ニュースちゃん24

当ブログについて

    カテゴリ: 社会


    代替テキスト
    ガッツch. 痴漢盗撮駆逐プロジェクト Xより

    11月20日、私人逮捕系YouTubeチャンネル「ガッツch」の中島蓮として活動していた今野蓮容疑者(30)らが覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕された。ガッツchは痴漢や盗撮の撲滅のため、私人逮捕して警察に通報する様子をYouTubeに投稿し、26万人以上の登録者数を集めていた。

    各メディアによると、今野容疑者らは今年8月、ネット掲示板でやりとりをしていた男性に対し、JR新宿駅・東口の路上に覚醒剤を持ってくるようそそのかした疑いが持たれているという。

    「今野容疑者は男性と接触する現場に警察が駆けつけるように、事前に110番通報をしていたようです。男性が逮捕される現場を動画におさめるためにこうした“仕込み”をしたのです。男性は覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕・起訴されましたが、その後釈放されたとのことです」

    (社会部記者)

    同じく“私人逮捕”の動画を投稿していたYouTuberの煉獄コロアキこと杉田一明容疑者(40)も最近逮捕されたばかりだ。

    「杉田容疑者は9月、東京の帝国劇場近くにいた女性に対し、パパ活やチケットの不正転売の疑いをかける言動をし、その様子を撮影。モザイク加工などをせずにYouTubeに投稿したといい

    ます。しかし女性にはパパ活や不正転売の事実はなかったといい、動画を削除するよう警視庁に相談。その結果、杉田容疑者が名誉棄損の疑いで11月に逮捕されました」(前出・社会部記者)

    相次ぐ、私人逮捕系YouTuberの逮捕。前出の社会部記者はため息混じりに言う。

    「10月末に埼玉県・蕨市で起きた拳銃立てこもり事件の際、杉田容疑者は現場付近を訪れ情報収集をしている様子をリアルタイムでSNSに発信していましたが、人命のかかわる事件だけ

    に、杉田容疑者の行動には批判が集まっていました。今回逮捕された今野容疑者も、痴漢や盗撮をした人を追い掛け回したり、力ずくで捕まえたりする様子をたびたび投稿。今野容疑者が体を強くつかんだことでバランスを崩し、駅の階段を転がり落ちていった男性の動画もありました。

    動画を話題にするためには手段を問わない彼らのやり方には、“やりすぎだ”とたびたび物議を醸していましたが、やり方を改める素振りは見せていませんでした。こうした強引な手法を突き通して“私人逮捕”を続けた結果、最終的に自分たちが逮捕されるというのは、その手法に無理があったと言わざるを得ません」

    相次ぐ私人逮捕系YouTuberの逮捕。SNS上でも“自業自得だ”という声があがっている。

    《犯罪撲滅とか言って犯罪を起こしてる。所詮は金目当ての非常にくだらない最低コンテンツ。》


    《馬鹿すぎだろ。金儲けしか考えてない、偽善ですらない。そもそもまともな考えする人間かこんな事してないですね。》


    《何が正義の為の活動だよ、お前らが犯罪者じゃねえか!所詮、金目当ての奴等の最後はこんなもんよ》



    (出典 news.nicovideo.jp)

    私人逮捕(しじんたいほ)とは、一般人による逮捕のこと。常人逮捕と言うこともある。 日本法では現行犯を逮捕する時のみ私人逮捕が認められている。現行犯人の逮捕は、検察官や司法警察職員に限らず何人でも(一般人でも誰でも)逮捕状がなくても行うことができるとされている(刑事訴訟法213条)。これは、現行犯人…
    14キロバイト (2,268 語) - 2023年11月20日 (月) 17:51



    (出典 www.excite.co.jp)


    ガッツchの逮捕は、彼が自分の行動の責任を取るべき時が来たことを示しています。自分自身を「YouTuber」としてプロモートする一方で、暴力的な行為を行うことは許されるべきではありません。彼の行動には絶対的な制裁が必要です。

    <このニュースへのネットの反応>

    【安易な暴力主義が招いたガッツch逮捕─ 自業自得な末路に終止符】の続きを読む


    いつまでも若々しくいるためには、どんな食生活を心がければいいのか。ジャーナリストの笹井恵里子さんは「老化には、『AGE(終末糖化産物)』という悪玉物質が深く関わっている。

    そしてAGEの多い食材には“きつね色”という共通点がある」という。新著『老けない最強食』(文春新書)より一部を紹介する――。

    ※本稿は、笹井恵里子『老けない最強食』(文春新書)の一部を再編集したものです。

    ■老化を引き起こすのは「体のさび」

    本書全般の「老ける」核となるのは、「AGE」(終末糖化産物)という老化を促進する悪玉物質だ。“AGEが多く発生するかどうか”という視点で食事を見れば、とてもシンプルに判断でき

    るようになる。ちなみに体内にAGEが蓄積されると、テロメアが短くなるという報告もある。

    それではAGEとはどういったメカニズムで発生し、体にどんな悪さをするのか。

    山岸氏は30年以上前からこの物質に着目して多くの英語の論文を発表し、生活習慣病の治療に取り組んできた。

    「老化とは、言い換えれば体内のタンパク質の劣化であり、それを引き起こすのは酸化と糖化です」という。

    「酸化」とは食べすぎ、強いストレス、加齢による代謝異常などで、体内に取り込んだ酸素の一部が活性酸素に変わり、体がさびること。体内には活性酸素の害を防御するシステムが備わっているが、40代以降は処理する働きが低下する。

    また暴飲暴食や過剰なストレスで活性酸素が増えすぎると処理が追いつかなくなり、正常な細胞を傷つけてしまう。だから予防のため抗酸化作用がある食品をとりましょうと、アンチエイジング医学では提唱されてきた。これはご存知の人も多いだろう。

    ■糖化はタンパク質を劣化させてしまう

    もう一つの「糖化」とは「血中にあまったブドウ糖(糖質)が、体の重要な構成因子であるタンパク質にくっつく現象のこと」だ。山岸氏が続ける。

    「その結果、タンパク質が劣化してしまうのです。これを糖化反応といい、老化を促進するAGEという悪玉物質ができてしまいます。糖化が初期の段階であれば、タンパク質は元の形に

    戻ることができますが、糖化が長期間続くとタンパク質は劣化、変性し、AGEとなって元の正常な形のタンパク質に戻れなくなってしまうんです。

    体のタンパク質のおよそ3割はコラーゲンで占められている。みなさんがよく聞く皮膚だけではなくて、血管や目、骨、軟骨、脳などあらゆるところに存在しています。このコラーゲンが糖


                                        コラーゲン・サプリメントのイラスト


    化し、AGE化すると、骨がもろくなったり、動脈硬化や白内障、変形性関節症などさまざまな機能障害が起きてしまいます」

    骨にAGEが蓄積すれば骨が老化して折れやすくなり、肌の奥にAGEがたまれば、コラーゲン繊維の機能が低下して硬い皮膚になったり、シワが刻まれやすくなる。最近では薄毛の原因にもなることがわかってきた。

    老化の促進にとどまらず、AGEが蓄積されるほど、病気になりやすく寿命が短くなることも多くの研究で報告されているのだ。

    ■問題は「高血糖の高さ×持続時間」

    体内でどういう時にAGEがたまりやすいかといえば、血液中に糖がたくさんある=血糖値が高い時。誰しも食事をすれば血糖値が上昇し、膵臓(すいぞう)から分泌されるホルモンでブドウ

    糖を細胞の中に取り込ませる。しかし、急激に血糖値が上昇しすぎたり過剰に糖を摂取すると、その働きが追いつかず、血液中に糖があまって高血糖状態になる。この時、AGEも大量に発生するというわけだ。

    高血糖状態は糖尿病を引き起こすし、また糖尿病患者は慢性的に高血糖が続くことから、AGEがたまりやすくなる。


                                                インスリンポンプのイラスト




    「糖尿病患者さんは心血管系疾患、がん、認知症などの老年病の発症リスクが高まり、老け顔になって、寿命が短くなります。けれどもたとえ糖尿病患者さんでも血糖コントロールをしっかり行うと、AGEの蓄積が抑えられ、老化を防げることがわかっています。

    ただしここで問題となるのが、高血糖の程度×持続時間です。“今までの血糖値がどれほど高かったか”というのが将来の寿命の決め手なのです。すなわち、ケアしなければいけないのは、血糖値の高さだけではなく、血糖値が高い状態がどれくらいの時間続いたかなのです」(山岸氏)

    ■長引くと元には戻れない“高血糖の呪い”

    「血糖上昇曲線下面積」という言葉がある。縦軸が血糖値、横軸が生きてきた年数としよう(図表1)。どんな人も食事によって血糖値が上下するので波線になるが、血糖値上昇の山が大

    きいほど波線以下の面積が広くなる。この面積が大きい人ほど「老化が進む」と山岸氏は強調する。

    「一度蓄積されたAGEは、その後血糖値が下がっても長期にわたって組織にとどまり続けます。これまでの研究で、6年間高血糖状態が続いた人たちが、7年目から血糖コントロールを始

    めても、最初から血糖コントロールを行った人と比べて30年後の死亡率が高いと報告されています。

    またその6年間に本当にAGEが蓄積されているのか、患者さんの皮膚を採取して調べると、やはりたまっている。私はこれを“高血糖の呪い”と表現しています。時間の枠で考えると、例え

    ば血糖値が300mg/dlは良くない数値ですけれども、それが5日で済むのであれば、200mg/dlの血糖値が5年続くよりもマシということです」

    糖尿病患者以外でも、AGEが蓄積された人は寿命が短いという大規模研究もある。

    これは糖尿病や心臓病のない一般住民7万人以上を対象にしたもので、AGEが蓄積されたグル

    ープは将来糖尿病や心臓病に3倍かかりやすく、また死亡のリスクが5倍に跳ね上がることが明らかにされた。

    ■認知症やがんなどの引き金にもなる

    AGEは「炎症」とも縁が深く、認知症やがんなどの重大な病気の引き金にもなる。炎症には、大きく分けて急性炎症と慢性炎症の二つがあるが、ここでは一時的では治まらず、同じ場所で長期間続く慢性炎症を指す。

    例えばアレルギーでいつも鼻の調子が悪い、持病の関節炎がある、歯周病で歯茎が腫れるなどの場合だ。同じ場所で炎症が繰り返し起きると、その部分の組織の状態が劣化し、老化あるい

    は病気の状態に近づく。AGEは細胞を刺激してサイトカインを発生させ、そういった慢性炎症を引き起こすのだ。

    糖尿病を始めとする生活習慣病の患者をのべ20万人以上診(み)てきた牧田善二医師(AGE牧田クリニック院長)がこう補足する。

    「AGEは体に害のある老化物質ですから、白血球の一種のマクロファージが取り除こうと働きます。その時、炎症が起きるのです。加齢とともに酸化と同様、糖化も起きやすくなり、体内にAGEがたまる可能性は高くなります」

    皮膚に蓄積されたAGEを測る医療機器(AGEリーダー)もある。インターネットで「AGEリーダー導入施設」と検索すれば、測定できる施設がわかるので興味のある人は測ってみてもいい。ただし保険適用でないため、費用は施設によって異なる。


                                           餃子のイラスト

    ■おいしそうな「きつね色」にはAGEがたっぷり

    AGEの怖さを実感していただけただろうか。

    さてAGEの生成には2パターンがあり、これまで記した体内で発生、蓄積するケースと、食品などとともに体外から取り込まれるケースがある。AGEは「タンパク質と糖」が結びつき、劣

    化(糖化)する現象によって作られるわけだが、食事では調理過程で高温加熱すると発生しやすく、“きつね色”が糖化の証。

    「例えばホットケーキ。小麦粉(糖)と卵(タンパク質)を混ぜ合わせたものがフライパンで加熱され、糖化反応が起きた結果、こんがりきつね色になります。そういったAGEを含んだものを多量に食べることでもAGEが蓄積されます」(山岸氏)

    悲しいことに、カステラやプリン、ワッフル、どら焼き、今川焼きなど、きつね色に焼かれたものにはAGEが多く含まれている。しかし裏を返せば、調理法によってAGEの量は大きく変わるのだ。

    ここで三つクイズを出そう。次のうち、どちらがAGEが少ないといえるだろうか。クイズは山岸氏への取材に基づいて作成したものだ。

    1・レアチーズケーキorベイクドチーズケーキ
    2・焼き餃子or水餃子
    3・みたらし団子or草団子

    AGEが少ないものは、1からレアチーズケーキ、水餃子、草団子になる。

    高温加熱の調理過程によってAGEが発生しやすいわけだから、簡単にいえば「加熱していないもの」「茶色くないもの」を選ぶといい。

    ■肉を焼くときは酢やスパイスで下ごしらえを

                                 ステーキのイラスト

    牧田医師も「AGEは加熱される温度が高く、時間が長くなるほど増えていく」と指摘する。

    「どんな食材でも油で焼いたり炒めるより、加熱温度の低い『ゆでる、蒸す、煮る』という調

    理法が老化を防ぎます。例えば鮭は揚げると生の2.5倍以上、鶏の胸肉は焼くと生の約7.5倍、揚げると約10倍、AGEが増えるとされます」

    牛肉や豚肉なら焼肉でなくしゃぶしゃぶ、鶏ならフライドチキンでなく蒸し鶏がいい。なんでも加工度が低いほうがベターで、白米より玄米、揚げ魚より刺身、野菜なら生サラダという具合に考えよう。

    また揚げ物を食べたい時はAGE発生を抑制する効果がある「酢」や「レモン」を使うのがお勧め。

    「生肉を焼くとAGEは約5倍になるが、焼く前に酢につける(マリネする)とAGEの発生量が2倍以下になったという研究結果があります」(牧田医師)

    スパイス(香辛料)も効果がある。胡椒やクミンがAGE発生を抑制するという海外の研究があるのだ。

    食品中に含まれるAGEの7%が体内に取り込まれるといわれている。AGEが発生しにくい調理法を選ぶこと、発生を抑制する酢やレモン、スパイスを使うことを心がけたい。

    ----------

    笹井 恵里子(ささい・えりこ)
    ジャーナリスト
    1978年生まれ。「サンデー毎日」記者を経て、2018年よりフリーランスに。著書に『週刊文春 老けない最強食』(文藝春秋)、『救急車が来なくなる日 医療崩壊と再生への道』(NHK出版新書)、『室温を2度上げると健康寿命は4歳のびる』(光文社新書)、プレジデントオンラインでの人気連載「こんな家に住んでいると人は死にます」に加筆した『潜入・ゴミ屋敷 孤立社会が生む新しい病』(中公新書ラクレ)など。新著に、『野良猫たちの命をつなぐ 獣医モコ先生の決意』(金の星社)がある。ニッポン放送「ドクターズボイス 根拠ある健康医療情報に迫る」でパーソナリティを務める。 過去放送分は、番組HPより聴取可能。

    ----------

    ※写真はイメージです - 写真=iStock.com/w-stock


    (出典 news.nicovideo.jp)

    焼き餃子が好きなので、この記事はとても心配です。細胞レベルでの老化を引き起こす悪玉物質を避けるためには、どのような食事習慣や選び方が良いのでしょうか?教えていただけると嬉しいです。

    <このニュースへのネットの反応>

    【【食生活】「焼き餃子vs水餃子:老化予防における正しい選択は?」】の続きを読む


    画像はイメージ

    画像はイメージ

    直接クレーマー被害に遭わなくとも、その場面に遭遇しただけで気分は下がってしまうものだ。佐賀県に住む30代前半の女性(事務・管理)は、飲食店でクレーマー被害に遭っていた店員を目撃したという。(文:永本かおり)


    「知らないことは悪いことではありません」


    女性がご飯をおいしく食べ、退店しようとしたときのこと。先にお会計をしている中年の男性客が「領収書を出してほしい」と、レジをしている若い男性店員に言ったという。

    若い男性店員が「領収書の宛名はどうしますか?」と聞くと、男性客が「上(うえ)様で」と答えた。しかし、若い男性店員は上様を知らなかったようで困惑していた様子。これに男性客は怒り出し、最終的には店長まで呼び出していたという。





    最終的に男性客は、「上様も知らないなんて」と捨て台詞を吐いて、レジの方を睨みつけて帰って行ったそう。

    女性は、このような男性客に対し、

    「領収書の宛名でそこまで怒らなくてもと思いました」

    「見ている方としては、若い子が上様を知らなくてもおかしくないし、他に店員さんはおられたんだから、他の方に代わってもらえばいいのにと思いました。知らないことは悪いことではありませんから。レジの方がこれをきっかけに嫌になって辞めたりしないでほしいなと思いました」

    と、若い男性店員に同情した様子で綴っていた。

    ※キャリコネニュースでは「あなたが目撃した衝撃クレーマー」をテーマにアンケートを行っ

    ています。回答はこちらから。https://questant.jp/q/BNPYRIJ9

    「上様も知らないなんて」会計時に領収書の宛名で若い店員にブチギレた中年クレーマー


    (出典 news.nicovideo.jp)

    吉宗評判記 暴れん坊将軍(よしむねひょうばんき あばれんぼうしょうぐ)は、テレビドラマ『暴れん坊将軍』の第1シリーズで放送された放映タイトルおよび各話スタッフを列挙する。 1978年1月7日~1982年5月1日 全207話。第108話「将軍に命令する男」はマスターフィルムの状態が不良のため欠番だ…
    144キロバイト (3,239 語) - 2023年11月16日 (木) 05:22



    (出典 www.flickr.com)


    「この中年クレーマーの態度は本当にひどいですね。そもそも領収書の宛名について店員が知っていないことを怒るのは、まったく理不尽だと思います。お客様であることを忘れず、相手に対するマナーや尊重を持って接した方がいいですよね。」

    <このニュースへのネットの反応>

    【【知らなかった】「会計時の領収書宛名でブチギレ!? 中年クレーマーの苦情に若い店員はどう対応?」】の続きを読む


    デザイン・フェスタは、東京都江東区有明で開催されるアジア最大級の国際的アートイベントである。略称は、デザフェス。 1994年から、東京国際展示場(東京ビッグサイト)にて年2回開催(5月と11月頃)。開催回数は40回を超え、1万名を超えるアーティストが集まる。 オリジナル作品・表現であれば審査なしで、誰でも出展することができる。…
    7キロバイト (1,010 語) - 2023年11月14日 (火) 14:00

    (出典 blogpictjpvjq5.blogspot.com)


    「デザフェスで販売されていたマフィンが回収対象になるなんて、イベントを楽しみにしていた人たちにとってはショックですよね。被害が広がらないことを祈ります。」

    1 Ailuropoda melanoleuca ★
    2023年11月16日 00時04分

    都内で開催されていたアートイベント「デザインフェスタ」(通称:デザフェス)に出店していた焼き菓子店(東京都目黒区)が販売したマフィンが、「納豆みたいなにおい


                                パック入りの納豆のイラスト

    がする」などと購入者から指摘を受けていた問題で、厚労省は販売されたマフィン約3000個について、健康への被害が最も高い「CLASS Ⅰ」(クラス1)のリコール対象とした。

    厚労省が公開している食品リコールの情報によると、食品衛生法違反の恐れがあるという。

    ⚫腹痛、下痢、嘔吐が発生

    厚労省のサイトによると、回収対象となっているのは、デザフェスが開催された11月11日~12日に販売されたマフィン9種類で、「一部商品について糸を引き、納豆のような匂

    いがするとの申し出や、食べた後に体調不良があったとの連絡があったため」としている。体調不良は腹痛、下痢、嘔吐などが発生しているという。

    厚労省ではリコール食品のクラスを3つに分類しており、今回は最も危険度の高い「CLASS Ⅰ」で、「喫食による重篤な健康被害または死亡の原因になり得る可能性が高い場合」とされる。

    また、販売会場となったデザフェスの主催者は11月14日、公式ホームページで、「フードエリア出展者の販売した飲食物を召し上がられた方から、体調不良が発生する事態と

    なりました。お騒がせして、大変に申し訳ございません。今回の件で体調を崩された皆様には、1日も早いご回復を心からお祈り申し上げます」と謝罪している。

    https://www.bengo4.com/c_18/n_16767/



    【マフィン食べる前に注意!デザフェスの糸引きマフィン、厚労省が重篤な健康被害の可能性を指摘!】の続きを読む


    原動機付自転車 (原付からのリダイレクト)
    0kW以下)の原動機を備えた側車のない二輪車(小型自動二輪車)を指す。 なお、法規上の条件を満たせば三輪や四輪のものもこの区分に該当する場合がある。略称は原付(げんつき)。250cc以下の軽二輪と共にミニバイクと呼ばれる場合もある。 オートバイの一種であり、排気量が規定の範囲内(50cc以下や125cc以下)のものを指している。…
    47キロバイト (6,869 語) - 2023年11月3日 (金) 12:25

    (出典 www.irasutoya.com)


    警察官の行動が問題だとは思いますが、少年が原付に2人乗りしていたことも問題ですよね。交通ルールを守ることが大切です。

    1 ばーど ★
     少年を押し倒し、威圧的な態度で接したとして、三重県警は10日、県内の警察署に勤務する20歳代の男性巡査を10月27日付で本部長注意としたことを明らかにした。

                                      犯人を取り押さえる警察官のイラスト


     県警によると、巡査は8月26日、原付きバイクに2人乗りしていた少年を追跡する際、駐車場で少年を地面に押し倒し、「なに逃げとんねん、調子乗るな」と声を荒らげたという。巡査は「熱くなってしまった。反省している」と話しているという。

    読売新聞 2023/11/12 15:21
    https://www.yomiuri.co.jp/national/20231110-OYT1T50318/

    【三重県警の巡査が原付に2人乗りの少年を追跡、威圧的な行為で本部長から注意を受ける】の続きを読む

    このページのトップヘ