ニュースちゃん24

当ブログについて

    カテゴリ: 社会


    年功序列で給与やポジションが上がっているにもかかわらず、それにみあった働きをしない「働かないおじさん」問題がこの数年、たびたび指摘されるようになった。

    退職金の積み増しなどで退職を促す「早期退職制度」や、ある一定の年次に達すると、部長などの役職からおりる「役職定年制度」など、企業はあの手この手で中高年の処遇見直しを急いでいる。

    70歳までの就業機会確保が努力義務となる時代を迎え、中高年の学び直し「リスキリング」が流行ワードにもなっているが、そもそも「働かないおじさん」であったとしても滅多にはクビにはならない、日本の解雇規制についてどう考えればいいのだろうか。

    使用者側で人事労務問題に取り組む岡芹健夫弁護士は「横並びと安定が大好きな日本では、今のままだと、次世代の若者たちが割を食うことになってしまう」と語る。詳しく聞いた。(編集部・新志有裕)


    ●判例をもとに形成されてきた

    ーー解雇規制については、正確には解雇権濫用法理であり、判例をもとに形成されてきたものです。これはどのようなものでしょうか。

    1950年代に判例が出てくるようになって、だいたい1970年代には確立されました。そして、2008年に施行された労働契約法16条に「解雇は、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上

    相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして、無効とする」と明記されました。

    解雇が有効か無効かの判断においては、裁判所からみて、解雇に正当な理由があるか、そして、解雇を避けるための手段を尽くしたかということが問われます。

    この法理は、従業員を長期間丸抱えして、その生活を守る「日本型雇用システム」がベースとなっています。

    特に経営難による整理解雇については、欧州などと異なり、配置転換をしてでも雇用を守ろうとしたかなどが問われます。また、使用者側に立証責任があることも特徴的です。

    ーー「働かないおじさん」問題については、整理解雇というよりも、能力不足による解雇ということになるかと思いますが、それも困難なのでしょうか。

    過度に著しく無能力か、改善の見込みがないということでないと解雇は認められません。それは大して働いていない、というレベルではありません。

    この解雇の難しさに加えて、雇用慣行である年功序列型賃金と、賃金などを下げようとした時の「不利益変更の厳格さ」(一方的な労働条件の変更が法的に認められないこと)がセットになって、中高年雇用の問題が起きているわけです。



    おじさんサラリーマンのイラスト



    ●「みんなと同じ」が大好きな国民性

    ーー解雇権濫用法理が変わらないと、どのような弊害が出てくるのでしょうか。

    すでに雇用契約を結んでいる中でも、比較的パフォーマンスの低い人を保護することになって

    しまいます。全体のパイが増えない中では、次世代の若者たちが割を食うことになるのです。本当にそれでいいのでしょうか。

    裁判所も、採用をめぐる三菱樹脂事件の最高裁判決で、採用前と後とでは、労働者の保護の度合いが違うということを明記しています。

    そうすると、正社員になったもの勝ちということで、ひとたび正社員になれば、解雇権濫用法理と年功序列賃金に守られます。賃金の原資やポストはその人が手放さないことになるわけで

    す。退職勧奨や希望退職など、解雇によらないやり方もありますが、自発的に退職しない人は会社に残ります。

    ーーただ、弊害があるとしても、若い人も含めて、多くの人が「やっぱり終身雇用の方がいい」と考えているデータもありますが、どう考えればいいのでしょうか。

    そうなんですよ。日本人って、みんなと同じように処遇が上がって、仲良く、安定して過ごすというのが大好きな国民性なんです。気候もちょうどいいし、欧州と違って島国で、他国や他民族に滅ぼされる危険もありませんでしたから、そのような国民性になったんでしょう。

    ちょっと変なたとえ話になるかもしれませんが、聖徳太子の十七条憲法にも通じる話です。「和を以って貴しと為し」が第一条で、「命令を聞け」という意味の「詔を承けては必ず謹

    め」は第三条なんです。上の命令を聞くことよりも、まずは仲良くしなさいというのが先にくるんですね。

    その精神は、高度経済成長期まではよかったんです。技術的にも後ろから追う立場で、賃金も低い状態だったため、みんなで協力して安定的にやっていこうという国民性と当時の時代背景がマッチして、急激な成長を遂げることができました。

    でも今は、いかに人と違うことをするかという時代なんです。みんなで安定していこうというだけでは厳しい。また、新規事業が大事な時代なのに、今の法制度のままでは、労働力が移動しにくいことが大問題です。


    ●今の世代ではなく、次世代のことを考えてほしい

    ーー今後、解雇規制が変わっていく可能性はあるのでしょうか。

    どうでしょうね。政治家は国民受けの悪いことを最終的にはやれないでしょうし、裁判所も先例と社会通念で動きます。ですから、一部の人を犠牲にするようなことを積極的にはやらないでしょう。

    日本の裁判所は「拙速」という言葉が大好きです。解雇の問題にしても、「この会社がやったことは拙速である」、つまり、強い必要性はないのに速くやりすぎだと指摘することが多いのです。

    ーーこれまでのように、職務を限定せず、ヒトをベースにした「メンバーシップ型雇用」の正社員ではなく、ジョブ(職務)をベースにして、その職務が消えたら、雇用もなくなる、とい
    う「ジョブ型雇用」を正社員にも取り入れることで、解雇しやすい仕組みを作れないのでしょうか。


    契約次第では、不可能ではないです。でも、理屈の上では変わっても、上の世代は解雇されないメンバーシップ型雇用の人たちのままにしておけば、世代間の不公平が残るでしょう。そうなると、結局若い人が日本企業ではなく、外資などに流れていくだけです。

    ーー仕組みが変わらないとすると、流行り言葉の「リスキリング」のように、中高年がみんなで学び直して、時代の変化に対応していこう、という流れでやっていくしかないのでしょうか。

    確かに中高年の中でも、学び直しで新しいことをやれる人もいますし、若い人と同じくらい働ける人もいるでしょう。しかし、多くの中高年は、年齢とともに体力も記憶力も落ちて、貢献

    度は低くなります。賃金も変えずに学び直しをするのは至難の業です。せめて賃金を下げることだけは、若手への賃金原資の確保のためにも、もっと容易にできるようにしないといけないでしょうね。そうでないと若手の不公平感は拭えないでしょう。

    繰り返しになりますが、今の世代ではなく、次の世代のことも考えてほしいのです。

    【取材協力弁護士】
    岡芹 健夫(おかぜり・たけお)弁護士
    高井・岡芹法律事務所所長。第一東京弁護士会労働法制委員会委員、東京三弁護士会労働訴訟等協議会委員および経営法曹会議幹事等。主な著書に、『労働法実務 使用者側の実践知〔LAWYERS’ KNOWLEDGE〕』(有斐閣)、『労働条件の不利益変更 適正な対応と実務』(労務行政)等
    事務所名:高井・岡芹法律事務所
    事務所URL:https://www.law-pro.jp/

    「働かないおじさん」を守る解雇規制 「割を食うのは次世代の若者だ」 弁護士が警鐘


    (出典 news.nicovideo.jp)

    年功序列(ねんこうじょれつ)とは、官公庁や企業などにおいて勤続年数、年齢などに応じて役職や賃金を上昇させる人事制度・慣習のシステム。 アメリカの経営学者であるジェイムズ・アベグレンが1958年の著書『日本の経営 I』において終身雇用や企業内労働組合とともに「日本的経営」(日本型雇用システム)の特徴として欧米に紹介した。英語でもNenko…
    10キロバイト (1,587 語) - 2022年10月18日 (火) 04:38


    年功序列、70歳まで働ける時代になって行けば若い人達はなかなか昇進しにくくなるんでしょうか?

    <このニュースへのネットの反応>

    【【年功序列】「働かないおじさん」滅多に首にはならない日本の解雇規制】の続きを読む


    「サイレン、鳴らさないで来てもらえますか?」

    これは、熊本市消防局に寄せられた、実際の119番の通報です。

    しかし、道路交通法では、サイレンを鳴らし、また、赤色の蛍光灯をつけなければならないと決められています。

    交通事故を防ぎ、周囲の車両や歩行者に注意喚起を行うためにも、サイレンの使用は必要不可欠。

    それでも、「緊急ではないから」「夜遅いから」と、さまざまな理由で「サイレンを鳴らさないでほしい」と通報時に伝えてくる人がいるといいます。

    こうした状況を受け、2022年11月9日、熊本市消防局では、救急車のサイレン使用への理解を求める動画を自主制作し、熊本市のYouTubeチャンネルで公開しました。

    動画に登場する音声記録は職員が再現したものですが、実際の通報をもとに制作されたもの。

    「サイレンは命のために鳴らしています」と、必要性と理解を訴える動画は、全国でも珍しく、ネット上では、「自分勝手な人がいるもんだ」「考えさせられる」と多くのコメントが寄せられました。

    ・たくさんの人に見てほしい動画。

    ・人の命が危険な時に、サイレンを消せって本気でいってるの?

    ・サイレンは人の命を救うため。こんな簡単なことが理解できない人が多いらしい。

    多い日には、24時間で200件にも及ぶ119番通報。通報を受けた時から救助は始まっており、1秒も無駄にできません。

    「サイレンを鳴らさないで」と求めるその理由が、自分本位なものになっていないのか、119番はなんのためにあるのか、この動画が広まることで、私たち一人ひとりが考えるきっかけになるはずです。


    [文・構成/grape編集部]

    出典
    【熊本市消防局】No Siren, No Ambulance 〜サイレンは命のために鳴らしています〜
    ※写真はイメージ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    救急車 > 日本の救急車 日本における救急車(にほんにおけるきゅうきゅうしゃ)とは、消防車やパトカーと同様の緊急自動車の一つで、車内に傷病者を収容し緊急走行で病院などの医療機関まで搬送する車両の事を指す。ドクターカーも救急車の一種である。 消防法施行令上の正式名称は救急自動車(きゅうきゅうじどうしゃ)。…
    84キロバイト (12,287 語) - 2022年10月18日 (火) 13:37


    緊急なのに「サイレン鳴らさないで来てもらえますか?」なんて考える余裕あるのかな~

    <このニュースへのネットの反応>

    【【熊本】「サイレン鳴らさないで来てもらえますか?」熊本市の消防局に実際に寄せられた119番通報】の続きを読む


    代替テキスト
    ゆたぼんの公式YouTubeチャンネルより

    不登校の子供たちに元気と勇気を与えるべく、6月30日から全国を旅している“少年革命家”でYouTuberのゆたぼん(13)。

    最近ではクラウドファンディングで集めた約487万円の資金が赤字となったため、投げ銭を呼びかけたことも記憶に新しい。すぐに100万円の投げ銭提案があったが、振り込め詐欺だった]

    と判明。意気消沈するも一転して、IT経営者から本当に100万円の振り込みがあったことを大喜びで報告していた。

    ほぼ毎日のように各地を訪れた様子を動画にアップしているが、ゆたぼんの言動が炎上することもしばしば。11月1日には、《神主さんに「ゆたぼんは福の神だね」って言われた これか

    らも俺はみんなに元気と勇気を届けるで アンチのことは『餓鬼畜生』って言うらしいで》とツイートし“アンチ”を挑発。しかし添付した写真が寺院だったため、「寺なのに神主?」と物議を醸すことに。

    翌2日には、写真の撮影場所であった福岡県久留米市にある大本山成田山久留米分院が《ゆたぼんさんが仰っているような事実はございません》とTwitterで表明。本誌の取材に応じた同寺は、ゆたぼんのツイートによって問い合わせが相次ぎ困惑したことを明かしていた。

    そうしたゆたぼんの一挙手一投足は世間の関心を集め、連日メディアを賑わせている。10月にヤフーニュースに配信されたゆたぼん関連の記事は93本(本誌調べ)。100本近くネットニュ

    ースで取り上げられたことに、ゆたぼんは《これが少年革命家ゆたぼんやで 俺を超える13歳がおったら教えてな》と自慢げにツイートしていた。

    遡ること、ゆたぼんがYouTuberデビューしたのは17年3月。初投稿は兄妹3人でじゃんけんをして遊ぶという内容で、以後は“歌ってみた”や“食べてみた”といった企画が並んだ。そして18

    年8月に投稿した「不登校は不幸じゃない!」と題する動画が注目を浴び、新聞やメディアでも取り上げられることに。同年12月にアップした「【ロボットになるな!】不登校の天才

    YouTuber『麦わらのゆたぼん』」と題する動画は、500万回以上再生され一躍YouTube界の注目株となった。

    ■ネットを賑わすも、動画1本あたりの再生回数は月平均4.6万回

    しかし、徐々に物議を醸す動画が増えていくことに。

    「“学校にいかんでもググったらいい”という主張をしたり、『人生は冒険だ!』と言いながら小学校の卒業証書を破ってみせたりする挑発的な言動に批判の声が相次ぎました。また、ボク

    シングの告知をした21年12月の動画では、『カッコ悪いボクシングをしたり、情けない戦いをしたその時はYouTube引退して学校行きます』と宣言し、学校に通うことを“罰ゲーム”のよう

    に扱う発言も。そうした炎上が相次ぎ、次第に再生回数も減少していきました」(スポーツ紙記者)

    そんなゆたぼんは、今年6月に出演したネット番組で「多い時は100万ですけど、今はちょっと減ってきちゃって」と収入について明かす一幕もあった。

    現在、ゆたぼんの登録者数は15.3万人で、直近の10月にアップした動画は計25本。とりわけ多く再生された動画は、投げ銭を呼びかけた動画(25日/17万回)、100万円の投げ銭提案があっ

    たことを報告した動画(26日/11万回)、そして振り込め詐欺だったことを報告した動画(28日/19万回)だった(すべて11月5日時点)。

    しかし、この3本以外は1万~5万回再生で推移しているものがほとんどで、月合計では116.5万回再生。つまり、1本あたり平均して約4.6万回再生ということになる。

    そうした状況に、「仮に1再生あたりの単価が0.1円だとしても、月収は20万円いくかどうかではないでしょうか」と語るのはITジャーナリストの井上トシユキ氏だ(以下、カッコ内は井上氏)。

    「直近2週間では投げ銭に関する動画だけは伸びていますが、他は1万~5万回くらいで再生回数は少ないわけです。いっぽう、Twitterなどでの威勢のよさから見てとれるのは、ゆたぼん自

    体が炎上商法だということ。これまでの動画を見ても、学校に行っている人に対して『国のロボットになってる』というような言い方をするなど、反権力的あるいは真面目に学校に行って

    勉強している人を上からバカにするようなことをやっていますよね。要するに、無理筋なところで喧嘩を売って視聴者を反応させ、自分に注目を向けるという炎上商法の初歩的なやり方を続けているのです」

    「ゆたぼんのことが本当に嫌いな人は動画なんて見ない」と指摘する井上氏は、ゆたぼんの再生回数が伸び悩んでいる原因についてこう読む。

    「15万人いる登録者数のなかで、仮に3万人が動画を視聴しているとすると、おそらくこの3万人はゆたぼんの賛同者ないし支持者だと思います。残りの12万人は『何が起きているんだ』

    『どんなYouTuberなんだ』と、野次馬的に見にきている人たちでしょう。現状を見ると、これまで野次馬的に見にきていた人たちが飽きてしまったのではないかと思われます。厳しいよう

    ですが、他の人気YouTuberと比べて企画力が乏しいですし、話している内容も“底が浅い”と思われがちです」

    ■「視聴者にしてみればほとんど得るものや教訓もない」「内容が薄すぎる」

    実力不足が視聴者離れを引き起こしているようだが、いったい、どのような内容だったら多くの視聴者に受け入れてもらえるだろうか?

    「真面目に『なぜ不登校なのか』『いまの小学生が学校生活のなかで抱えている問題は何なのか』といったことを説明したり、自分と異なる意見を持つ小学生と対談したりしていれば視聴

    者の反応も違ったのではないでしょうか。不登校というのは小学校だけでなく、さまざまな学校にもある問題です。学校と児童・生徒との向き合い方や関わり合い方について、『改善すべ

    きところってあるよね』という問題提起をきちんと真正面からしていれば、視聴者も耳を傾けると思います。ですが、挑発的な言動を何度も繰り返しているため、『結局、この人ってそれしかないんだね』と飽きられてしまっているように見えます」

    自分に批判的な人たちを“アンチ”と呼び、反発を続けるゆたぼん。その姿勢を改める気配は見られず、5日にも次のようにツイートしている。

    《友達もおらんくて、食べたい物も食べれんくて、行きたい所にも行けんくて、何も挑戦できひんようなアンチが俺に嫉妬してごちゃごちゃ言ってて、めっちゃダサいやん 俺は毎日が楽

    しくて天国やけど、アンチの人生は地獄みたいなんやろうなwアンチなんかしてるヒマあったら自分の人生を全力で生きろよ!!》

    このような挑発的な態度は、いずれ自分を追い詰めてしまう可能性があるという。最後に、井上氏はこう警鐘を鳴らす。

    「動画は『どこに行った』『何を食べた』『アンチはバカだ』といった内容の繰り返しなので、視聴者にしてみればほとんど得るものや教訓もないわけです。まだ教訓があればよいと思

    うのですが、威勢がよいわりには内容が薄すぎると思います。支持者の人は『どうしてるかな?』という気持ちで動画を見ると思いますが、それ以外の視聴者がこの先も見たくなるようなモチベーションアップに繋がるものが感じられません。

    このままだと支持者だけが見るチャンネルになり、再生回数も低空飛行が続いてしまうでしょう。『確かにそうだね』『面白いな』という風に、視聴者から納得や共感を得られることをし

    ない限り、登録者数や再生回数が増えることは難しいでしょう。いつしか『炎上した親子がいたね』くらいに、忘れられてしまうかもしれません」

    果たして、ゆたぼんは現状に危機感を抱いているだろうか。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    興味ないので見てませんです・・・・・

    <このニュースへのネットの反応>

    【【少年革命家】You Tuber ゆたぼん、このままだと支持者だけが見るチャンネルになる】の続きを読む


    少子高齢化(しょうしこうれいか)とは、ある国や地域において、少子化と高齢化が同時に進行すること。経済企画庁内閣府の造語。出生率の低下と平均寿命の増大が同時に進行することにより、若年者の数と人口に占める比率がともに低下し、高齢者の数と人口に占める割合がともに上昇していくことである。…
    4キロバイト (456 語) - 2022年10月19日 (水) 07:18
    43年後、この世にいないと思いたい。

    1 首都圏の虎 ★
    日本の人口は43年後には約30%減。1億人以下に
    昨今、日本の中小企業を取り巻く経営環境は厳しさを増しています。受け身体質のまま危

    機感をいっさいもたず悠長に構えていては、日本経済の屋台骨を支えている中小企業はどんどん消失していきます。

    高度経済成長時代のような常に旺盛な需要があって何でもつくれば売れたという時代は過去のものであり、二度と復活することはありません。下請け構造のなかに自らを位置づけることで安定的な受注を確保することはもうできないのです。

    なぜなら旺盛な需要拡大の根底にあった戦後の一貫した人口増加は止まり、逆に人口減少が始まっているからです。総務省統計局、国土交通省のデータによると、終戦の年の日本

    の総人口は7,199万人でした。1868年の明治維新のときの3,330万人から急カーブで増え続け、戦後はさらにその勢いを増して、日本の総人口は2008年に1億2,808万人まで増えました。

    しかし、それからは日本の歴史始まって以来の減少に転じています。2021年には1億2,550万人にまで減りました。減少数は年々増加しており2019年からの1年間で約41万人、2020

    年からの1年間では約64万人が減少しています。島根県の総人口が66万5,000人ですから、ほぼ島根県一県の人口が1年で消えてしまったことになります。

    2036年には国民の3人に1人が高齢者に
    今後もそれ以上の人口減少が続きます。このペースでいけば2040年の1億1,092万人を経て、2065年には8,808万人になるものと推計されています。

    しかもより深刻なのは年齢構成の変化です。急ピッチで少子高齢化が進んで現在の高齢化率(65歳以上の人口が総人口に占める割合)は28・4%ですが、2036年には33.3%に達

    し、国民の3人に1人が高齢者になります。この割合はさらに高まって2065年には38.4%に達すると予想されています。

    かつて日本が高度経済成長に向かっていた1950年の高齢化率はわずか5%に過ぎません。1970年でも7%です。現在の高齢化率がいかに高いか、そしていかに急速に訪れたものであるかはこの数字からも明らかです。

    全文はソースで
    https://news.yahoo.co.jp/articles/b34ea0f3bd3492673bb93ff5e0a5ec14998d87d3

    【【少子化】43年後日本の人口は1億人以下に】の続きを読む


    代替テキスト

    11月上旬、ハザードランプをつけた状態で車を路上駐車していたら路線バスからクラクションを鳴らされたことを訴えたTwitterの投稿が波紋を呼んでいる。

    この投稿には、1分ほどの動画がアップされており、そこにはバスの男性運転手が乗降口前に立って、車のドライバーに「何やってんの? どいてよ!」と声を荒げる様子が。男性ドライ

    バーが「ちょっと、下がってくんない?」と声をかけると、運転手は「いや、お前がバックしろよ」と反論した。

    「お前、何だよ、その口の利き方、社員のくせに」というドライバーの同乗者とおぼしき男性の声が聞こえたあと、ドライバーは「大丈夫? これ動画撮ってるけど。その口の利き方大丈

    夫か?」といら立っている様子。すると、バスの運転手は「あのさ、いくらこっちがさ、どんだけ注意したと思って。ずーとここにいたってことでしょ。分かってて、ずっとわざといたってことでしょ?」と尋ねた。


    ドライバーが「でも(クラクションを)そんなに鳴らす必要ないんじゃないの? みんな通っていたけど、バスとか」と言い返すと、運転手は、「いやいやいやいや……。あのね、じゃあ

    通ってたバスがあるんだね?」と聞き返す。しかし、ドライバーは「知らないけど。車とか通ってたけど」と返すと、運転手は「車が通れるに決まってんだろ! バスの車体の幅、お前どんぐらいか分かってんの?」と声を荒げた。


    ■「これバス会社が謝罪しちゃダメじゃない?」

    運転手に路駐していたことを咎められ、「その口の利き方大丈夫か?」などと反論したドライバー。この投稿が波紋を呼ぶなか8日に「J-CASTニュース」が配信した記事の中で、路線バス

    を運行する関東バスは前述の動画について2日の19時30分ごろ、中野区内にある一方通行での出来事だったと説明。そこは道幅が狭く、近くに電柱もありバスは通れなかったといい、運転手についてこうコメントしたという。

    「クラクションは、1回長く鳴らし、計2、3回鳴らしたと聞いています。ドライバーが車内にはいないと思って呼び出そうと鳴らしたということですが、間違っている行動でしたので指導

    しました。バスが通行できないときは、営業所に無線連絡して、営業所から警察に連絡するよう指導しています」

    さらに同社は車のドライバーから営業所に連絡があったため、「謝罪して納得してもらった」とも語ったという。

    運転手を指導し、路駐していたドライバーに謝罪したと明かした関東バス。しかし、この対応について、ネット上では運転士を擁護する声が相次いだのだ。さらに「なぜ関東バスが謝るのか」といい、こんな声が上がっている。

    《これバス会社が謝罪しちゃダメじゃない??ドライバーはバスが安全に走行できるように配慮しなければならないですし、路駐を止めるように注意したバス運転手は職務を全うしています》


    《これはバス会社は謝罪しちゃダメな案件だよ。たしかに、クラクションは危険の予防で鳴らすんだけど、実務上は気付かせる為に鳴らすのは習慣化されているんだから、間違ったクラクションの使い方とも思えない》


    《乗務員の対応に問題があったかもしれないがバス会社は謝罪してはいけない。路駐している上に、バスから進路や安全確保の邪魔と判断されたんだから、路駐車は黙って移動すべき》
    《バスの運転手さん悪くないよ 関東バスは社員を守ってほしい》



    (出典 news.nicovideo.jp)

    駐車は条件付きで許可されている。 日本では道路交通法によって駐車の定義、駐停車禁止場所、時間制限駐車期間、違法駐車に対する措置などが規定されている。さらに自動車の保管場所の確保等に関する法律によって、自動車の保有者に保管場所の確保を義務付け路上での長時間の駐車を原則として禁じている。また、路上駐車
    24キロバイト (3,731 語) - 2022年4月17日 (日) 07:59


    一方通行のところなら路駐してるほうが悪いですよね。バスは時間が来たら動かさなければならないわけですから・・・・・

    <このニュースへのネットの反応>

    【【路駐】これってバス会社側が謝罪しなくてもいいんじゃないですか?】の続きを読む

    このページのトップヘ