィネズ州にある中高一貫のイスゴル・ディフリンナントレ校が抱えている問題について知った。

    同校のネイル・フォーデン校長が「給食費未納分が1,800ポンド(日本円で約28万円)にも膨れ上がっています。未納のご家庭のお子さんには、今後は給食を提供できません。早急にお支払いください」という手紙を保護者に宛てて送り、それがSNSで拡散。

    賛否両論を巻き起こしていたのだった。


    関連記事:加藤浩次、18歳以下への給付金案に疑問 「大学生も子供って考えたら…」

    ■「私が全額お支払いします」

    フォーデン校長の情け容赦のない手紙に、世間は炎上。「このパンデミックの中、どこの家庭も余裕があると思っているわけ?」「貧困家庭の子供たちは飢え死にしても構わないということ?」といった批判が相次ぐ事態となった。

    このニュースを知って心を痛めたのが、自身も4人の子供を育てるシモンさんだった。「子供たちを空腹にさせるわけにはいかない」と感じた彼は、同校のTwitterに「私がその未納分全額をお支払いしましょうか?」と書き込んだ。

    ■理解を求める学校

    相次ぐ批判に対しフォーデン校長は、本当に支払えず困っている家庭があることも把握しているとしたうえで、「ただ、大半は『支払えるのに払わない』というご家庭です。その方たちに対し、何かアクションを取らなければなりませんでした」と釈明した。

    いずれにしても、未納の家庭は州の評議会から請求書が送られ、所得を証明させられるケースも多々だとして、さらなる理解を求めるメールを保護者宛てに送っている。


    ■州評議会も対応

    この騒動を受けて11日、グウィネズ州評議会の担当者は、支払えない家庭はまず学校や教育委員会に連絡をするようお願いしている。またオンラインシステムも導入され、所得に応じて免除になる可能性があることも説明した。

    一方、シモンさんは「支払えるはずなのに払わない家庭があることは知っています。でも、子供がその代償を払う必要はないです」とメディアに語っている。彼の申し出に学校からの返答はまだないという。

    ・合わせて読みたい→中学校がトイレの天井に防犯カメラを設置 「いじめやたむろを監視」に賛否両論

    (文/Sirabee 編集部・桜田 ルイ





    (出典 news.nicovideo.jp)

    日本でもあるでしょうね。

    <このニュースへのネットの反応>

    【【給食】サンタクロース、一足早くやって来た=イギリス(画像)】の続きを読む


    2021年11月21日中国中央テレビの微博アカウント・央視新聞は、冬の時期に相次ぐダウンジャケットの爆発事故について専門家による解説を紹介した。

    アカウントは、ダウンジャケット洗濯機に入れて洗った際に爆発を起こすニュースがしばしば出現するとした上で、専門家が一部のダウン製品は羽毛が外に出ないように特殊加工の層が含まれており、通気性が低くなっていると解説したことを紹介。ゴム風船を膨らませて破裂させ、ダウンジャケットも高速回転する洗濯機の中で衝撃を受けて羽毛が入ったパックが破裂する可能性があると伝えた。

    そして、ダウン製品を洗う際にはできる限り手洗いにし、洗濯後は直射日光の当たらない場所に干すよう提唱した。また、洗濯機で洗浄する場合には乾燥機能を使わないよう呼びかけた。

    この件について、中国のネットユーザーからは「ダウンジャケット1着のために手間をかけたくない。洗ってダメになったら、それまでの命だったと思うようにしてる」「手洗いするとすごく重いんだよ」「手洗いで自然乾燥……だったらクリーニング店に持っていくわ」「乾燥機を使わないと乾かない。それに冬に自然乾燥させようとしたら凍ってしまう」「昔のダウンジャケットは中のパックが取れて、外側だけ洗えたんだよね」「そもそも、洗濯機ダウン洗濯機能が付いてるぞ」など、専門家の提案にあれやこれやと不満をぶつけるコメントが目立った。(翻訳・編集/川尻

    21日、中国中央テレビの微博アカウント・央視新聞は、冬の時期に相次ぐダウンジャケットの爆発事故について専門家による解説を紹介した。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    驚きました。

    <このニュースへのネットの反応>

    【【驚愕】爆発?ダウンジャケットが・・・(中国)(画像)】の続きを読む


    【ニュース】女子テニス選手ペン・シュアイ(中国)「消息不明」

    中国、隠蔽多すぎる。

    NO.9997407 2021/11/17 18:19
    中国テニス選手「消息不明」、中国の前副首相から「性的関係を強要」訴えた後=韓国メディアも大々的に報道
    中国テニス選手「消息不明」、中国の前副首相から「性的関係を強要」訴えた後=韓国メディアも大々的に報道
    女子テニスのペン・シュアイ(Peng Shuai、中国)が、中国の前副首相から性的関係を強要されたと告発した後、消息不明になっていることがわかった。韓国メディアも大々的に報じている。

    女子ダブルス元世界ランク1位のペン・シュアイは先ごろ、張高麗(Zhang Gaoli)前副首相から性的暴行を受けたと訴えたが、その告発内容も中国のインターネットから「完全消去」された。

    セクハラ告発運動「#MeToo(ミートゥー/私も)」で中国共産党上層部の名前が浮上したのは、今回が初めてだ。

    なお、中国政府側はペン・シュアイの状況に関する質問に答えていない。
    【日時】2021年11月17日 13:00
    【提供】WoW!Korea

    【【ニュース】女子テニス選手ペン・シュアイ(中国)「消息不明」】の続きを読む


    【ニュース】日本のブドウのパクリ疑惑浮上=韓国

    こんなのばっかり、いい加減にしたらどうですか。

    NO.9981314 2021/11/10 09:23
    「“日帝時代”に韓国の品種をたくさん盗んだ。それも泥棒だ!」」日本の高級ぶどう また“パクリ” 韓国で無断栽培 驚きの言い訳
    「“日帝時代”に韓国の品種をたくさん盗んだ。それも泥棒だ!」」日本の高級ぶどう また“パクリ” 韓国で無断栽培 驚きの言い訳
    韓国・ソウル市にある、セレブ御用達の高級デパートで、最近、あるブドウが物議を醸している。

    それは、韓国産として売り出された、超高級ブドウ。
    その名も「大黄玉」。

    値段はなんと1房、日本円でおよそ6,000円。

    実はこのブドウ、日本のあるブドウの“パクリ疑惑”が浮上している。

    それは、実は大きく、黄緑色の皮がほんのり赤みがかった「ほろよい」という品種のブドウ。

    日本で10年以上かけて開発された「ほろよい」と、韓国産の「大黄玉」が酷似しているという。

    取材班は真偽を確かめるため、「大黄玉」を栽培する農家を探しに、ソウルからおよそ200km離れた街へと向かった。

    「大黄玉」を栽培しているハウスの中には、商品価値がないと判断したのか、多数のブドウが落ちている。

    すでにブドウの収穫は終わっていたが、確かに「大黄玉」の残骸があった。

    農家に直撃取材をすると、あっさりと「ほろよい」を無断で栽培したことを認めた。

    無断で栽培する農家は、「以前シャインマスカットがヒットしたので、次の日本の品種を探していた。韓国の農家は、日本のように匠の精神はない」と話している。

    この農家によると、「ほろよい」の栽培は難しく、渋みが強くなってしまい、本物の味からはほど遠く、デパートからの追加発注はゼロだという。

    記者が、入手したブドウを一口食べてみると、果汁があるが、かなり苦みが強く、あまり甘さは感じなかった。

    日本で、厳重に管理されている「ほろよい」が、なぜ韓国に持ち込まれたのか。

    韓国の苗木販売業者に、「ほろよい」の苗木の入手ルートを聞くと、「全て中国..
    【日時】2021年11月09日 19:31
    【ソース】FNN

    【【ニュース】日本のブドウのパクリ疑惑浮上=韓国】の続きを読む

    このページのトップヘ