おーるニュース

当ブログについて

    カテゴリ: お笑い


    【地震】スピワゴ小沢、地震の影響で「28階から降りた」一夜明け「今両足は使い物にならない」とつぶやく

    運動不足です。

    NO.9903126 2021/10/09 01:15
    スピワゴ小沢「今両足は使い物にならない」地震影響、階段で28階を降り
    スピワゴ小沢「今両足は使い物にならない」地震影響、階段で28階を降り
     スピードワゴンの小沢一敬が8日、ツイッターを更新。前夜、地震の影響を受け「階段で28階から降りた」と明かし、一夜明けたこの日は「今両足は使い物にならない」とつぶやいた。

     前夜、東京・埼玉では震度5強を観測する大きな地震があった。都内でも水道管が破裂したり、日暮里舎人ライナーが脱線するなど、さまざまな影響が出ている。

     小沢はどうやら地震の頃に高層ビルにいたようで「昨日階段で28階から降りたこと」とツイッターで切り出した。高層ビルではエレベーターがストップした可能性が高く、小沢も階段を使わざるを得なかったようだ。

     「とても時間がかかったこと。外に出てしばらく座って汗がひくのを待ったこと」と、かなりの時間、体力を使ったことも明かし「今両足は使い物にならない」とダメージを告白していた。

    【日時】2021年10月08日 12:37
    【ソース】デイリースポーツ

    【【地震】スピワゴ小沢、地震の影響で「28階から降りた」一夜明け「今両足は使い物にならない」とつぶやく】の続きを読む


    (芸能ニュース)カンニング竹山、ドリフのコントに挑戦。視聴者から様々な反応(画像あり)

    ドリフターズ本当におもしろかった。あの頃が懐かしい。

    NO.9873210 2021/09/27 18:54
    カンニング竹山、ドリフの名作コントに挑戦するも視聴者からは賛否の声

    画像:時事

    26日に放送された「ドリフに大挑戦スペシャル」(フジテレビ系列)。

    ザ・ドリフターズを愛してやまない「ドリフ・ラヴァーズ」を自称する多数の芸能人が出演しました。

    ドリフの名作コント「威勢の良い風呂屋」にカンニング竹山さんが挑戦し、視聴者からは様々な反応が寄せられました。

    26日に放送された「ドリフに大挑戦スペシャル」(フジテレビ系列)。

    ザ・ドリフターズを愛してやまない「ドリフ・ラヴァーズ」を自称する多数の芸能人が出演しました。

    ドリフの名作コント「威勢の良い風呂屋」にカンニング竹山さんが挑戦し、故いかりや長介さんがもみくちゃにされる役を演じました。

    当時の映像では、ドリフの面々が無遠慮に威勢良くいかりやさんの服を脱がせ、乱暴に身体を洗うなどして風呂へ投げ入れ、いかりやさんはもうヘロヘロ。

    カンニング竹山さんも劇団ひとりさんらから、手加減なしに扱われ風呂に投げ入れられるシーンなどが何度も繰り返されましたが、視聴者からは

    《やっぱ威勢のいい風呂屋はドリフのほうが面白いなぁ。竹山さんのときなんかいじめに見えてきて笑えなくなってしまった》

    《カンニング竹山が長さんポジションなんだ(笑)名作コント》

    《「威勢のいい風呂屋」のコント大好きだったので、新旧両方見られて良かった》

    《今は、ただのいじめにならないような配慮がある》

    など、コントへの賛否両論や今の時代に沿った放送内容になっているかを冷静に捉えた書き込みなど様々な書き込みが寄せられました。

    元々、ドリフのコントは身体を張るスタイルがベースになっているほか、女性の裸が出てくるなど、現在の視聴者感覚では差別やいじめを引き起こすものに加え、ハラスメントなどの批判を受けてもおかしくないものが多く、全ての演出は練りに練り上げられて、至る所に配慮が見られた番組内容となりました。

    当時は女性の上半身が露わとなった放送シーンも数多く、お風呂のシーンではそれこそ半裸姿の女性が入浴したり、身体洗っている女性のそばにドリフの面々が落っこちてくるなど、なんでもありの時代。

    当時のドリフは内容こそ過激だったものの、視聴者は「テレビの向こうにある夢の世界」と捉え、完全に現実と分けて涙がこぼれるほどお腹を抱えて笑ってみていたのでしょう。

    しかし、今ではテレビ内で見られる発言や行動を模倣するなどその影響力の強さから、テレビの中の発言や行動にも大きな制限がかかるようになりました。

    いかりや長介さんの当時の前フリでコントを始めるほか、所々で当時の映像も流れ、徹底した当時の世界観を演出した同番組。

    女性のセクシーなシーンは一切見られませんでしたが、それを実際の生活の延長線にあるイヤらしい目で見るのではなく、明日への活力とするような受け手側の朗らかな意識も必要なのかもしれません。

    (文:Quick Timez編集部)

    【日時】2021年09月27日
    【提供】Quick Timez

    【(芸能ニュース)カンニング竹山、ドリフのコントに挑戦。視聴者から様々な反応(画像あり)】の続きを読む


    霜降り明星・せいや

    人気お笑いコンビ霜降り明星せいやが、25日深夜に自身のインスタグラムを更新。マクドナルドで起きた”ある珍事”について明かし、ファンのあいだで話題になっている。


    ■代金だけを支払い…

    ある日、新大阪駅マクドナルドに立ち寄ったせいや。その際、注文後に代金を支払ったものの、新幹線が間に合わないからと、そのまま商品を受け取らずに走って店を出てしまったのだそう。

    店側はこのことを覚えていたようで、それ以降せいやが来店した際には、商品の入った袋に「おつかれさまです」と労いのメッセージを添えてくれるのだという。

    同社のキャッチフレーズ「I’m lovin’ it」を思い出したのか、日本語で「アイムラブニット」と感謝の気持ちをつづるせいやだった。


    関連記事:霜降り・せいや、大人の店にまでついてくるファンに悩み 「亀甲縛り像の前で…」

    ■「なんて優しい世界」

    このエピソードは以前にラジオなどでも話されていたもののようで、ネット上では「出た、マックに寄付した話」「何度聞いても面白い」といったファンからのコメントが。

    また同社店員の粋な心遣いには、「すごい話。なんて優しい世界なんだ」「そういう気遣いが嬉しいですよね…」といった声が寄せられていた。


    ■6割以上「マクドナルド好き」

    ちなみに、せいやがこの際に頼んだのは、エピソードを詳しく知るファンいわく「辛ダブチ」だそう。どうやらかなりのマクドナルド好きのようだ。

    そこで、しらべぇ編集部が全国10〜60代の男女1,880名を対象に調査を実施したところ、全体で64.9%もの人が「マクドナルドが好きだ」と回答する結果に。性年代別に見ると若い世代ほど顕著で、とくに10代〜20代では男女ともに7割以上となっている。

    マクドナルドが好き性年代別グラフ

    以前には「スマイルください」と店員に告げると、にっこりと笑ってくれる「スマイル0円」CMが話題になったこともあるマクドナルド。商品だけでなく、店員の温かい応対も魅力のひとつなのかもしれない。

    ・合わせて読みたい→粗品、『ドキュメンタル』で勝機が見出せなかった理由 ファンから納得の声

    (文/しらべぇ編集部・清水 翔太

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2020年4月24日2020年4月27日
    対象:全国10代~60代の男女1,880名(有効回答数)

    せいや、マクドナルドで商品を受けとらなかった理由に反響 「すごい話」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    う~ん、霜降り明星のせいやさんと分かってたのかな?

    <このニュースへのネットの反応>

    【【いい話】お笑いコンビ・霜降り 明星せいや、マクドナルドで起きたある事件がファンの間で話題に】の続きを読む


    「実家の味噌汁とカレーが嫌いだった」

    彩りとか盛り付けの概念がなく、味もめちゃくちゃ。

    久しぶりの帰省で「母の料理が楽しみ」という人は幸せだ。しかし世の中そういう人ばかりではない。ガールズちゃんねるに5月中旬、「【味噌汁】母の料理が酷い【ことこと】」というトピックが立った。トピ主は、帰省したとき出される料理がまずいことに頭を抱えている。

    「昨晩のお味噌汁をぐらぐら煮詰めてから出されたり」

    カレーは市販のルーを使わずカレー粉と調味料を独自に配合した謎味付けです」

    などと苦境を報告。味噌汁は煮詰めないのがセオリーだが、母によれば「具が傷んでそうだった」とのことで、調理法以前の問題だ。「料理以外では良い母なので断れない」というトピ主が、同じ悩みを抱える人に共感を求めると、母の料理に絶望している人たちからコメントが相次いだ。(文:篠原みつき

    「実家の味噌汁カレーが嫌いだった」という人も

    ピックには、まず「自分で作れ」というツッコミが複数あがった。「子どもがもう自立した年齢までその腕前ならもうどうにもならない気がする。出前でもとるほうが早そうです」という声もあり、確かにその通り。トピ主は子どもではないのだから、寿司でも手土産にすれば良いという声にも頷ける。

    一方で、「それをさせてもらえるんなら悩まないんじゃない?」とトピ主に理解を示す人も。むしろ多かったのは「うちの母も……」という共感コメントだ。「苦手なわりに家族にやらせない」という声も目立つ。子どもの頃、よそで食べた手料理が美味しくて衝撃を受けたというエピソードも、複数あがっている。

    「ずっとお味噌汁カレーが嫌いだったんだけど親戚の家でいただいたお味噌汁カレーがめちゃくちゃ美味しくて感動したことある」

    「うちの母もです。彩りとか盛り付けの概念がなく、味もめちゃくちゃ。母の作ったお弁当を持って行くのが恥ずかしくて、小学生の頃から自分で作ってました」

    自己流がひどいケースも多く、「パッケージ通りに物を作れない。ホットケーキミックスですらまともに作れない。書いてある通りにすると『つまんない』らしい」と、母のチャレンジ精神を嘆く人もいた。

    こうした声から「料理下手な人の特徴」をまとめると、

    ・とにかく自己流(レシピセオリー通りにやらない、やれない)

    ・他の人にやらせない(比べられるのが嫌なのか、または謎の使命感、プライドがある)

    ・本人の味覚がおかしい(下手という自覚がない場合も)

    といった要素が浮かび上がる。料理下手の自覚があっても、なぜか自己流のまま学ぶこともなく、家族に手出しさせず、自分の感性で”やっつける”人が多いことがうかがえた。また、「自覚あり」なら買ってきた惣菜やレトルトで済ますことも多いようだが、「自覚なし」の場合は、トピ主の母のように自己流の味付けを開発し満足してしまう人もいて、なかなかやっかいだ。

    「苦手でも毎日料理を作り続ける人は偉い」とフォローしたいが

    結果として、「諦める」という結論に至る人が多いのも仕方がない。中には、「単純に食べないという選択をしています(中略)料理上手な家庭で育った人からすれば冷たく思うんだろうなぁ」という声もあり、もの悲しい。

    主婦歴およそ20年の筆者としては、「苦手でも、家族に不評でも、毎日料理を作り続ける人は偉い」とフォローしたいところだ。いまどき「料理は母親が作るもの」という価値観にも、異を唱えたくてしかたない。

    料理研究家の土井善晴さんは、『一汁一菜でよいという提案』(グラフィック社/2016年)という著書で、ごはんと味噌汁というシンプルな家庭料理を提唱し、毎日の食事作りにプレッシャーを感じていた女性の間で話題になった。けれども、本人がそうした情報をシャットアウトしていたのでは、如何ともしがたい。トピ主はもう大人なので、やはり諦めるしかないだろうか。

    「母の料理がひどい」に共感する人々 「自分で作れ」では解決しない複雑な事情


    (出典 news.nicovideo.jp)

    自分が育ったのは薄味、嫁ぎ先は濃いかった。なので少しずつ薄くして丁度いいくらいにした。

    <このニュースへのネットの反応>

    【(料理)「母の料理がひどい」、ならご飯とみそ汁でよいではないか?】の続きを読む


    落として一か所ヒビが入ったガラケー使ってますわ。

    1 puriketu ★

    携帯料金の値下げやデジタル庁の創設を推進している菅首相が、じつはガラケー(旧来型の携帯電話)の愛用者だというのは
    大手紙で何度も記事になっている有名な話だ。自民党の二階幹事長など、ほかにもガラケー愛用者の政治家はたくさんいるという。

    身の回りを見ても中高年世代を中心にガラケーにこだわる人は意外と多く、いまだに携帯電話の契約総数の1割をガラケーが占めている。
    もちろん、スマホに比べるとガラケーは圧倒的に少数派なのだが、一部の人々からは根強い支持があるようなのだ。

    ヤクルトの営業所でマネージャーをしている内山貴子さん(仮名、61歳)は、およそ30年間ガラケーを使い続けている。
    10年余り前にスマホが本格的に普及し始めたとき、夫や周囲の友人たちはどんどんスマホに切り替えていったが、
    内山さんはガラケーにこだわった。理由はいたってシンプルで、「スマホの操作を覚えるのが面倒」だからだ。

    「年齢的なものもあるのかもしれませんが、私すごく面倒くさがり屋なんですよ。イチから操作を覚えなくてもいいように、
    ガラケーも同じメーカーのものを何十年も使い続けています。メーカーが同じなら操作もだいたい同じじゃないですか。
    だから、バッテリーが劣化したり本体が壊れたりしたら、毎回必ず同じメーカーのものに買い換えるんです」

    たしかに中高年世代にとってスマホの操作は面倒くさい。覚えるためには「アプリ」「アカウント」「インストール」といったカタカナ語とも向き合わなければいけない。

    その一方、スマホにはガラケーにない便利さがあるのも事実。たとえば、LINEなら電話よりも手軽に家族や友人とコミュニケーションがとれるし、
    知りたいことはインターネットで検索すればすぐわかる。地図アプリを使えば旅行先で道に迷うこともないのだ。

    「よく『LINE使えないと不便でしょ』と聞かれるんですが、私はあんなもの煩わしいだけだと思うんです。グループLINEってあるじゃないですか。
    周囲の同世代の友だちが『既読がつかない』『返信がない』っていつも大騒ぎしているんです。それを聞いているだけでも煩わしいなって感じますね。
    だったら最初からスマホなんて持たないほうがいい。

    地図アプリも私には必要ありません。ヤクルトレディという仕事柄、住所さえわかればどこにでも行けちゃうんですよ。
    旅行が趣味なので日本全国いろんな場所に行きますが、スマホに案内してもらうより地図を片手に歩くほうが楽しい。
    心に焼き付けておくタイプなので写真も撮りません。だから、ガラケーでもほとんど不便さを感じないんです」
    https://bunshun.jp/articles/-/45483


    (出典 1.bp.blogspot.com)


    【(スマホ)ガラケーサービス終了に抗議する愛用者の「言い分」・「差別ですよ」!】の続きを読む

    このページのトップヘ