ニュースちゃん24

当ブログについて

    カテゴリ: 海外ニュース


    少子化(しょうしか)とは、 出生数が減少すること 出生率の水準が特に人口置換水準以下にまで低下すること(Sub-replacement fertility) 子どもの割合が低下すること(高齢化の類義語として) 子どもの数が減少すること を指し、いずれの意味であるかは文脈による。…
    90キロバイト (13,559 語) - 2022年10月28日 (金) 23:57
    世界的に少子化が進んでいるんですかね~。

    1 ぐれ ★
    ※2022年11月21日 12:00
    日本経済新聞

    子供を産むか、産まないか――。そんな一人ひとりの選択が積み重なった結果が、現代の少子化社会だ。個人の選択に社会の制度や価値観が与える影響は大きい。世界で人口減少

    にあらがう国の多くは、多様な生き方を認め、世の中全体で助け合う寛容な社会をつくろうとしている。

    多様さ認めるデンマーク、家族の形を37種類に分類

    続きは↓
    https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA30AVH0Q2A930C2000000/


    ★ 2022/11/21(月) 14:18:14.64

    【【少子化社会】多様さ認めるデンマーク、家族の形】の続きを読む


    ハワイへ労働者としてやってきた大量の日本人移民は深刻な差別に曝された。現代は観光都市として発展を見せる一方で、開発による環境汚染、歴史遺構の破壊や人口増加による地価・物価の高騰、ハワイ人問題事務局が提唱しているハワイ人による自治権の獲得など、複数の問題を抱えている。ハワイは、その解決の糸口を模索しながら今日に至っている。…
    70キロバイト (9,562 語) - 2022年11月11日 (金) 02:08
    でも物価はどうなんでしょうかね。

    1 首都圏の虎 ★
    年初には1ドル=115円台だったドル円相場の円安進行が止まらない。10月下旬には約32年ぶりに1ドル=150円を突破した。一方で給料は30年も横ばいのままで、2021年の日本の平

    均賃金はG7で最下位となった。一方、海外では世界的な人手不足で賃金が上昇しており、超円安の状況下では、日本で働くより海外で働いた方が収入が増えると、話題になってい

    る。アメリカで“出稼ぎ”をしている日本人たちに、そのリアルな給料事情を聞いた。

    有名レストランのウエートレスでチップが月100万円

     サーフィンが趣味で、こんがり焼けた橋本恵美さん(25才)は、ハワイで充実した毎日を送っている。

    「いまハワイは人手不足なので、時給がどんどん上がっています。私は現地の有名レストランでウエートレスをしていますが、人気店なのでチップがいい。朝だけ数時間、週数日

    のパートで月100万円くらい稼いでいます。趣味のサーフィンも楽しめて最高です」(橋本さん)

    給料も仕事のやりがいも増えた
     海外は儲かるだけでなく、心が安らぐという声も多い。

     シカゴのパン店で働く小野寺洋二さん(40才・仮名)はコロナの影響で国内の勤務先が倒産し、1年半前に知り合いのツテをたどって渡米した。

    「日本では手取りの月収が24万円でしたが、こっちは70万円。オーナーの知り合いの借家に妻と子供と暮らし、1年半で260万円貯金しました。子供は1人だけのつもりでしたが、経
    済的に落ち着いたので2人目もほしくなり、妻は現在、妊娠4か月です」(小野寺さん)

     朝5時に出勤する小野寺さんの帰宅は17時。一見、長時間労働だがトータル4時間の休憩があり、職住近接でランチは自宅で家族と食べている。週2~3回の休みはドライブや公園の散歩を楽しむ。

    「日本で働いていた頃はサービス残業が当たり前でしたが、こっちでは収入が増えて精神的なゆとりができ、仕事にやりがいが持てるようになった。思い切って日本を出てよかったです」(小野寺さん)

    日本で人間関係に苦しんだ夫がNYで5倍の年収
     ニューヨークで洋服やバッグのリフォーム店を経営する本田英恵さん(35才・仮名)は夫婦で大きな収入を得るに至った。

    全文はソースで
    https://news.yahoo.co.jp/articles/4da93ddc76e442853cc985b18997bf9d033f90ed



    【【賃金】ハワイの有名レストランの日本人ウェートレス、朝だけ数時間・週数日のパートで月100万】の続きを読む


    ステーキ・肉料理

    完全菜食主義の親に育てられた女の子に、たっぷり肉を使った料理をふるまった女性。その投稿と人々の反応に、『The Sun』など海外メディアが注目している。


    ■娘の友達はビーガン

    海外在住の女性の娘には仲の良い友達(12)がいるが、女性はその女の子を見るたびに気の毒に思っていた。体は他の友達より小さく、顔色は悪く青ざめているからだ。

    事情を聞いたところ、女の子の両親はビーガンで、女の子も完全菜食主義者として育てられてきたのだという。


    関連記事:ビーガン活動家が高級デパートで牛乳垂れ流し 「金持ちの主張」と揶揄される

    ■栄養満点の料理を作った女性

    女の子の健康状態が気になった女性は、遊びに来るたびにボリュームたっぷりの肉料理を用意するように。チーズバーガー、ステーキ、牛乳などを出したこともあったが、女の子は嬉しそうに食べておかわりもしたという。

    おやつとしてジャーキーを与え、朝はスクランブルエッグとベーコン、そしてやはり牛乳をテーブルへ。女の子はそれらをぺろりと平らげ、顔色もずいぶん良くなった。

    この経験を女性が掲示板『Reddit』に書き込んだところ、ユーザーの意見は主にふたつに割れた。


    ■「絶対にアウト」という批判

    投稿を読んだユーザーの一部は、「あなたはその子の医師ではない」「勝手に(肉を食わせても大丈夫だと)決めるのは良くない」「まずは保護者に声をかけて話を聞くべきだった」というコメントを書き込んだ。

    また「投稿者は最低だと思う」「もしこんなママ友がいたら、その家庭にウチの子は絶対に行かせない」というかなり厳しい声もある。よその家に泊まりに行けば、その家庭のご飯やオヤツを食べることになるだろう。その点を女の子の両親が考えていたのかは、定かではない。


    ■非はないという意見も

    一方で「投稿者は悪くない」という声もある。あるユーザーは、「12歳なら何を食べるかは自分で決めていいと思う」「ビーガン食を続けるかどうかも本人が決めるべき」とコメントした。

    さらには「無理やり肉を食べさせた事実はない」「両親に知らせずに食生活を変えるのは良くない」という中立的な意見もあった。

    ビーガン食については、「子供には良くない」「大丈夫、問題はない」という両方の説がある。ビーガン育児に興味があるという保護者もいるが、まずは栄養についてしっかり学ぶ必要がある。

    ・合わせて読みたい→継母を結婚式に招待するも「目立たないで」 実母思いの花嫁の提案に物議

    (文/Sirabee 編集部・マローン 小原

    娘の友達がビーガンと知りつつ「肉料理を食べさせた」 ある母親の行動に賛否両論


    (出典 news.nicovideo.jp)

    完全菜食主義・絶対菜食主義などと訳されきたが、ヴィーガンらはこの訳語はヴィーガニズムの定義に則しておらず、ヴィーガンという言葉に対する誤解を生んでいると主張している。米作家のマーク・ホーソーン氏著の『ビーガンという生き方』訳者の井上太一氏は、「「VEGAN=ビーガン」という言葉は、完全菜食主義などと訳され、…
    181キロバイト (23,008 語) - 2022年11月10日 (木) 14:12


    その子も食べてみたかったんだと思いますがね。おかわりまでする位だから・・・・・

    <このニュースへのネットの反応>

    【【完全菜食主義】ビーガンの親に育てられた自分の娘の友達の女の子に、肉を使った料理をふるまった女性】の続きを読む


    2022年11月8日、韓国・ニューシスは「世界で最も高級なブドウとされる石川県産『ルビーロマン』の苗木が韓国に流出していたことが分かった」と伝えた。

    記事は朝日新聞の報道を引用し、「ルビーロマンの海外流出の事実は、昨年8月に韓国で販売されているという報道が出たことで知られるようになった」「石川県は今年8月に韓国で現地

    調査を実施し、ソウル市内の百貨店など計3店舗でルビーロマンとして売られているブドウを購入。DNA鑑定で石川県産のルビーロマンと遺伝子型が一致することを確認した」と伝えている。

    苗木が流出したのは5年以上前とみられているが、流出の経緯や原因は分かっていない。石川県は品質の高さを維持するため、厳しい条件の契約を結んだ県内の農家に限定して苗木を提供しているという。

    ただ、韓国で売られていた偽物は、日本現地のものに比べて形が不ぞろいで粒が小さく色も悪い。糖度は16.7度と高いものの石川県の基準である18度には満たないという。

    ルビーロマンは石川県が1995年から2014年かけて開発した独自ブランドで、2012年から海外輸出が始まった。販売額は増加を続け、昨年は香港、台湾、シンガポールで約6000万円に上ったという。

    石川県は商品価値を守るため、各国での商標出願を急いでいる。台湾ではすでに登録を終え、韓国など47の国と地域での商標登録に向け準備を進めている。ただ、品種登録は国別に手続き

    を行わなければならず、登録費用は1件当たり数十万円から200万円ほど、登録までの期間は45年かかるケースもあるという。

    この記事を見た韓国のネットユーザーからは「シャインマスカットや紅はるかでは満足できずルビーロマンまで?」「種が風に乗って韓国にやって来たとは考えにくい。日本の研究者たち

    の血と涙と汗の結晶を盗むのは恥ずかしいこと」「中国に盗用されたら猛批判するのに、日本から盗むのはOKなのか」「口で反日を叫ぶだけではなく、実力で克日しよう。いつまでこう

    しているのか。恥ずかしい」「日本改良品種はどれもこれもが逸品。韓国も頑張ろう。泥棒はもうやめて」など批判的な声が上がっている。

    一方で「ブドウくらいいいじゃん。日本植民地時代に日本が韓国から奪っていったものと比べたらかわいいもの」「ルビーロマンもシャインマスカットのように、韓国の農家に広めて一房

    5000ウォン(約528円)で買えるようにしよう。ファイト」など問題視しない声も見られた。

    (翻訳・編集/堂本

    8日、韓国・ニューシスは「世界で最も高級なブドウとされる石川県産『ルビーロマン』の苗木が韓国に流出していたことが分かった」と伝えた。写真はルビーロマン。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ルビーロマンは、ブドウの栽培品種の一つ。果皮が赤く、果粒は短楕円形で大粒の早生種である。生産地は石川県。 石川県が開発し2007年(平成19年)に品種登録されたブドウで、直径3cm以上の大粒と鮮やかな赤色の皮が特徴となっている。石川県が戦略作物として地域ブランド化に取り組んでいるが出荷量が少ないことが課題とされている。…
    17キロバイト (2,553 語) - 2022年10月15日 (土) 15:58


    日本側も何らかの対策(法律)とかを立てたほうが良いと思います。農家の方が精魂込めて作り上げた大切なものだから・・・・・

    <このニュースへのネットの反応>

    【【商標】「世界で最も高級なブドウとされる石川県産『ルビーロマン』苗木が韓国に流出=韓国・ニューシス】の続きを読む


    タクシー

    いきなり産気づいて、赤ちゃんを産んだ女性。乗っていたタクシーの中は大量の血液などでかなり汚れ、運転手も戸惑ったようだ。その後のやり取りが原因で女性が気分を害していることを、『Daily Mail』など英国のメディアが伝えている。


    ■検診を受けに行く予定だった妊婦

    イギリスで暮らすファラさん(26)が、待望の第二子を妊娠。大きなお腹で検診を受けに行くことになり、タクシーに乗りこんだ。

    しかし発車からわずか数分後に、ファラさんはなんと破水。陣痛が始まったため運転手も驚き「車を停めましょうか」と聞いたが、ファラさんは「いいえ、このまま病院に向かって」と伝えた。

    「病院に着くまで赤ちゃんは生まれないだろう」「まだ時間はある」。ファラさんはそう考えていたというが、お産は猛スピードで進んだ。


    関連記事:3時のヒロインかなで、雨天タクシー待ち中に救われ 「東京で1番温かい場所」

    ■タクシーの中で出産

    運転手は焦りながらも病院に連絡し、ファラさんが間もなく到着することを伝えるなど対応に追われた。

    その間にもお産は進み、ファラさんはタクシーの中で女の子を出産。その後ほどなくして病院に到着したが、待ち構えていた助産師らもお産が終わっていることに気づきショックを受けていたという。

    ファラさん本人も意外な展開にとても驚いたといい、「『怖い』と思う間もなく産み終えていたんです」と話している。


    ■清掃費用を請求され激怒

    出産から数日後、ファラさんはタクシー会社に90ポンド(約1万4,900円)を支払うよう求められた。運賃そのものは、わずか30ポンド。ただタクシーの内部を清掃する費用として、さらに60ポンドの支払いが必要だと言われたのだ。

    この件についてメディアの取材に応じたファラさんは「タクシーの中を汚したことは分かっています」とコメント。ただ車内での出産は予想できなかったことだと強調し、「なのに清掃費用を請求するなんて図々しいと思う」などと述べた。


    ■タクシー会社に同情する声

    気分を害しているファラさんについて複数メディアが伝えたところ、多くの人々がタクシー会社に同情した。

    「ファラさんは運転手に謝罪すべき立場だと思う」「(清掃に必要なお金は)ファラさんがすべて支払うべき」という意見、また「そもそも何様のつもりだ」「車内は血や羊水でめちゃくちゃになったはず」といったコメントが、インターネットに多数書き込まれている。

    タクシー会社側も大変困っているもようで、この件についてはまだコメントを発表していない。


    ・合わせて読みたい→ヒコロヒーが先輩芸人に貰う1ヶ月のタクシー代は… 「そんなに貯まるの?」

    (文/Sirabee 編集部・マローン 小原

    タクシーの中で女性が破水し出産 「清掃費用を出して」と要求され激怒


    (出典 news.nicovideo.jp)

    「清掃費用を請求するなんて図々しいと思う」
    はぁ? この人のほうが図々しいですよ・・・・・

    <このニュースへのネットの反応>

    【【お産】イギリスで検診に行くことになった妊婦がタクシーの中で出産、清掃費用を請求され激怒!】の続きを読む

    このページのトップヘ