ニュースちゃん24

当ブログについて

    カテゴリ: 国際ニュース


    トランスジェンダー

    出生時に割り当てられた性別に違和感を覚え、ホルモン療法や手術を受ける人もいる。その結果に満足する人が多い一方で、後悔してしまうケースもあるようだ。

    治療前の姿に戻ることができず苦悩する女性に『New York Post』など海外のメディアが注目し、理由や問題点を伝えている。


    ■大手術を経て後悔

    アメリカカリフォルニア州で暮らすクロエさん(17)は女性として生まれたが、12歳のときに「私はトランスジェンダーだ」と確信。13歳の頃には両親にも「男として生きたい」と打ち明け、ほどなくして男性ホルモン注射を受けるようになった。

    15歳になると今度は手術を受け、両乳房を切除。しかしそれから1年もたたないうちに後悔するようになり、再び女性として暮らし始めたのだという。


    関連記事:春名風花、周囲の人間に恵まれたと感謝 「『僕』と言っても受け入れてくれた」

    ■体型が変化しヒゲも…

    男性ホルモンを摂取していたため、クロエさんのアゴのラインはずいぶん変化。肩幅もがっちりし、体毛やヒゲが生え濃くなった。

    また乳房切除術の傷は、今も体に残ったまま。「やっぱり女の子として生きたい」と思っているクロエさんだが、妊娠が可能な体なのかも含め不安があるため、今も通院しているという。


    ■インターネットの影響も…

    クロエさんがトランスジェンダーだと自覚し始めたのは11歳の頃で、ちょうど始めたInstagramで、性的少数者とされる人たちのコンテンツに影響を受けたという。友達が少なかったこともあり、多くの仲間に支えられるトランスジェンダーはまぶしい存在になったのだ。

    また当時のクロエさんは外見に自信がなく、「女の子としてはイマイチ」「男の子になったほうが良いのかも」と考えるように。最も望んでいたのは「美人になることだった」というが、当時は自分の気持ちがよく理解できていなかったようだ。


    ■より詳しい検査を望む声

    クロエさんのように治療を後悔している人たち、また一部の専門家たちからは「治療を始める前により細かい精神鑑定が必要」という声があがっている。

    だがこういった治療に救われているトランスジェンダーは実際に多く、「ホルモン治療や手術は絶対に必要だ」という声も少なくはない。性に違和感があり悩んでいる人はまずは相談先を見つけ、治療については経験と知識が豊富な専門家と十分相談し決めるべきだろう。

    ・合わせて読みたい→元同性の親友と結婚したトランスジェンダーの男性 自分たちへの理解を広める活動に意欲

    (文/Sirabee 編集部・マローン 小原

    自身をトランスジェンダーと信じ10代で乳房切除した女性 1年たたず後悔する事態に


    (出典 news.nicovideo.jp)

    これは親の責任では。思春期の頃の頭の中って複雑だと思いますよ。おてんばな女の子でズボンばかりはきたがる子っていますもんね。もっと慎重に考えるべきでしたね。「後悔先に経たず」とはこのことですか。

    <このニュースへのネットの反応>

    【【思い込み】アメリカ・「男として生きたい」15歳の女子が手術、一年も経たずに後悔!】の続きを読む


    献血

    長いあいだ献血してきた60代後半の男性が、問診項目を見てカッとなった。また回答を拒否したせいで、献血できなかったことを『Daily Mail』『The Telegraph』などイギリスメディアが伝えている。


    ■献血を続けてきた男性

    スコットランドで暮らす元運転手の男性(66)は、約50年ものあいだ定期的に献血してきた。これまでは特に問題もなく、事前に書き込む問診票に戸惑うこともなかった。しかし先日は、これまでにはなかった質問が含まれていたため驚いたという。

    それは「妊娠中ですか」という項目で、男性にはまったく関係ない質問だったからだ。


    関連記事:「血液買い取ります」のニセ広告で誘拐され監禁 大量に血を抜かれた男性を保護

    ■スタッフのまさかの反応

    すでに60代も後半。しかも男性でもある自分に、「妊娠中ですか?」という質問に答える意味はない。そう考えた男性が「答える必要はない」と伝えたところ、クリニックスタッフは「ならば献血はしていただけません」と言い放った。


                                                   問診票のイラスト



    「妊娠しているかどうか、(見た目だけでは)はっきりとは分からないケースもある」「さまざまなケースに配慮する必要がある」とも言われたというが、男性はその説明には納得できなかった。


    ■いらだちを隠せない男性

    妊婦、もしくは産後6ヶ月が経過していない人は献血できないと説明された男性は、「僕は18歳の頃から献血しています」「これまで一度も断られたことはありません」と主張した。

    男性はメディアに対し「問診票は以前もありましたが、健康や病気に関する質問だけでした」

    「『妊婦ですか』『産後半年が経過していますか』なんて項目は見たこともない」「血が必要な人がいるのに…」と話し、怒りをあらわにしている。


    ■関係団体の主張

    外見だけでは、性別が分からない人もいる。よって関係団体は、献血に来る人すべてに同じ質問をしているのだという。世間からは「そんな質問に(高齢の男性が)答える必要はない」という意見も多くあがっているものの、「『いいえ』と回答すればいいではないか」という声も。

    問診票は共通様式だが、「この俺が妊婦のわけがない」といらだった男性はどうしても納得できず、一石を投じてみたかったのかもしれない。

    ・合わせて読みたい→スーパーに置かれた看板、ひと目見てゾッとした… 予想外の「4文字」が不穏すぎる

    (文/Sirabee 編集部・マローン 小原

    60代男性が問診票の「妊娠中ですか?」を無視 関係団体に断られ50年の献血歴ストップ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    イイエと書けばいいだけの話しですよね。世の中にはいろんな人がいるもんですね。その問診票にも「女性の方だけお答えください」とか入れておくべきでしたか?

    <このニュースへのネットの反応>

    【【献血】50年間定期的に献血してきたスコットランドで暮らす男性、問診票に怒りあらわ!(画像)】の続きを読む


    この方が凄く伝わりやすくていいと思いますよ。子供さんかわいい。真面目に仕事しているということが分かっていいと思います。

    1 朝一から閉店までφ ★
    公開:2022-06-20
    更新:2022-06-20By - grape編集部

    田口愛(@ai_ghanacacao)さんは、ガーナにあるチョコレート工場の工場長を務めています。

    オンラインコミュニケーションツールを使い、ガーナにいるスタッフと、工場建設についてやり取りをしていた田口さん。

    田口さんが、現地にいるスタッフに「草刈りをしないといけない場所はあるか」「どのくらい砂を運んだ?」などと聞くと…。

    スタッフは、自撮り写真を送り、田口さんの質問に答えていたのです!



    (出典 grapee.jp)


    (出典 grapee.jp)


    (出典 grapee.jp)


    1枚目の写真には運ばれた砂の量、2枚目には積み上がったブロックの数、3枚目にはどれくらい草が残っているかが、情報として入っています。

    スタッフは、写真として情報を伝えたほうが分かりやすいと判断したほか、田口さんに「ちゃんと仕事をしています」とアピールしたかったのかもしれませんね!

    自撮り写真を送ってくるスタッフの光景を見た人は、クスッとしたようです。

    ・じわじわと笑いが込み上げてきて、元気が出てくる…!

    ・ウソをついていないと証明できるから、自撮り写真が正しいのかも。

    ・ネタかと思ったら、ガチな光景に笑った!

    個性的なスタッフとともに、おいしいチョコレートを目指して作っている田口さん。

    スタッフと田口さんの思いが詰まったチョコレートを食べてみたくなりますね!

    https://grapee.jp/1141554

    【【仕事】「オレって頭いいでしょ!」この方がすぐ分かるでしょ。(画像)】の続きを読む


    弁当


    かわいいわが子のために弁当をせっせと作ってきた母親が、「先生に『くさい』って言われた」「ひとりで食べているの」と娘に言われショックを受けた。

    そこで掲示板に経緯を書き込んだところ、海外メディア『The Sun』なども注目し紹介している。


    ■「弁当はイヤ」と言い出した娘

    海外で暮らす女性には、6歳の娘がいる。学校には弁当を持って通う必要があるため、女性は娘が好きな物をせっせと作り弁当箱に詰めて持たせていた。

    しかし最近になり、娘が「弁当はイヤだ」と言うように。「他の子と同じような弁当が食べたい」と言われた女性は、「好きなおかずを入れているのになぜ?」とひどく戸惑った。


    関連記事:小倉優子、息子たちに作るお弁当に反響集まる 好みの違いに合わせた工夫も

    ■知らされた意外な真実

    娘は、他の子供にも人気があるピザなどを弁当箱に詰めてほしいと言う。女性が理由を聞いたところ、娘は「他の子たちと一緒に弁当を食べたいから」と答えた。

    さらに「なぜひとりで弁当を食べているの」と女性が問うと、娘に「『あなたの弁当はくさい』って先生に言われたの」「別室でひとりで食べるよう言われちゃった」と聞かされ、ショックを受けることになった。


    ■弁当の中身を問題にされ…

    ニオイについては普段から意識していたという女性は、さっそく教師に連絡し、説明を求めることにした。

    すると「お宅の弁当に使われている外国の食材に、他の子供たちが驚いたんです」「食事中に気が散るため、娘さんには別室に行ってもらいました」と言われた。しかし女性はその説明に納得できず、学校長にも連絡したという。

    それでも気持ちが晴れなかったため女性は掲示板Reddit』に経緯を書き込み、ユーザーたちの意見を募った。


    ■人々の反応は…

    ユーザーたちは女性に同情し、そもそも弁当の中身を見てとやかく言うのは差別に等しいと指摘。「小さい子供にひとりきりで弁当を食べさせるなんて最悪すぎる」という意見が目立った。

    なお漬物、魚、にんにく、酢の物など、弁当に入れるとニオイが気になるものも確かにある。また冷めていないご飯やおかずを詰めることで食材が傷み、それが原因で臭ってしまうこともあるという。

    この時期は、とりわけ食中毒も心配だ。「確かに弁当のニオイが気になる」という人は、腐りやすいものが入っていないかも含め普段から十分に気をつけておいたほうが良さそうだ。

    ・合わせて読みたい→子供の弁当に入れたウインナー シュールな見た目が「軽くホラー」と話題に

    (文/Sirabee 編集部・マローン 小原

    「お弁当がくさい」と教師が6歳児を別室送りに わが子への仕打ちを知った母が激怒


    (出典 news.nicovideo.jp)

    どこの国のことなのかさっぱり分かりません。そもそもお弁当に何を入れたのか?それさえも分からない。他の子にも人気があるピザなど入れてほしいってことはアメリカ?なんだかモヤモヤとした記事ではございますが。


                  

    <このニュースへのネットの反応>

    【【学校】「あなたの弁当はくさい」って先生が言ったという話し!(画像)】の続きを読む


    インターネットブラウザ、Netscape Navigatorのサポートがこの日で終了。 3月2日 - ロシア連邦大統領選挙の投票および開票が行われ、ドミートリー・メドヴェージェフ第一副首相が圧倒的大差で当選。 3月3日 南氷洋で、反捕鯨団体シー・シェパードが日本の捕鯨船日新丸に対し薬品の入ったボトルを投げるなど攻撃、4人が軽傷を負う。
    82キロバイト (10,246 語) - 2022年6月4日 (土) 11:19
    いい加減に戦争やめてくださいな。どれだけの命を奪えば気が済むんですかね。

    1 どどん ★
     ロシアの安全保障会議副議長を務めるメドベージェフ前大統領は15日、自身のSNSに、「ウクライナが2年後に世界地図上に存在していると誰が言ったのか」と書き込んだ。将来的な国家の存在自体を疑問視する内容で、ウクライナは激しく反発している。


     ウクライナが2年後に代金を支払う前提で、液化天然ガス(LNG)の供与を外国に依頼した、という話を紹介する文脈で、自説を披露した。


     ウクライナのミハイロ・ポドリャク大統領府顧問は15日、SNSで「メドベージェフ氏が2年後にどこにいるかの方が問題だ」と切り返した。


     メドベージェフ氏は今月7日には、対象は明示しなかったが、「私が生きている限り、彼らを消滅させるために何でもする」とSNSに書き込んだ。

    読売新聞

    https://news.yahoo.co.jp/articles/847f7cd2be1037e24fa88a8264d84abeb6cb6d02

    【【ロシア】メドベージェフ氏「彼らを消滅させるために何でもする」怖~~(画像)】の続きを読む

    このページのトップヘ