ニュースちゃん24

当ブログについて

    カテゴリ: ニュース


     弁護士の菊間千乃氏が、22日放送の『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)に出演。ワクチン接種後の死亡について言及し、話題となっている。

     新型コロナウイルスの感染が第8波に入ったと指摘される中、42歳の女性がワクチンを接種後に容体が急変して亡くなったことが分かった。急性アレルギー反応のアナフィラキシーショックを発症した可能性もある。

     ​>>『モーニングショー』出産家庭に10万円支給「裕福な方たちは必要ない」菊間千乃の発言が物議<<​​​

     今月5日、愛知県に住むその女性は、集団接種会場でファイザー製のワクチンを接種。これが4回目だったという。もともと糖尿病などの基礎疾患は持ち合わせていたとのことだが、約7

    分後に咳などの症状を発症。歩けなくなり、車椅子で救護室へ。正常値が96%であるはずの血中酸素飽和度は60%台だったため、酸素投与。だが呼吸停止など容体が急変し、心肺蘇生を試みるも、その後死亡が確認されたという。

     ちなみに接種会場には、看護師も、また処置した医師も、アナフィラキシーショックの対応の経験が全くなかったという。

     これについて、国際医療福祉大学の松本哲哉主任教授は「経験が足りなかったということだけでは済まされない」と断罪しながらも、「日本ではファイザーのワクチンも2億4000万回接

    種されて、アナフィラキシーは大体3000例ぐらい。モデルナも8000万回ぐらい打たれてそのうちの500件ぐらい」として、「アナフィラキシーが怖いからワクチンを接種しないというよ

    うなことでは、逆に打たないことのデメリットも出てくる」と説明。そして、「できればワクチン接種はやっていただきたいと思っています」と求めた。

     だが、菊間氏は「神奈川新聞に出ていたんですが」と記事からの引用と前置きした上で、「接種と死亡の因果関係は不明だとはされているんですが、副反応との関連性が疑われる事例のうち、接種後に死亡した人数が105人と出ているんです」とデータを読み上げた。

     続けて、「神奈川だけで105人ってことは、全国で見たら相当いるんじゃないかなと思うので、そこら辺の検証をきっちりしていただかないと、(松本教授は)『打った方が』と言われても怖い」と論じていた。

     菊間氏の情報と主張に対して、ネットでは「マジか!」「105人亡くなっても全員、因果関係不明ってのは不審だな」と驚くとともに、「もっと突っ込んで!」「おっしゃる通り」と支持。

    だが一方、「菊間さん 素人の議論をしない方がいい 少なくとも弁護士なのだから」といった心配や、さらに踏み込んだ発言に「菊間さんは来週からお休みです」と揶揄する声もあった。

    画像はイメージです


    (出典 news.nicovideo.jp)

    接種後の死者数を引用して「COVID-19ワクチン接種後に多くの人が死亡しており危険」などという風説が流布されることがあるが、厚生労働省が公開している事例はあくまで副反応疑い報告制度に基づき報告のあったものの件数であり、ワクチン接種直後に死亡した者の総数とも、あるいは接種死亡の因果関係が認定された者の総数とも一致しない。…
    287キロバイト (34,948 語) - 2022年11月19日 (土) 23:20


    何回もワクチンを打ってるうちに何かあったら怖いな~と思うことはありますが・・・・・

    <このニュースへのネットの反応>

    【【ワクチン】『羽鳥慎一モーニングショー』弁護士の菊間千乃氏、ワクチン接種後の死亡について言及】の続きを読む


    1」と従来株の2つのウイルスに対応した「2価ワクチン」を使い始める方針を決めた。従来のワクチンでも高い重症化予防効果が望めるが、2価ワクチンは現在流行している「BA.5」に対しても感染を予防する中和抗体が上がるとされ、2回目までを接種した人のブースターショット用として使われる。…
    121キロバイト (16,464 語) - 2022年9月15日 (木) 14:32
    一体いつまでワクチン接種続くのかな~。打っても怖い~打たなくても怖い~

    1 Stargazer ★
    政治・行政 | 神奈川新聞 | 2022年11月21日(月) 22:40

     新型コロナウイルスのワクチン接種を巡り、神奈川県は21日の県議会新型コロナ対策特別委員会で、医療機関から報告された副反応との関連性が疑われる事例のうち、


    接種後に死亡した県内在住者が105人いたことを明らかにした。いずれも接種との因果関係は分かっていないという。

     県によると、国の基準に基づくアナフィラキシー(重いアレルギー反応)の報告は県内で241件あった。新型コロナワクチンの県内の総接種回数は20日時点で約2425万回。

    https://www.kanaloco.jp/news/government/article-951619.html


    【【新型コロナ】神奈川県、接種後に死亡した県内在住者105人(接種との因果関係不明)】の続きを読む


    最近多いですね。小さな子に「ここに上ったらだめよ」と言い聞かせておくのも無理なんでしょうかね。かわいそうに。

    1 WATeR ★
    https://newsdig.tbs.co.jp/articles/atv/203499?display=1

    (出典 newsdig.ismcdn.jp)


    2022年11月14日(月) 15:41
    13日深夜、青森県八戸市のマンションの敷地内で未就学の男の子が倒れているのが見つかり、その後、死亡が確認されました。男の子は、マンションのベランダから転落したと見られてます。

    事故があったのは青森県八戸市番町(ばんちょう)のマンションで、13日午後11時過ぎ、10階に住む女性から近くの交番に、子どもが玄関の内側から鍵をかけて入れないと相談が

    ありました。警察が女性とともに自宅マンションを訪れたところ、敷地内で仰向けに倒れている男の子を見つけ119番通報しました。

    男の子は女性の子どもで、搬送先の病院で死亡が確認されました。
    女性の部屋のベランダには普段、子どもが室内で使っていた高さ45センチのパイプ椅子が

    出されていたということで、警察は状況などから男の子が椅子にのぼって、高さ124センチの手すりを乗り越えて転落したとみています。

    女性は、ごみを集積所に出すため部屋を離れていましたが、その際、男の子は寝ていたということで、警察が詳しい事故のいきさつなどを調べています。



    【【青森県】マンションの10階から4歳男児転落し死亡】の続きを読む


    白木 みのる(しらき みのる、1934年〈昭和9年〉5月6日 - 2020年〈令和2年〉頃(年月日非公表))は、日本の俳優、実業家。島根県八束郡八束村(大根島、現在の松江市)出身。本名、柏木 彰(かしわぎ あきら)。 愛称は「ベイビー」。 父の仕事の関係で日本と満州を往復して育った。小柄な体躯を活か…
    14キロバイト (1,802 語) - 2022年11月12日 (土) 06:11
    ご冥福をお祈りいたします。

    1 七波羅探題 ★
    スポニチ 2022年11月12日 03:00
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/11/12/kiji/20221112s00041000021000c.html

     「てなもんや三度笠」「スチャラカ社員」などで知られるテレビ創成期の人気タレント、白木みのる(しらき・みのる、本名柏木彰=かしわぎ・あきら)さんが2年前に亡くな

    っていたことが11日、分かった。島根県出身。死因は明らかにしていない。兵庫県芦屋市内に住む親族が本紙に「取材は一切お断りしていますが、亡くなったのは事実です」と認めた。

     1メートル40の小さな体から繰り出すハイトーンボイスでお茶の間をにぎわした個性派だった。15年ごろから体調を崩すことが多くなり、17年秋ごろから老人ホームに入り、静か

    な晩年を過ごしていた。14年に公開された映画「テルマエ・ロマエ2」で謎のラーメン店店主として出演。すっとぼけた調子で笑いを誘ったのが公に見せた最後の姿になった。

     幼少期は騎手を夢見ていたが中学生で歌手を目指した。山陰地方を流しのミュージシャンらと回っていたところ関西の劇場にスカウト。「ミサイル小僧」を名乗って舞台に立ち、吉本興業入りした後に本名の「柏木」から「白木」に改名した。

     61年に始まった朝日放送「スチャラカ社員」の給仕役で注目され、翌62年に「てなもんや三度笠」で藤田まことさん演じる「あんかけの時次郎」の相棒・珍念役に抜てき。その

    人気はすさまじく、関西地区では最高視聴率67・5%(ビデオリサーチ調べ)を記録した。タレントの西川きよし(76)が付き人を務めていたこともある。

     01年にはMr.ChildrenのCM、03年にはNHK朝の連続テレビ小説「てるてる家族」にも出演した。07年10月に開催された「御堂筋パレード」には藤田さんとそろって「てなもんや

    三度笠」号に乗って登場した。「“てなもんや”と言えば藤田」という風潮が面白くなく、藤田さんとは疎遠になっていたが、この時に和解を果たしている。

     タレント活動のかたわら「芸能界はいつまでできるか分からん」と早くから実業家の顔を持ち、不動産事業で成功。芦屋市内にマンションを1棟所有し、95年の阪神大震災時には自宅が全壊した女子学生に無償提供するなどして話題となった。


     ≪テレビ創成期を支える≫
     白木 みのる(しらき・みのる、本名・柏木彰=かしわぎ・あきら)1934年(昭9)5月6日生まれ、島根県八束村(現・松江市)出身。中学時代から歌手活動を始め、大阪の劇場にスカウトされテレビ創成期を支えた。生涯独身。

    【【訃報】テレビ創成期の人気タレント白木・みのるさん2年前に亡くなっていた。】の続きを読む


    一年以上前に女性が勤務する店に客として訪れ。「単なるお客様の一人でした」

    1 puriketu ★
    10日午後、北海道釧路市の駐車場で、好意を寄せていた20代の女性の車に傷をつけたとして、55歳の男が逮捕されました。

    器物損壊の疑いで逮捕されたのは、釧路市昭和中央に住む55歳のパート従業員の男です。
    この男は10日正午ごろから9時間半ほどの間に、釧路市の商業施設の駐車場で、20代の女性の乗用車のハッチバックドアに、
    カッターナイフのようなもので線状の傷をつけた疑いが持たれています。

    警察は、11日夜に男を逮捕するまでの具体的な経緯については明らかにしていませんが、
    男は1年以上まえ、女性が勤務していた店に客として訪れ、女性と知り合っていました。
    その後、女性に「大好き」などと言っていたものの、交際関係にはありませんでした。

    取り調べに対して55歳のパート従業員の男は「女性に対する好意が通じないことが不満だった」などと話し、
    容疑を認めているということです。
    警察は、男がストーカー行為をくり返していたとみて、引き続き調べをすすめています。
    https://www.hbc.co.jp/news/b008feecc65b734645565c1fea971aa7.html

    【【片思い】パート従業員(55)の男20代女性の乗用車に傷を付ける「女性に対する好意が伝わらなかったことが不満だった」】の続きを読む

    このページのトップヘ