ニュースちゃん24

当ブログについて

    カテゴリ: ニュース


    代替テキスト

    政府は4月1日新型コロナウイルスの感染が再拡大している大阪府兵庫県宮城県に「まん延防止等重点措置」を適用すると決定した。各紙によると全国で初となり、期間は4月5日から1カ月間だという。

    大阪府では3月下旬から新規感染者が急増し、吉村洋文知事(45)は3月31日に政府に“まん防”の要請を決定。今回の適用は、大阪府の要請を受け入れたかたちとなった。

    新型コロナ対策の改正特別措置法によって新設された“まん防”だが、3月21日に解除された緊急事態宣言とは実質的にほぼ同じだという。全国紙記者は語る。

    「改正特措法では、知事に時短要請・命令の権限が与えられました。この“まん防”でも、知事による要請・命令が可能です。

    まん防は、緊急事態宣言のように感染爆発を指す“ステージ4”に至らずとも適用できます。いわば、予防といった位置付けでしょうか。

    あとは目立った違いといえば、罰則の過料。宣言では30万円のところ、“まん防”では20万円になっています」

    そんななか関心が高まっているのは、措置の適用に伴う支援や補償だ。

    メディアによると政府は時短営業に応じた飲食店に対し、一律ではなく規模に応じて協力金を支払うとのこと。措置の適用中は、1日4万円から10万円。売上の減少が大きい企業は、最大20万円支給されるという。

    さらに支援は、食材やおしぼりといった納入業者などの取引先にも拡大。1カ月あたり個人で最大10万円、法人で最大20万円が給付されるという。

    「協力金は額だけでなく、支給スピードの遅さも問題視されています。大阪での時短要請が始まったのは、昨年11月。翌12月に申請してもいまだ支給されず、廃業の危機にさらされている店が何件もあるといいます。

    いっぽう先日は、厚労省の職員23人が深夜まで送別会をしていたことも明らかになりました。しかし、彼らのように自粛を守らない人に罰則などはありません。また『宣言や措置をとる度に飲食業界にだけ焦点を絞るのは不公平だ』との指摘も相次いでいます」(前出・全国紙記者)

    “まん防”を適用するにあたって、ネットでは不満が爆発している。

    まん延防止等重点措置が出されたけど緊急事態宣言と大差ある? 意味の無い事するの好きだなw 結局は飲食店だけ規制 飲食店だけって思ってる時点で改善はしない》
    《いつまで飲食業いじめみたいな事を続けるんだろ? 緊急事態宣言したって一時的には減っても解除すればすぐに元通りか激増するだけ、「まん防」にしても結果は見えてると思う。事業者だけに責任を押しつけるのでは不公平、対策しても減らないのは利用する側にも問題がある》
    《まん防発動するなら閣僚に対して発動するのが先やろ こんなん発動してもまた議員とか闇会食して問題なるだけ》



    (出典 news.nicovideo.jp)

    もっと具体的な策はないのでしょうか?

    <このニュースへのネットの反応>

    【(ニュース)「まん延防止等重点処置」を適用にネットで不満爆発!】の続きを読む



    1 孤高の旅人 ★

    NHK放送の東京五輪キャッチフレーズ決定
    4/1(木) 17:32配信 日刊スポーツ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/ca1fdc42e338ef2422718126c4dff2c982342d1c

    NHK前田晃伸会長(76)の定例会見が1日、東京・渋谷の同局で行われ、同局で放送する東京オリンピック(五輪)・パラリンピックのキャッチフレーズが「私たちは、超えられる。」に決定したと発表した。

    担当者は、医療従事者や飲食業界、イベント関係者やアスリートらコロナ禍で奮闘する人々の存在に触れ「その一歩がぜひ実を結び、世界がより良い方向へ向かう年になって欲しいという願いをこの言葉に込めました」と説明。

    「越える」ではなく「超える」と漢字をあてたことについては、「『越』の方ですと、塀とか具体的なものを超えるイメージがある。『超』は観念的なことやさまざまなことを超えていくイメージがあると思う。どちらがいいか議論したが、コロナを向き合いつつ、よりよい世界になって欲しいという大きな思いを込めて、こちらの漢字を採用した」と話した。


    (出典 wisard-hp.com)


    【(東京五輪)キャッチフレーズ決定「私たちは超えられる」】の続きを読む


     アパレルブランドのヴァレンティノは、「モデルが着物の帯の上を歩いている」として批判されていた広告について「不快な思いをさせてしまった」と謝罪しました。

    【その他の画像】

     当該の広告(現在は削除済み)は、モデルのKoki,さん(※oはマクロン付きが正式表記)が着物の帯らしき布の上を靴をはいて歩く場面や、布の上に座っている場面が含まれていました。これに対し、「日本文化を馬鹿にしている」「日本への侮辱」「心が痛む」「非常に不快」など、批判が多く寄せられました。

     ヴァレンティノはTwitterに掲載した謝罪文で「日本の文化に敬意を込めて作成されたもの」とし、日本の文化を冒涜するような意図はないと説明。布は着物の帯ではないとしつつも、「多くの方に不快な思いをさせてしまったこと、深くお詫び申し上げます」と謝罪しています。

     同社は当該コンテンツを削除したと報告し、今回の件を教訓とし文化の包括性をさらに推し進めていくと述べていますが、「帯にしか見えない」「苦しいいいわけ」と批判は続いています。

    ヴァレンティノの謝罪文(公式Twitterから)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    帯か反物にしか見えない、意味が分からない。

    <このニュースへのネットの反応>

    【(ニュース)「帯を踏みつけるとは何ごとぞ」!ヴァレンティノ広告批判に謝罪】の続きを読む


     4日、滋賀県大津市の病院で職員を脅迫したとして、43歳建設業の男が逮捕されたことが判明。その酷い行動に怒りの声が相次いでいる。

     警察の発表によると、男は1月30日滋賀県大津市内の病院を訪れる。その際、61歳の男性職員が家族の名前を呼び間違えたことに激昂すると、「殺したろか」と恫喝し、土下座を強要した。

     さらに、男は治療した28歳の男性医師に対しても、「どう責任取るねん。出刃包丁持ってくるから腹を切れ」などと脅迫し、業務を妨害。病院側が警察に通報し、強要と脅迫、そして威力業務妨害の疑いで逮捕した。警察の取り調べに対し、男は容疑を否認している。現状、「疑い」の段階ではあるが、被害者がわざわざ嘘をつく可能性は極めて低く、犯行は事実と見るのが自然だろう。

     >>27歳の男、ラストオーダー後の注文を断られ土下座させ暴行 「態度気に入らなかった」と話す<<

     またも発生した、モンスター客による些細なミスを発端とした土下座強要事件。2日には神奈川県カラオケ店で、27歳の男がラストオーダーの時間を過ぎているにもかかわらず、飲食の注文を行い、通らないことに立腹すると男性従業員に土下座を強要した上、身体を蹴ったなどとして逮捕されている。

     また、2018年にも名古屋市南区のコンビニエンスストアで、47歳無職の男が数百円の買い物を1万円札で支払ったところ、釣り銭を小銭から渡したことに激怒し、「殺すぞ、土下座しろ」などと土下座を強要し、逮捕された。

     このように何かトラブルが起こった際、「土下座」を強要する人間が一定数存在する。理由は様々だろうが、著しく正当性に欠けているにもかかわらず、従業員など他人に土下座を迫る行為は犯罪。強要された場合は応じず、速やかに警察に通報してほしい。

    画像はイメージです


    (出典 news.nicovideo.jp)

    はあ?ってなりますね。何でそんなことでキレるんでしょう?

    <このニュースへのネットの反応>

    【(ニュース)病院で家族の名前を呼び間違えられただけで激昂、土下座要求の男を逮捕】の続きを読む


    「納めた税金がアベノマスクに使われてたと思うと嘆かわしい」

    「納めた税金がアベノマスクに使われてたと思うと嘆かわしい」

    「税金が高すぎる」という声がキャリコネニュースに多く寄せられている。日常生活で税金の恩恵を感じる機会が多々あれば、このような不満は聞こえてこないはずだ。神奈川県に住む年収3000万円以上の40代男性は、

    「税金を湯水のごとく無駄遣いされるのを見ると、本気でシバきたくなりますよ。どれだけの苦労と思いを重ねて稼いだお金だと思っているのか」

    と憤りの声を上げている。「税金が高すぎる」という不満の本質は、税金の使い道にあるらしい。読者から寄せられた”税金の無駄遣い”と感じることを紹介する。(文:大渕ともみ)

    「何が”アベノマスク”だ、飲食店の時間短縮だ。不満を上げればきりがない」

    新型コロナウイルスの流行により、全国的なマスク不足に陥った2020年マスク不足を解消すべく全世帯に布マスクが2枚ずつ配布されたが、この緊急対策を振り返って、改めて否定的な声をあげる人もいる。年収400万円台の京都府の50代女性は、

    「自分の納めた税金が、使い物にならない”アベノマスク”などに使われてたと思うと嘆かわしい」

    と不満を吐露する。自身で会社を営む千葉県の60代男性(年収2000万円台)から、

    「納税は国民の義務ですが、その使い方に怒りを感じます。このコロナ禍で税金が適切に使われているのでしょうか。何が”アベノマスク”だ、飲食店の時間短縮だ。そのほか不満を上げればきりがない」

    と政府による布マスク配布を酷評する声が寄せられている。

    国会議員も地方議員も50分の1でいい。少子化で国民の数が減るのに、議員は減らない」

    年収1000万円台の福岡県の40代男性は「国会議員も地方議員も今の50分の1でいい。少子化で国民の数が減るのに、議員は減らない」と綴る。「議員も業者も税金に集まるが、いくらでも湧いてくると思っているのか。税額を上げれば回収できると思っているのか」と憤りを隠せない。

    年収2000万円台の東京都の40代男性は、知人の息子の結婚式で、信じられない場面を目撃した。

    「県会議員が『これから税金をどんどん流しますから、安心して子どもを生んでください』などと、ふざけたスピーチをしていた。しかし会場は土建屋ばかりなので、拍手喝采となった」

    ピーチした本人は「気のきいた冗談」のつもりかもしれないが、税金を納めている立場からすれば笑えない発言だ。

    そのほか、国会議員の文書通信交通滞在費の使途報告義務がないことに疑問を感じる人もいる。年収1200万円台の東京都の50代男性は「国会議員は1か月100万円の領収書のいらない経費が認められている。自分たちがもらえる物には一切改革をしようとしない」と不信感をあらわにする。

    政治家の給与や政治資金の財源の一部を税金が担っている以上、政治家には国民が納得する働きをしてもらいたいものだ。

    ※キャリコネニュースでは引き続き「税金が高くて怒っている人」「テレワークで快適なこと・つらいこと」などのアンケートを実施しています。

    —–

    【あわせて読みたい】
    世帯年収500万円の男性、税金に怒り「毎月9万円近く引かれる」
    世帯年収1800万の夫婦「ランチ代は500円。たまの贅沢は予算3万円で外食。税金が高く国の補助もないから生活は質素」

    税金の使われ方に怒る人々の声「自分の納めた税金がアベノマスクに使われてたと思うと嘆かわしい」


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【(ニュース)「税金は適切に使われているのか?」キャリコネ】の続きを読む

    このページのトップヘ