ニュースちゃん24

当ブログについて

    カテゴリ: 生活


    普通の鍋で充分なんとちがいますか?置き場所にも困りそうですしね。

    1 少考さん ★

    ※マイナビニュース

    シメの雑炊まで楽しめる、インスタント袋麺専用の電気鍋
    https://news.mynavi.jp/article/20220518-2347163/

    2022/05/18 11:24
    著者:村田奏子

    サンコーは5月18日、インスタント袋麺専用のラーメン鍋「シメまで美味しい『俺のラーメン鍋』」を、直販サイトで発売した。価格は7,980円。


    (出典 news.mynavi.jp)

    シメまで美味しい「俺のラーメン鍋」。インスタント袋麺の調理に特化した電気鍋だ

    インスタント袋麺がぴったり収まるサイズに設計された、スクエア型の電気鍋。鍋の内寸はW130×H75×D130mmで、麺全体にスープが浸かるため、茹でムラなく調理できるとする。

    底面には高火力ヒーターを搭載し、約6分で500mlの水を沸騰可能。側面には断熱材を4カ所内蔵して熱を冷めにくくした。鍋部分はフッ素加工され、取り外して水洗いできる。


    (出典 news.mynavi.jp)


    (略)

    ※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。


    【【鍋】「インスタント袋麺専用の電気鍋」これいりますか?】の続きを読む


     初夏の訪れを感じる今日この頃。それはもうすぐ冷やし中華の時期ということを意味しますが、Twitterで「冷やし中華、簡単じゃねーからなぁぁ!」とあらかじめ忠告する声が投稿され、多くの共感を呼んでいます。

    【SNSの声「超絶めんどくさい」「錦糸卵がキツイ」】

     投稿したのは隊長の雑記帳さん。「冷やし中華でいいよ」の言葉から生まれる争いを防ぐため、冷やし中華は作るのが面倒くさいことを伝えています。

     寄せられた共感の声をみると、具体的には「トッピングの準備が面倒」が一番多く見られます。ハムや焼豚、キュウリなどを細切りにするだけでなく、特に薄焼き卵を作って細く切る工程がある錦糸卵は厄介です。

     盛り付けは他にも、トマトもやしわかめなど。ひとによりますが、一般的にイメージされる冷やし中華を自分で作ろうとすると、必要な材料が意外に多いことに気付きます。そこに「具が少なくない?」なんて声が飛んできたら……争いが生まれるのも無理ないかも。

     また、そもそも暑い夏の日に「麺をゆでる」のが大変で、そこから「ザルで冷やす」必要があること。一部の人に「簡単な料理」だと思われがちな“冷たい麺類”は、材料の準備やかかる時間、洗い物など、実際は面倒であるとの意見が寄せられています。


              皿洗いをしているお母さんのイラスト


     そのため、真夏に「お昼はそうめんとか簡単なのでいいよ」と言われて、「あぁん?! で、いいよ。だぁ?! やれ。やってみ。あちぃんだよ!2度と言うなよ!」とブチ切れたなんてエピソードもみられました。元ツイートに寄せられた“いいね”はこれまでに1万9000件以上。いいか、絶対「簡単」とか「○○でいいよ」とか言うなよ、絶対だぞ……!

    冷やし中華


    (出典 news.nicovideo.jp)

    麺を茹でるのは確かに暑いしですね・・・・・
    トッピングを大量に作っておいて冷凍しておくというのはどうでしょうか?

    <このニュースへのネットの反応>

    【【食】冷やし中華の時期、「超絶めんどくさい」というSNSの声(画像)】の続きを読む


     一億総貧困時代を迎える日本。本当に恵まれていないのはどの世代か? バブル世代、団塊ジュニア世代、ポスト団塊ジュニア世代、プレッシャー世代、ゆとり世代Z世代の6つに分類した場合、歩んだ道のりと待ち受ける将来から不幸No.1は「団塊ジュニア世代」(’71~’74年、現47~50歳)というが、今回はZ世代に注目したい。

    Z世代がもたらす不安な未来。国際競争力を失う日本社会

     人口が少ない世代ゆえ、受験でも就職時でも、圧倒的に競争が少ないのがZ世代の特徴でもある。それゆえどこかマイペースな印象が拭えないが、このZ世代の「競争不足」に警鐘を鳴らすのが、マーケティングアナリストの原田曜平氏だ。

    「受験も就職も苦労せず、入社以降も褒められて大切に育てられてきた。それがZ世代社会人の特徴です。ほかの世代の苦労を間近で見てないせいもあるのでしょうが、『自分たちは上の世代よりも恵まれている』という意識は低いです。

     また、非常に繊細で、何かとメンタルにも不調をきたしがち。上の世代に比べると、どうしても仕事に対する熱量や精神力が弱いように感じます。正直、『ゆとり世代』よりも、Z世代のほうが、よっぽど『真のゆとり世代』だと感じることも多いですね」

    ◆危惧される国際競争力の低下

     競争がないがゆえに、温室育ちにならざるを得ないZ世代。しかし、そこで危惧されるのが国際競争力の低下だ。

    「外国では移民の急増などを背景に、あらゆるシーンで若者たちの競争が激しくなっています。競争しないと生き残れないという危機感が強く、死ぬ気で頑張っている海外の若者たちと、競争のない日本の若者たちとの差はどんどん開いていくでしょう。今後、経済がグローバルな市場に移るなか、日本の若者の力が低下すれば、国際競争力も当然低下するはずです」

    ◆人口減のその先にある未来

     さらに待ち受けているのが、人口減のその先にある未来だ。

    「近い将来、より深刻な人手不足が起きれば、日本でも移民を本格的に受け入れるでしょう。そのとき、社会から大事に育てられすぎたZ世代が移民の人々と競争しても、実力不足から、自分の地位を守れない可能性が高い。その場合、日本社会がどうなっていくかが不安です」

     人材流出を防ぐため、Z世代に苦労させないその風潮が、彼らの未来を奪う。その可能性も我々は知っておくべきなのだ。

    ◆【マーケティングアナリスト 原田曜平氏】

    ’77年生まれ。博報堂ブランドデザイン若者研究所を経て、独立。近著に『寡欲都市TOKYO 若者の地方移住と新しい地方創生』(角川新書)など

    <取材・文/週刊SPA!編集部 イラスト/bambeam>

    ―[不幸度ランキング]―




    (出典 news.nicovideo.jp)

    世代で分けて、恵まれてるとかいないとかどうなんでしょうね。

    <このニュースへのネットの反応>

    【【日本】一億総貧困時代、どの世代が本当に恵まれていないの?(画像)】の続きを読む


     食卓で「まずい」という言葉を使わないルールを設けている家庭で、5歳の長女が“食べたくない理由”を両親へ必死に伝えようとする様子がTwitterに投稿されて話題になっています。投稿には4月27日現在8万4000件の「いいね」が寄せられ、「健気でかわいい」「語彙(ごい)力が鍛えられそう」の声が続々と届きました。長女が考えた末に口にした、かわいい食レポ”とは……?

    【画像:「まずい」を言わない長女】

    ●「まずい」以外の言い方を懸命に考える長女

    長女には特に「まずい」という言葉をご飯に対して言うことを厳しく叱ってる。だから年長さんなりに色々考えて「これはちょっと大人の味かな」とか「苦いが多いね」などとまずいと言わずにいかに食べたくないかを全力で伝えてくる。健気でかわいい。食べなさい。(くたまるさんのツイートより)

     このツイートを投稿したのは、5歳と1歳の姉妹を育てる父・くたまるさん。くたまるさんは調理師、妻は管理栄養士という家庭です。

     くたまるさん宅では、食事の際に「まずい」という言葉を使わないようにしているといいます。ですが、食卓には子どもたちが好きなものだけが並ぶわけではありません。日頃はおいしく食べているものでも「今日はあまり食べたくないな」と思うものが出ることもあります。

     くたまるさんの長女は、本来嫌いではないものが食卓に並んだとき、口に運んだ後に懸命に考え「これはちょっと大人の味かな」「苦いが多いね」など、「まずい」以外の言葉を使っていかに食べたくないかを伝えてくるのだとか。くたまるさんは、子どもなりに表現を工夫する長女について「健気でかわいい。食べなさい」とちゃめっ気たっぷりにつづっています。

     続くツイートでは「自分の意見を言うのと言いたいことを言うのは似ているようで全然違うんですよね」とした上で「我慢するのではなく、どう伝えればそれがちゃんと傷つけずに伝わるかを考えてほしいと思ってます」とコメントしました。

     5歳という年齢でありながら、大人びた表現を使って一生懸命気持ちを伝えている長女。けなげな姿がかわいらしいですね。

     この投稿は注目を集め、「オトナの私も心掛けよう」「語彙(ごい)が増えそうでたのもしい」「マナーと表現力が磨かれる」など、共感の声が寄せられました。また、子育てをしている人からは「うちもこうやって教えてる」「うちの子はハッキリ『まずい』というので羨ましいと思いました。同じく年長なので、人の気持ちを考えられる長女さんのような子に成長してほしいです」といった声もありました。

     料理を作った人の気持ちを考えた上で自分の思いを伝えるというくたまるさんの子育てや長女の言葉は、思いやりの心やマナーを身につける上で参考になりそうですね。

    娘は「まずい」以外に何という……?


    (出典 news.nicovideo.jp)

    コメント:ほほえましいですね。

    <このニュースへのネットの反応>

    【【食事】「まずい」以外の言葉を使っていかに食べたくないか伝えてくる5歳児(画像)】の続きを読む


     息子から「ワイヤレスイヤホンが欲しい」といわれたものの、紛失してしまわないか心配だったママ。試しに100均で買ったイヤフォンを持たせてみると……? 予想通りの結末を迎える投稿がTwitterで話題となっています。大人もやりがちな失敗に、4月25日現在16万4000件以上の“いいね”や「うちも経験ある」と共感の声が寄せられました。

    経験のある人も多い「イヤフォンあるある」

     投稿者は、裸の大将レディ なおちさん。ある日、中学生の息子から「ワイヤレスイヤホンが欲しい」といわれたそうです。しかし、流行している小型のワイヤレスイヤフォンは、子どもにぽんと買い与えるには高価なもの。すぐになくされては困ると思い、息子へ「このイヤホンでしばらく過ごして様子をみな」と伝えて、ダイソーの有線イヤフォンを手渡しました。

     そのわずか3日後。洗濯を終えたなおちさんは、ぬれたズボンのポケットに何かが入っているのに気付きます。それは、息子に渡したダイソーイヤフォンでした……。洗濯機にかけられたイヤフォンは、水没状態で使えなくなっていたといいます。

     不安が的中したなおちさんからは、思わず「ほらな!!」と全力のツッコミが出てしまうのでした。安価なイヤフォンだったからまだ良かったものの、これが高価なワイヤレスイヤフォンだったらと思うと、ヒヤッとしてしまいますね。

     投稿のリプライには、「うちも買った4日後には無くなりましたー! だから言ったじゃないかと… 母泣きました」「ウチの娘もモロそれでした…」といった共感の声や、「うちの子が欲しがるようになったら、その方法やってみます」など、“安価なものでお試し作戦”を参考にしたいというコメントが寄せられています。

     また、小型のワイヤレスイヤフォンはついポケットに入れてしまいがちなことから、大人からも「自分もいつかやりそう」という不安や「あんなん絶対なくす自信あるから買わんわ」とそもそも手に取らないという声が聞かれました。

     100均イヤフォンをすぐに水没させてしまった息子は、その後どんな思いを持ったのでしょうか。子どもの欲しがるものを「高いからダメ!」「絶対壊すからダメ!」と両断するのではなく、なおちさんのように子どもの気持ちに寄り添い「しばらく様子をみる」のも大切なことかもしれませんね。

    イヤフォンにまつわるあるある話(画像はイメージです)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    一度ポケットティッシュが入ったまま洗濯してしまい、てんやわんやでそれ以降必ずポケット確認しますね。

    <このニュースへのネットの反応>

    【【悲報】「イヤフォンあるある」洗濯機事件】の続きを読む

    このページのトップヘ