ニュースちゃん24

当ブログについて

    カテゴリ: 芸能全般


    週刊文春』(しゅうかん ぶんしゅん)は、株式会社文藝春秋の発行する日本の情報週刊誌である。 1959年4月創刊。創刊号が発売されたのは明仁皇太子ご成婚の前々日であり、「あさっては皇太子のご結婚、今日は週刊文春の創刊日。」という広告を出していた。「日本の出版社系週刊誌では1956年創刊の『週刊
    183キロバイト (29,471 語) - 2024年1月22日 (月) 15:16

    (出典 www.irasutoya.com)


    匿名のコメント者については正体が分かりませんが、この証言が真実であるならば、松本人志氏の行動は非常に問題です。警察に相談したI子さんの勇気に感心します。

    1 Anonymous ★
      昨年12月27日発売の「週刊文春 」 で報じたダウンタウンの松本人志(60)の「恐怖の一夜」。スピードワゴンの小沢一敬に女性を集めさせ、グランドハイアット東京のスイートルームで飲み会を開催していたことなどを詳報した。参加者のA子さんと2人きり

    になった松本が「俺の子ども産めや!」などと性行為を迫った様子や、同時期に松本から肉体関係を迫られ、心的外傷を負ったと語るB子さんの証言も掲載している。

     その後も、「週刊文春」は、 福岡、大阪、沖縄での飲み会の模様 や、 19歳の夏に食事会に参加した元タレント女性の実名・顔出し証言 を報じてきた。

     そして今回新たに10人目となる告発者・I子さんの詳細な証言を得た。松本と出会った当時、I子さんは東京都渋谷区内にあるマッサージサロンに勤めていた。同店は、大河女優、紅白出場のバンドマン、プロスポーツ選手などの著名人が足しげく通う有名店だ。

     今年1月13日、I子さんは夫とともに警視庁渋谷署の4階を訪れ、強行犯捜査係の巡査部長に対し、単刀直入にこう訴えた。

    「あの日、私は松本さんから“被害”を受けました」

     1月31日(水)12時配信の「 週刊文春 電子版 」および、2月1日(木)発売の「週刊文春」では、I子さんがマッサージ店内で松本から受けた“被害”について詳報する。I子さん

    だけでなく、I子さんの夫、そして同僚セラピスト2人の証言、警察とのやり取りなども報じる。さらに「松本問題 私はこう考える」と題し、橋下徹氏、江川紹子氏、デーブ・スペクター氏、箕輪厚介氏へのインタビューも掲載している。

    https://bunshun.jp/articles/-/68710?page=1



    《10人目の新証言》松本人志「私の顔を無理やり下半身に…」マッサージ店での暴挙を女性店員&夫が告発
    「週刊文春」編集部
    2024/01/31
    https://bunshun.jp/denshiban/articles/b7911
     大河女優も通う有名マッサージ店に偽名で松本が来店し、“事件”は起きた。施術室から泣きながら飛び出してきた新人店員。松本は「気分悪いわ、もうええ!」と激怒して退店した。ところが翌日も、別の女性店員に迫って…。心に傷を負った彼女は心療内科に通い、ついに警察に相談した。



    【【芸能】匿名ブログが続々と証言を公開!松本人志の不適切な行為がさらに拡大する】の続きを読む


    ウィクショナリーに関連の辞書項目があります。 コンプライアンス コンプライアンス(英語: compliance)とは、元来は英語で「要求や命令などに従うこと」を正式な文書で記載するための単語である。日本語では「遵守」などの意味を持ち、次のような意味で用いられる。 遵守・従順 企業コンプライアンス - 企業が法令などを遵守すること。…
    2キロバイト (343 語) - 2023年4月14日 (金) 03:12

    (出典 everythingiscurious.com)


    松本人志問題についての長期取材は、文春が松本人志だけでなく、吉本興業という大手芸能事務所や芸能界全体に対するメッセージ性も込められているのかもしれません。彼らの初動ミスも含めて、これからの芸能界の在り方を真剣に考えるきっかけとなるのかもしれません。

    1 Anonymous ★
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c6300152b98939e6070228c5cda5a31b2c7f1133
    《当社としては、真摯に対応すべき問題であると認識しております》

    『ダウンタウン』松本人志の問題で吉本興業の対応が明らかに変わった――。

    昨年12月27日の「週刊文春」初報の際は、公式ホームページで

    《当該事実は一切なく、本件記事は本件タレントの社会的評価を著しく低下させ、その名誉を毀損するもの》

    と断罪し、法的措置の検討を表明した。

    それが24日に発表した文書では一連の騒動の謝罪に始まり、

    《今般、私的行為とはいえ、当社所属タレントらがかかわったとされる会合に参加された複数の女性が精神的苦痛を被っていたとされる旨の記事に接し、当社としては、真摯に対応すべき問題であると認識しております》

    と見解をガラッと変えた。その上で

    《当事者を含む関係者に聞き取り調査を行い、事実確認を進めているところです》

    した。松本本人をはじめ、女性を集めたと報じられた後輩芸人から“事情聴取”を行っているという。

    「やっと吉本もことの重大さに気付いた印象です。先月の文春発売時は、松本さん本人が激怒し、それに会社も呼応。厳しい言葉で法的措置を宣言した。

    その後、文春二の矢、三の矢が放たれ、問題の対象が『性加害があったかどうか』だけでなく、松本に女性を“上納”するシステムがあったのではないか、というガバナンス面に

    まで対象が広がった。吉本は過去のお家騒動を経て、お国とビジネスしている。来年には大阪万博もある。税金が投入されている事業だけに、企業して説明責任が求められると考えたのだろう」(スポーツ紙記者)

    事実、文書では

    《これまでもコンプライアンスの徹底・ガバナンスの強化に取り組んでまいりました》

    と書き、昨年7月以降は社外有識者を交えたガバナンス委員会を設置し、複数の外部弁護士をコンプライアンスアドバイザーとして招聘してきたと強調。23日にはガバナンス委員会の提言を受け、今後はタレントだけでなく全てのグループ会社を含めた全社員に

    《個人の尊厳に対する意識を高め、日常におけるハラスメントを防止するための教育・研修を実施していく必要がある》

    と力説した。

    ガバナンス委員会が存在するのになぜ“初動ミス”が起きたのかは甚だ疑問ではあるが、少なくとも吉本が「守り」に入ったことは間違いない。

    「文春の取材を甘く見ていた部分はあると思う。文春の内部関係者に聞いたところ、今回の松本さんのネタは長期に渡って取材を進めていたそう。周りは売り上げ目的と言うが、満を持して出した話のようだ」(別のスポーツ紙記者)

    25日発売号では、元タレントの女性が実名&顔出しで松本からの被害を告白している。この女性は前号で匿名表記された人物で、今号では改めて実名告白している。

    ネット上では「焼き直しだ」「ネタ枯れでは?」という声も上がっているが、25日放送のTBS系『ゴゴスマ』に出演した弁護士の清原博氏は

    「18年前のことということで、裁判の対象になるか、影響が出るかどうかは何とも言えない」

    としながらも

    「実名・顔出しで報じたことは重いと思う」

    と語った。

    現在、文春では「H子」、すなわち8人もの女性が告発している。これについても清原氏は

    「今後、さらに何人もの被害を訴えるケースが出てくると、さすがにこれはウソだよね、とは言えなくなってくる」

    と指摘。前出のスポーツ紙記者も追随する。

    「告発女性の妄想や狂言と言われないためにも、文春側は第三者の証言で信憑性を補完している。例えば最初の告発者A子さんの時は彼氏が登場し、当時の状況を説明。今回の元タレント女性も実母が『あの時、娘はこんな様子でした』と証言している。

    これだと裁判でも非常に強い証拠として採用される可能性がある。きっと顧問弁護士や法務部と入念に打ち合わせているのでしょう」

    松本が正式に訴訟提起したため、しばらくは訴訟に追い風となるようなネタが投下されそうだが、内部関係者によると

    「文春は対松本人志だけを考えていない」

    という。まだまだ騒動は“序の口”なのか――。お笑い界の激震は続きそうだ。

    【【取材】「対松本人志のみならず、吉本の初動ミスも露呈」─松本人志問題における文春の長期取材の戦略を検証】の続きを読む


    jp/article/topics/20110412/219407/?P=1 統治機構 世界ガバナンス指標(英語版) - 世界銀行による200以上の国と地域における政治安定性・治安などを評価する指標。 オープンガバメント(英語版) - 「開かれた政府」で透明性のある政治を意味する。 民主主義指数 List…
    2キロバイト (232 語) - 2023年8月20日 (日) 09:01

    (出典 gbrapixakumo.blogspot.com)


    弁護士オファーを次々断られる理由が気になりますね。松本人志さんの勝算がないとはどういうことなのでしょうか?興味深いです。

    1 ヴァイヴァー ★
    松本人志、「勝算ない」と弁護士に次々断られていた? 『ミヤネ屋』で吉本の異変指摘【声明全文】

    「週刊文春」(文藝春秋)が報じたダウンタウン・松本人志の“性加害告発”報道について吉本興業が1月24日、
    「週刊誌報道等に対する当社の対応方針について」と題した声明を公式サイトで発表した。

     声明では、「今般、私的行為とはいえ、当社所属タレントらがかかわったとされる会合に参加された複数の女性が精神的苦痛を被っていたとされる旨の記事に接し、当社としては、真摯に対応すべき問題であると認識しております」とした上で、「現在、当社

    におきましては、コンプライアンスアドバイザーの助言などを受けながら、外部弁護士を交えて当事者を含む関係者に聞き取り調査を行い、事実確認を進めているところです」と報告。

     また、23日に行われた「ガバナンス委員会」で、「当初の『当該事実は一切なく』との会社コメントが世間の誤解を招き、何を指しているのか不明確で混乱を招いたように思う」などの指摘があったことを明かし、「ガバナンス委員会からのご意見等を踏え、

    個人の尊厳・人権の尊重という基本的な理念について改めて教育の場を設け、ハラスメント等に対する意識を高める研修を実施してまいりたい」などとしている。
    『ミヤネ屋』宮根誠司が指摘「ガラッと変わった」

     昨年12月27日付の声明では、「当該事実は一切なく、本件記事は本件タレントの社会的評価を著しく低下させ、その名誉を毀損するものです」と報道を真っ向否定していた吉本側だが、今回はトーンダウンした印象もある。

     今月24日放送の報道・情報番組『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)でも、キャスターの宮根誠司が「文春が報じた直後の(吉本の)コメントと今回のコメント、かなり違ってる」「ガラッと変わったような気がする」


    と異変を指摘していたほか、企業の危機管理に詳しい桜美林大学准教授・西山守氏も「『当該事実が一切ない』という当初のコメント自体が勇み足だったのでは」「あとでいろいろなこと(続報)が出て、『当該事実はない』と
    言いきれなくなってしまったのでは」と推測していた。

     そんな中、25日発売の「週刊文春」は、松本が「文春」を提訴するために弁護士にオファーした際、「勝算がない」として「次々断られ」ていたと明*吉本関係者の証言を掲載した。

    松本人志の代理人弁護士に、堀江貴文氏が言及

     なお、松本側は22日、文藝春秋などに対し約5億5000万円の損害賠償などを求める訴訟を提起したことを発表。
    この際の署名で、代理人が八重洲総合法律事務所の田代政弘弁護士であることが判明した。

     同弁護士は“陸山会事件”を担当した検察官時代、虚偽の捜査報告書を作成したとして刑事告発されたが、嫌疑不十分で不起訴に。その後、減給6カ月の懲戒処分を受けて辞職したことが知られている人物。

     加えて、芸能関係者の“御用達弁護士”というイメージが一般的にないことから、現在、業界内では「意外」と驚きの声が相次いでいるようだ。

     そして、同氏については一部メディアが「元検事で税理士兼ねる敏腕弁護士」と伝える一方、実業家・堀江貴文氏は自身のYouTubeで「この担当の弁護士さん“ヤメ検”らしいんですけど、経歴見たら全然偉くなってないんですよね」「実力的にどうなのかな」疑

    問視。松本に向け、「もっと敏腕の弁護士を紹介しますんで。松本さん、もし見てたら言ってください」と呼びかけていた。

     さまざまな情報が錯そうする中、2週間以上もXの更新が止まっている松本。次に投稿する内容は、「文春」への
    勝利宣言か否か……。(以下略)
     https://www.cyzo.com/2024/01/post_362263_entry.html



    【【芸能】松本人志が断られる理由は「勝算が無い」?吉本関係者が意外な事実を明かす】の続きを読む


     2000年代以降に、アニメやラノベを中心に人気となった“異世界転生”。今も、大手書店で専用の本棚やコーナーが設けられるなど、一過性のブームではなくすっかりジャンルとして確立

    している。人気作『おとぎぶっ殺シアム』に続き、新連載がスタートする『忍法異世界転生 〜風魔小太郎は異世界で人間を取り戻す〜』(LINEマンガ/1月22日から)もそのひとつ。本作の作者・クロタロウさんに、異世界転生ヒットの理由、制作の裏側を聞いた。

    【漫画】戦国時代の超有名忍者が異世界に! “まさかの転生”で大活躍する『忍法異世界転生』

    ■誰もが1度は想像する「生まれ変わったら」、「異世界転生」はそれをかなえてくれる

    ――前作『おとぎぶっ殺シアム』が好評のなか、そこから間髪入れずに新連載をスタートされます。本作は、忍者・風魔小太郎が異世界に転生する物語ですが、どのような経緯で生まれたのですか?

    【クロタロウさん】もともと忍者が大好きで、「次回作は忍者がいいなぁ」とふわっと思っていました。前作の終盤に担当さんから「webtoonに挑戦しませんか?」と言われ、描くと決めた時に、さらに担当さんから「異世界転生ものでどうですか?」と言われて。「じゃあ忍者が異世界転生するか」という流れです。

    ――昨今「異世界転生」ものは、マンガの人気ジャンルとして一大勢力になっていますが、この人気について、クロタロウ先生はどのように分析されますか?

    【クロタロウさん】そうですね。僕は30代前半の世代ですがマンガに救われてきました。面白い作品に支えられ、つらい時、心の支えになっていた作品がいくつもあります。その面白さが簡略化され、気軽に楽しめる作品が「異世界転生」なのかなと。僕らが「ずっと読みたかったジャンル」だったのかなぁと思ってたりしています。

    ――「ずっと読みたかったジャンル」というと?

    【クロタロウさん】「輪廻転生」という言葉が昔からありますが、「生まれ変わったら何になりたいか」「もっとこうしていれば」「もっとこうだったら」という願望は、誰もが一度は想像するじゃないですか? それをかなえてくれるひとつの「ジャンル」が生まれたんだなと。僕らの世代は本当にマンガ好きが多いですから。


     昔の人たちは、経済などがどんどん発展していくなかで、頑張った分報われていた時代だったんだろうなと感じてます。ところが近年では世界情勢の緊迫感も加わり、若い子たちはさらに大変な時代になっていくと思います。

    ――なるほど。こんな時代だからこそ、現実世界の閉塞感をマンガという形に昇華した作品を求め、ヒットにつながっているというわけですね。

    【クロタロウさん】そうですね、そう思います。

    ■本作は、自我を押し込めて死んでいった忍者が『人間を取り戻す』物語

    ――「異世界転生」というと、現世ではさえない男が異世界に行って活躍するという作品が多いイメージですが、本作では主人公が忍者です。なぜ「風魔小太郎」を主人公にしようと思ったのですか?

    【クロタロウさん】忍者一族って調べると本当にたくさんいて、いろいろな言い伝えがあって楽しいですよね。有名な人物も実は忍者の出だったとか。実は、主人公は風魔小太郎にすると最初から決めていました。身の丈が2メートルもあり、目や口が裂け、大きな牙が生えていたとか、常人離れした逸話が面白く、ファンタジーで描きやすいなと。

    ――確かにキャラクターとして魅力的ですね。

    【クロタロウさん】はい。それに風魔小太郎は、忍として生涯を全うしているので、すべての自我を押し込めて死んでいった。僕らの身近にある普遍的で当たり前の感情、愛、友情などは一切なかったはずなんです。だから、異世界に転生してから小太郎にとっては初めての経験になる。風魔小太郎の『人間を取り戻す』物語を描いていきたいなと思っています。

    ――それは面白いですね。クロタロウ先生は本作が初のwebtoon作品ということですが、実際に描かれてみていかがですか?

    【クロタロウさん】没入感がすごいですね。流れるようにコマを見て、色もついてますから世界に入り込めるんじゃないかなぁと思います。私はカラーが苦手だったので、だいぶ苦労しましたが(笑)。あと読者さんには関係ないかもですが、アナログでは作れないところが、デメリットかなと思います。

    ――公開に先行して数話を読ませていただきましたが、スピード感・迫力のあるバトルシーンがとても印象的で、お言葉にある通り、物語に没入しますね。これまで描いてきた作品と比較して、どんなところを意識して描かれていますか?

    【クロタロウさん】ありがとうございます。横読み作品は、専門用語で『めくり』という、見開き単位で最後の1コマを興味の湧く『引き』にしてページをめくらせる技法があるんです。でもwebtoonは縦読みなので、見開き単位で考える概念がないんですよね。

    ――たしかにそうですね。

    【クロタロウさん】ずっと横読みのマンガを描いてきて、見開き単位、いや「毎ページの最後のコマは引きにしろ!」と昔から言われて作ってきたんです。だから「『めくり』がないなんてつまらないなぁ」と思っていたんですが、「そうか!webtoonは毎コマ引きなんだ!」って思いながら最近は描いています。


     あと、「縦画面なんだから縦を生かした絵を入れよう」と意気込んでいろいろ模索して描いていますが、結局は横読み作品と同じで、絵の巧みさよりも「面白いか」が一番重要。そこに一番重きを置き続けないとな、と忘れないようにしています。絵で楽しみすぎないように。

    ――同じ“マンガ”でも意識するポイントが異なるんですね。では最後になりますが、新たに始まったこの新連載を通じて、どんなメッセージを伝えていきたいですか?

    【クロタロウさん】この閉鎖的な世の中で生きている今の若い子はもちろん、生きづらさを感じている大人の方々に、風魔小太郎が初めて感じる幸せを一緒に感じてもらいながら、読んでいただけたらとてもうれしいです。

    LINEマンガ『忍法異世界転生 ~風魔小太郎は異世界で人間を取り戻す~』より(抜粋) (C)Kurotaro/LINE Digital Frontier


    (出典 news.nicovideo.jp)

    異世界転生記』が放送された。 かつて朝廷に仕え、天才と称された陰陽師・玖峨晴嘉は信じていた朝廷からの裏切りにあい、非業の死を遂げた。だが死の直前、転生の呪いを使って異世界転生する。セイカという少年に生まれ変わった晴嘉は、魔法とモンスターが存在するこの世界
    47キロバイト (6,798 語) - 2023年11月19日 (日) 04:51



    (出典 jozpictsiizjq.blogspot.com)


    「異世界転生マンガは、報われない中年や生きづらい若者に対して、“生まれ変わったら”という願望をかなえてくれる存在です。現実の枠に縛られず、新たな世界で冒険や成長を遂げる主人公の姿を通じて、自分自身も何か大きな変化を起こせる可能性を感じることができます。そうした救いのメッセージやエンターテイメント性が、多くの読者を引きつけているのではないでしょうか。」

    <このニュースへのネットの反応>

    【【漫画】「夢を叶える“何でもあり”の異世界!異世界転生マンガが人気の理由とは?」】の続きを読む


    松本 人志(まつもと ひとし、1963年〈昭和38年〉9月8日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、俳優、映画監督、作家。兵庫県尼崎市出身。 お笑いコンビ・ダウンタウンのボケ、ネタ作り担当。相方は浜田雅功。愛称は「松ちゃん」(まっちゃん)。妻は元タレントの伊原凛。吉本興業東京本部所属。2024…
    99キロバイト (13,318 語) - 2024年1月21日 (日) 04:05

    (出典 blog.livedoor.jp)


    松本人志の「裸の王様」という言葉には、お笑いの世界での成功や名声があっても、他の人には見えない欠点や努力不足が隠れているように感じます。彼が勉強や努力を怠ってしまったことが、その裸の姿として表れてしまったのかもしれません。

    1 あかみ ★
     これは半分冗談ですけど、“肉体巨大化願望”っていうのが自分の権力の無自覚性だと思う。自身の権力の巨大化と、勉強しなきゃっていう意識がないっていうことは直接関連してると思っていて、自分が権力を持った上でも勉強する人はするんですよね。

     報道されていた“性的な献上”をしてくる後輩がいるという構造も、別に松本さんが発明したものではないと思うんですよ。昔もあったものだと思いますし、これはお笑い芸人さんに限ったことではなくて、古い体質の会社や、ビジネスの世界、また反社会的な世界とかだったらあることだと思うんですよね。

     ただそこに乗らない人もいるんだよね。そこに乗っても、どこかでヤバいと気づいて降りる人もいる。降りた上で反省してる人がいるんですよね。

     一方で、本人の言い分としては週刊誌に“大げさに書かれた”という風に思っているのかもしれない。大げさに報道されて不当に叩かれている自分には、これからやろうとしている実験のアイデアもいろいろあったのに、それをやめさせられて不本意だということで反論したくなる気持ちもあると思うんですけど、まったく同じ状況でも勉強する人はするんですよ。というか、ほとんどの人はしてるんですよね。

    ■“勉強しなくてもいい”という世界観を作ってしまった

     ですが、松本さんのSNSの使い方は近年のスタンダードからしても完全にアウトなので、本当に不勉強もいい加減にしてくれよと。松本さんのスマホを誰かが没収しなきゃだめですよと。

     自分が不当に扱われているとしても、センシティブに扱わなければいけない問題に対して、SNSで「闘いまーす」と投稿したり、ファイティングポーズを取ったりすることがダメだと、誰も教えてくれない裸の王様になったということに関しては、本人が徹底して不勉強を貫こうとしている人なので、「お笑い」以外勉強するつもりがないっていうことだと思うんですよね。

     これはもう本当に言われたくないと思いますけど、松本人志さんの監督映画を見てきてる自分としては、映画についても勉強する気が本当にないんだなっていうことは本当につねづね思っていたところです。“勉強しなくてもいい”という世界観を作ってしまった人でもあると思うんですよね。

    全文はソースでご確認ください。
    https://joshi-spa.jp/1283215

    【【生き方】松本人志の変貌――「裸の王様」に至るまでの道のりを探る】の続きを読む

    このページのトップヘ