ニュースちゃん24

当ブログについて

    カテゴリ: ニュース


     12月22日に公開される映画「仮面ライダー THE WINTER MOVIE ガッチャード&ギーツ」に、VTuber・白上フブキさんが声優として出演することが明らかになり、ネット上でさまざまな声があがっています。

    【ネット上の反応】「VTuberだからと叩くのは筋違い」「賛否両論あるらしいけど面白ければ誰でもいい」

     白上フブキさんはホロライブに所属し、チャンネル登録者数200万人を超える人気VTuber。「白髪ケモミミなオタク狐」で、小さいころからライダーシリーズのファンだったそうです。

    VTuberがライダーシリーズに出演するのは史上初の試みで、フブキさんは自身と同じく、狐をモチーフとした「ギーツケミー」として登場します。

     ネット上では「フブちゃんすげえぇぇええ!!」「まさかとは思ったけど、これは嬉しすぎる」「仮面ライダーが好きで役者じゃないけど演技もできる白い狐でファン層的にも集客が見

    込めると来ればこれ以上の適役はそういまい」など喜びのコメントが続出。ライダーシリーズでは初となるVTuberの声優起用に「すげー時代になったもんだな」「仮面ライダーはどんどん新しい境地を開いていくんだな」など驚きの声も見られます。

     一方、今回の動きに“拒否反応”を示す人も少なからず見受けられ、「賛否両論になっている」「特撮ファン、VTuberファンの界隈同士の火種になりそう」というような心配の声もチラホラ。

     「自分は声優が誰であっても作品が面白ければ構わない」「演技に違和感がなければいい」「ライダー映画は流行りの芸人さんとかいつも呼んでるんだから、お祭りの一環ってことで良くないか」など、バランスを取ろうとするコメントも現れています。

    ライダーシリーズファンの白上フブキさんが「ギーツケミー」の声優として出演。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    配信者の総称を指す語。略語として「VTuber」「Vチューバー」(ブイチューバー)が使われる。 2016年12月に活動を開始したキズナアイがYouTuber活動を行う際に自身を称した事に始まる語であり、元々はキズナアイ自身を指す語だった。 「バーチャルYouTuber」(VTuber)とは、201…
    38キロバイト (4,455 語) - 2023年10月24日 (火) 03:51



    (出典 wwwfatimavarella.blogspot.com)


    「声優界とVTuber界の融合は、一部の人には火種になりそうですね。しかし、変化は時代の流れに伴うものであり、新しい試みをすることも必要です。作品のストーリーやクオリティが良ければ、声優起用はさほど重要ではないと思います。個人の好みだけで判断せず、一度映画を見てみましょう。」

    <このニュースへのネットの反応>

    【「人気VTuberの声優起用に“拒否反応”も!新作仮面ライダー映画で火種となる可能性?」】の続きを読む


    熊谷市 (カテゴリ 1889年設置の日本の市町村)
    最高気温41.0°Cを立て続けに観測した。さらに、日本国外においても最高気温を各地で更新するなど、異常気象の年であった(2018年の猛暑も参照)。 ^ かつては熊谷市よりも最低気温が高かったが、越谷のアメダスが2009年に移転したことにより、熊谷市よりも最低気温が低く観測されることが多くなった。…
    135キロバイト (16,040 語) - 2023年11月1日 (水) 11:26

    (出典 nplll.com)


    今年の天候は本当に異常ですね。11月にして観測史上最高気温を更新とは驚きです。気候変動がますます進んでいるのかもしれません。

    1 ばーど ★
    テレ朝news@tv_asahi_news

    【速報】東京都心で27.5℃観測 11月の観測史上最高気温を100年ぶりに更新 気象庁


                                               ヒマワリのイラスト


    午後0:25 · 2023年11月7日
    https://twitter.com/tv_asahi_news/status/1721730684786749906
    https://twitter.com/thejimwatkins

    【東京都心で100年ぶりの記録更新!11月の最高気温が27.5℃に】の続きを読む


    蟹がおにぎりを持って歩いていると、ずる賢い猿が、拾ったの種と交換しようと言ってきた。蟹は最初は嫌がったが、「おにぎりは食べてしまえばそれっきりだが、の種を植えれば成長してがたくさんなりずっと得する」と猿が言ったので、蟹はおにぎりとの種を交換した。 蟹はさっそく家に帰って「早く芽をだせ
    7キロバイト (1,275 語) - 2023年10月30日 (月) 09:06

    (出典 plaza.rakuten.co.jp)


    様子を見に行っていたら、柿が一つもなくなっていたなんて本当に驚きです。しかも8400個もの盗みって、どうやって運んだんでしょうか?これほど大量に盗むなんて、盗品がどのように使われるのか気になるところですね。

    1 ばーど ★
    新潟市西蒲区の果樹園で、約8400個の柿が盗まれる被害があり、警察は窃盗事件として調べています。

    柿が盗まれたのは、新潟市西蒲区稲島と仁箇の果樹園です。

    警察によりますと、10月26日頃から11月3日までの間に、約8400個の柿(約30万円相当)が盗まれたということです。果樹園の関係者が3日、果樹園を訪れて被害に気付きま

        


    した。関係者はまずJAに被害を相談。警察に5日「栽培している柿の様子を見に行ったらなくなっていた」と被害届を出しました。

    警察は窃盗事件として調べるとともに、農家に注意を呼び掛けています。

    11/5(日) 17:59 BSN新潟放送
    https://news.yahoo.co.jp/articles/aa3d20b4738ebdb1d23d9fba2d3168c196d39af3

    【【新潟】珍事件!柿8400個が盗まれる!被害者「様子を見に行ったらなくなっていた」】の続きを読む


    岸田文雄

    年末の風物詩となっている「2023ユーキャン新語・流行語大賞」のノミネート30語が2日、発表された。X(旧・ツイッター)では、岸田文雄首相を指す「増税メガネ」が候補入りしなかったことに疑問の声があがっている。

     

    ■本人も苦笑い

    「増税メガネ」は、物価高などで疲弊する中、岸田首相が防衛費や少子化対策の財源に充てるべく増税策を打ち出したことを揶揄するもので、SNSを中心に広まった。

    ニュース記事などでも報じられたことで知れ渡り、岸田首相本人の耳にも届いた様子。衆議院の予算委員会でこの言葉について質問を受けると、「いろいろな呼び方があるものだなと思っ

    ている」と苦笑いを浮かべていた。減税を示したのも、あだ名を気にしてのことだとの見方もある。

     

    関連記事:杉村太蔵、岸田文雄首相の“増税メガネ”を疑問視 「物価は上がったけど…」

    ■「エッフェル姉さん」はノミネート

    「増税メガネ」は小中学生にまで知られるほどの言葉となったが、政界からの流行語ノミネートは、「エッフェル姉さん」のみに。

    これは、自民党女性局が研修に訪れたフランスで、エッフェル塔の前で議員らがポーズを取った記念写真を、松川るい参議院議員がSNSに投稿。観光旅行のような様子に批判が集まり、松

    川氏は写真を削除し、女性局長を辞任した。この一連の出来事から、インターネット上では、松川氏が「エッフェル姉さん」のあだ名で呼ばれるようになっていた。

     

    関連記事:ひろゆき氏、「愚策!」と批難あふれる政府の減税具体案に“一言” 「それがいい」の声も

    ■「おかしい」「忖度だな」の声

    Xでは、「流行語大賞」のほかに「エッフェル姉さん」がトレンド入り。

    ユーザーからは「エッフェル姉さんがあるのに増税メガネが入ってない?」「エッフェル姉さ

    んがノミネートされて、増税メガネがノミネートされてない」「エッフェル姉さんがあって、増税メガネないんや。ふーん。おかしいでしょ(笑)」と疑問が寄せられた。

    さらに、「増税メガネ入ってないけど忖度だな」「政治関連で一番のホットワードは『増税メガネ』でしょう」「今年の流行語大賞は『増税メガネ』に決まってるだろ!」といった声もあがっている。

    流行語大賞“増税メガネ”ノミネートなしに「忖度だな」「おかしい」 エッフェル姉さんは候補も…


    (出典 news.nicovideo.jp)

    新語・流行語大賞(しんご・りゅうこうごたいしょう)は、自由国民社がその年1年間に発生した「ことば」のなかから選考し、その「ことば」に関わった人物、団体を顕彰するとされている。2004年(平成16年)より、ユーキャン新語・流行語大賞(ユーキャンしんご・りゅうこうごたいしょう)に改称している。…
    116キロバイト (10,381 語) - 2023年11月3日 (金) 03:17



    (出典 curazy.com)


    もっといい言葉がいっぱいあるような気がしますが。
    「真夏日」「忖度」「熊」「異常気象」などなど・・・・・

    <このニュースへのネットの反応>

    【「増税メガネ忖度なし」エッフェル姉さんがぶっちゃけ!流行語大賞にノミネートされずに批判殺到!】の続きを読む


     国民民主党の玉木雄一郎代表のXが大炎上中だ。

     火種となったのは11月1日付の投稿で、現役世代の給料の値上げ以上に社会保険料が値上がりしていることに触れ、

    〈医療費の伸びを賃金上昇率以下に抑えるために診療報酬を抑制する〉

    〈極めてザクっと言うと、お医者さんの給料や所得の伸びを、サラリーマンの賃金の伸び以下に抑える〉

    〈それは業界団体からの反発は凄まじく、なかなか簡単なことではありませんし自民党にはできません。皆さんの応援が必要です〉

     そう書いたところ、年収3000万円以上を約束された医師達から脅しとも取れる批判が相次ぎ、投稿を削除する事態になったのである。ある麻酔科医(自称)は「医療用麻薬」の写真をアップし、

    〈俺達が(麻薬を)横流ししないのは〉

    〈一時的に得られる金額が、定期的な年収と比べて割に合わないから〉

    〈医療麻薬横流しの、安全装置を外そうとされている?〉

     なんと、医師の給料を減らすなら麻薬を密売する、という脅しに転じたのだ。こうした不遜な態度こそが「医者の給料は高すぎる」と国民の怒りを買っている自覚もない。

     これは極論としても、医師達の反論は総じて「医者の給料を下げまくると、市場原理で優秀な人が医学部に入らなくなって医療の質が下がる」というものだ。医者の給料を下げると医療の質が下がる…これは事実だろうか。

     小児科や産科、外科領域を除けば、医師は遅かれ早かれ、人工知能にとって代わられる。むしろ医師の給料を減らし、日本発の「人工知能が診断、処方するシステム」開発費用にあてれ

    ば、人工知能技術を海外に輸出できる。医師は我々の命を守る一方、社会保険料負担を増やして生活を苦しめる存在だが、人工知能は富を産む。

     人工知能なら、老人本人が希望しない苦痛と管だらけの延命治療を、金儲けのために強引に勧めることもないし、発熱患者の診療を断ることもない。コロナ陽性というだけで高齢者や障害者を救急搬送し、二度と歩けないほど足腰を弱らせることもない。

     医師とともに働く看護師や薬剤師、製薬企業職員の給料は、とっくの昔に目減りしている。実体験で言えば、2006年当時の看護師の夜勤アルバイトは、日当6万円。2023年現在は、自分

    で歩くこともできない高齢者や体重100キロ以上の入院患者が増え、業務内容はより過酷になっているのに、日当は2万円まで下げられた。

     ブラック高齢者施設、ブラック保育園ともなれば、看護師の時給は1400円。場合によってはファミリーレストランの時給より安い。

     それほど国が貧しくなっているのだから、医師だけが「収入減らすな」はもう、国民の理解は得られない。

     武見敬三厚労相の父親「日本医師会の天皇」と言われた故・武見太郎元日本医師会会長は、

    「日本の医者でマトモなのは3分の1だけ。残りの3分の1は何も考えていないノンポリ、3分の1は欲張り村の村長さん」

    「金儲けに走るから開業医が中小病院を経営するのは反対」

     と、日本の医師達をかつて断罪した。欲張り村の村長を排除しなければ、いずれ健康保険制

    度と年金制度、医療システムは破綻するのだと、平均寿命が男性65歳、女性70歳だった1960年代当時から危惧していたのだ。

     玉木代表の発言は医師の反発を買ったものの、Xでは「医者の給料」が投稿後24時間経過しても、堂々のトレンド1位を爆進した。

     増税クソメガネの「減税策」が「減税ウソメガネ」と言われて霞むほど、「医者の給料減らせ」というパワーワードの方が、納税者に刺さったようだ。

    (那須優子/医療ジャーナリスト)

    アサ芸プラス


    (出典 news.nicovideo.jp)

    選挙の結果を受けて、小池に対する責任論が噴出し、その後行われた共同代表選挙で玉木雄一郎が党の共同代表に選出されたが、小池は程なくして共同代表から退き、党代表は玉木に一本化された。 一方、参議院議員が残留した民進党では、党所属議員が希望の党公認として選挙戦で戦い惨敗した…
    99キロバイト (14,639 語) - 2023年8月24日 (木) 10:23



    (出典 www.irasutoya.com)


    業界団体の猛反発には驚きましたが、医療費の増加が続く現状を鑑みれば、給料の再考も必要かもしれません。もちろん、医師の労働の大変さや責任の重さも理解しますが、他の業界に比べて高い給与水準が維持されることは、国民の健康と公平な医療サービスを追求する上で考え直すべき問題です。

    <このニュースへのネットの反応>

    【「経済再生の為に医者の給料を減らす?国民民主党・玉木代表の発言が波紋を広げる」】の続きを読む

    このページのトップヘ