ニュースちゃん24

当ブログについて

    カテゴリ: ニュース


    旧金毘羅大芝居のサムネイル
    旧金毘羅大芝居(きゅうこんぴらおおしばい)は、香川県仲多度郡琴平町の金刀比羅宮・門前町にある、現存する中では日本最古の芝居小屋。別名、金丸座(かなまるざ)とも呼ばれ、国の重要文化財の指定を受けている。 古くから信仰を集める金刀比羅宮は、江戸時代には金毘羅講など多く参拝者を集め、門前町は琴平が朱印地…
    30キロバイト (4,261 語) - 2024年6月1日 (土) 11:55

    (出典 sora.5ch.net)





    「このような事故が起きたことで、取材中の注意義務がますます高まる必要がありそうですね。NHKも今後はより慎重に行動してほしいです。」

    1 香味焙煎 ★
    NHKは10日、Eテレの番組を撮影中、香川県琴平町にある国の重要文化財「旧金毘羅大芝居」の一部を破損したと発表した。




    47NEWS
    2024年06月10日 18時52分
    https://www.47news.jp/11040680.html

    【【重文】NHKの番組撮影で国宝が被害を受ける】の続きを読む


    リースバック(英語: Leaseback)とは、セール・アンド・リースバック(英語: sale-and-leaseback)とも呼ばれ、現在所有している物品(主に固定資産など)に相当するものを他に売って、そこからリースするという金融取引をいう。こうした取引の対象になるものは不動産などの固定資産や、飛行機や列車などの資本財などである。…
    4キロバイト (463 語) - 2024年3月1日 (金) 11:58

    (出典 irasutoimgyhthn.blogspot.com)




    クーリングオフの適用外ということは、被害者を保護する手段が限定されるということですね。政府や関係機関が迅速に対応する必要があります。

    1 ぐれ ★
    ※2024/06/10 14:45
    読売新聞

     高齢者がマイホームなどを安価で買いたたかれる「押し買い」の被害が増えている。契約後に解除を申し出ても、自宅の売却には一定期間内ならば契約を取り消せるクーリングオフが適用されないため、高額な違約金の支払いを余儀なくされるケースもある。

    売却後に賃借して住み続ける「リースバック」が悪用されるなど被害は深刻化し、法改正による対策強化を求める声も上がっている。

    訴訟のケースも
     関東地方の80歳代女性は3年ほど前、自宅マンションを訪れた不動産業者からリースバック契約を勧誘された。内容は、業者がマンションを1000万円で買い取り、女

    性に月13万円で賃貸するというもの。業者は「修繕費や固定資産税が不要になる」などとメリットを強調した。

     当初、女性は「一人で決められない」と断ったが、業者は長時間にわたって居座り、「物件が古いので早く決めないと売れなくなる」などとしつこく勧誘。女性は結局、

    「1000万円がもらえるなら」と契約書に署名する羽目になった。その後、家賃負担が重いことに気づいて解約を申し出たが、応じてもらえなかったという。女性は地元の消費生活センターに押し買い被害に遭ったと相談した。

     東京都内の男性(83)は2021年4月、老後資金のために所有していた投資用マンションを業者から「築30年以上だと賃貸できない」などと言われ、強引な勧誘を受けた結果、格安の380万円で売却させられた。

     男性は警察に相談したが、「契約書があり詐欺での立件は難しい」と取り合ってもらえず、今年4月、業者に市場価格との差額分など600万円超の損害賠償を求める訴訟

    を東京地裁に起こした。男性は「詐欺的な手法で不動産を安く買いたたかれ、本当に許せない」と憤る。

    国が注意喚起

    続きは↓
    https://www.yomiuri.co.jp/national/20240610-OYT1T50125/

    【【不動産】「リースバック」悪用が急増…押し買いでマイホームを買いたたく事例が増加中】の続きを読む



    (出典 www.irasutoya.com)




    そんな高圧的な態度で接触事故を起こしておいて、逃げるとか許せませんね。被害者の方が大丈夫だといいですが…。

    1 靄々 ★
    「大丈夫か?おまえ、信号無視だからな!」男子高校生の自転車と接触、高圧的に声をかけただけで立ち去る…高校生は右手に擦り傷、事故不申告の疑いで白のワゴン車の行方追う 札幌市手稲区

    (略)

     10日午前7時40分ごろ、札幌市手稲区曙の交差点で、自転車の男子高校生が横断中、正面から左折しようとしたワゴン車と接触しました。
     警察と男子高校生によりますと、ワゴン車は男子高校生の自転車より先に交差点に入り、自転車の前の小学生の横断待ちをしていました。

     そして、小学生の横断後に動き出し、前方から直進してきた自転車と接触したとみられています。
     男子高校生は右手に擦り傷を負いましたが、ワゴン車を運転の男性は「大丈夫か?おまえ、信号無視だからな!車は、こっちでやるから」と高圧的に声をかけただけで、そのまま現場から立ち去ったということです。

     現場はコンビニエンスストア前の片側2車線同士の交差点ですが、男子高校生は「青信号だった」と話しています

    ※以下略、全文はソースからご覧ください。
    ※ソースに現場画像あります。

    yahoo!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/70592ed891bda0f44680e993459384bfa74add0a
    6/10(月) 11:04配信 HBCニュース北海道

    【【北海道】「北海道で起きた交通事故、車が高校生の自転車と接触して立ち去り」】の続きを読む



    (出典 www.adire.jp)




    和久井容疑者が空白の1年間で6件ものストーカー行為をしていたとは驚きです。被害者のプライバシーを侵害することは断じて許されるべきではありません。

    1 Ikhtiandr ★
    sssp://img.5ch.net/ico/anime_morara01.gif
    (前略)
    「’23年~’24年にかけて、和久井容疑者のストーカー行為に関する相談が少なくとも6件、警察に寄せられているんです。平澤さんとは別の女性で、被害者は複数います。付きまとったり待ち伏せするというものではなく、手紙を何度も送るなどの迷惑行為だったようです。しつこいアプローチがあったのか、中には同一の女性が、2度にわたって警察に相談に訪れていた事案もあるそうです」(前出とは別の捜査関係者)

    平澤さん以外にも行われていた和久井容疑者のストーカー行為。なぜ、被害者が警察に相談するほど追い詰められても、やめなかったのか。和久井容疑者の知人が語る。

    「彼は5年ほど前に離婚しており、その後に出会ったのが平澤さんでした。寂しさを埋めてくれた部分もあるのでしょう。そんな彼女にも裏切られたことで、別の女性で寂しさを埋めようとしたのではないか」

    今回の事件にはいまだ不透明な点が多いのは間違いない。しかし、現在世間に流れている「手練手管に長けた美女に、純粋な中年男性が騙されて、何もかも失ったかわいそうな事件」というイメージとは、様相が異なるのは間違いなさそうだ。

    Livedoorニュース/FRIDAY 2024年5月14日 8時0分
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/26400984/

    ※前スレ
    【新宿タワマン殺人】和久井容疑者が「空白の1年間」で別の女性に行っていた「6件のストーカー行為」★3 [Ikhtiandr★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1715662609/

    【【新宿】和久井容疑者が行っていた6件のストーカー行為が明らかになる。】の続きを読む


     舞台公演の企画などを手掛けるLol(東京都渋谷区)は3月9日、13日から上演予定だった朗読劇「~AI朗読劇~AIラブコメ」の公演を中止すると発表した。生成AIを使って脚本を作り、それを声優が朗読するという企画だったが、同社は「関係者たちに多大なる迷惑が掛かる危険がある」との理由から、公演中止の判断を下した。

    【その他の画像】

     同公演は、13~20日に上演を予定していた。生成AIが作った3本の恋愛ドラマを声優が朗読するという内容で、脚本以外にも、キービジュアルなどのデザインにも生成AIを利用していた。同社は「(生成AIは)一部利用しているにすぎず、生成AIアプリに複数のキーワードを入力し、導き出した成果物に、クリエイターが手を加えて仕上げている」と説明していた。

     同社は企画について「AIを使って、人間が紡ぎ出す作品に、固定概念にとらわれない要素が入る、新しいクリエイティブへの挑戦であり、今までにない世界を楽しめる作品を目指す」と言及。また、文化庁の「AIと著作権に関する考え方について(素案)」に対して、日本俳優連盟(原文ママ)が提出した意見書にある「AIは、人間のクリエイターに取って代わるものでは

    なく、人間のクリエイターに力を与え、補強するために使われるツール」という記述にも「同じ考え」と述べ、この考えに基づいて制作しているとも説明していた。

     一方、同社の企画説明に対して、X上では「無断学習・搾取問題を抱えるツールの使用をアピールする時点で、搾取の片棒を担いでいる」など、生成AIの利用を非難する声が上がっていた。

     その後、同社は「皆さまよりさまざまなご意見を頂くことは予想していたが、一部の方々には、意図せず不信感・不安感を与えてしまう結果となった」とし、9日に中止を発表。「関係者や出演者、事務所の皆さまに多大なる迷惑が掛かる危険があるとの理由から、断腸の思いではあるが、中止という判断を下した」と理由を説明している。

     公演が中止になったことを受け、X上では「合法に経済活動している団体に対して、業務に影響が出る形で批判を送るのは威力業務妨害とかにはならないのか」など中止対応に疑問を呈する声も見られた。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    人工知能 (AI acceleratorからのリダイレクト)
    人工知能(じんこうちのう、英: artificial intelligence)、AI(エーアイ)とは、「『計算(computation)』という概念と『コンピュータ(computer)』という道具を用いて『知能』を研究する計算機科学(computer science)の一分野」を指す語。「言語の理…
    116キロバイト (14,472 語) - 2024年3月6日 (水) 10:44



    (出典 matome.naver.jp)


    「AIを使った朗読劇は斬新で興味深い企画だったが、関係者に迷惑が掛かる危険があるとすれば中止するのは賢明な判断だと思います」

    <このニュースへのネットの反応>

    【【朗読】「AIによる朗読劇中止の理由とは?関係者への迷惑を避けるためか」】の続きを読む

    このページのトップヘ