おーるニュース

当ブログについて

    カテゴリ: エンタメ


    【ゲーム】11月10日「今日は何の日

    懐かしい・・・

    NO.9981278 2021/11/10 08:49
    ミニファミコン発売5周年。『スーパーマリオブラザーズ』『ロックマン2』『FF3』……いつでもファミコンに夢中だったあの頃の自分に戻れるマシン【今日は何の日?】
    ミニファミコン発売5周年。『スーパーマリオブラザーズ』『ロックマン2』『FF3』……いつでもファミコンに夢中だったあの頃の自分に戻れるマシン【今日は何の日?】
    文:カワチ

    手のひらサイズのファミコンがカワイイ!

     2016年(平成28年)11月10日は、通称“ミニファミコン”こと、ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータが発売された日。本日で5周年を迎えました。

     ミニファミコンは、1983年に発売された据え置き型ゲーム機ファミリーコンピュータの復刻版。いまでは多数登場している復刻版ゲーム機ブームの先駆けとなったマシンです。

     翌年に発売されたニンテンドークラシックミニ スーパーファミコンからはじまり、ネオジオミニ、PlayStation Classic、メガドライブミニ、PCエンジン mini、ゲームギアミクロ、アストロシティミニと、ミニファミコン以降、多彩なマシンが発売されました。ダウンロードゲームの手軽さもいいけど、やっぱり物理的なアイテムに心が踊る人が多いのでしょう。

     ミニファミコンは発売早々に各店舗で完売になり、2017年4月には、生産を一旦終了。2018年6月28日より店頭での販売を再開しました。なお、2018年10月に決算説明会資料ではミニファミコンとミニスーパーファミコンの全世界合計で1000万台以上が出荷されたことを発表しています。2年で1000万台とは、ものすごいヒットですね。

     ミニ系のマシンは小さくてかわいいのでインテリアになるのも魅力。モニターに繋いでゲームをプレイしていなくても、部屋に飾ったマシンを見ているだけで癒やされるのではないでしょうか。なお、自分は初代ファミコンとミニファミコンを親子のように並べて部屋に飾っています。

     このミニファミコンは当時のデザインそのままに、約60%のサイズまで小型化。コントローラーも小..
    【日時】2021年11月10日 08:00
    【ソース】ファミ通.com
    【関連掲示板】

    【【ゲーム】11月10日「今日は何の日】の続きを読む


    【テレビ】日曜劇場「日本沈没」ある画面にツッコミ殺到

    見てないから分からない。

    NO.9976546 2021/11/08 14:48
    「日本沈没」、高速道の渋滞シーンにツッコミ続々「元の動画海外じゃね?」「右側通行なの草」「中央道いつから4車線??」
    「日本沈没」、高速道の渋滞シーンにツッコミ続々「元の動画海外じゃね?」「右側通行なの草」「中央道いつから4車線??」
    俳優、小栗旬が主演を務めるTBS系連続ドラマ、日曜劇場「日本沈没-希望のひと-」(日曜後9・0)の第4話が7日、放送され、関東を脱出するクルマで大渋滞する高速道路を映し出すニュースの画面に、視聴者からツッコミが殺到する一幕があった。

    同作は、1973年に刊行された作家・小松左京氏によるSF小説「日本沈没」が原作。過去に何度も映画化、ドラマ化された名作の舞台を2023年の東京に移し、主人公をはじめ、主要人物にオリジナルキャラクターを配置するなど21年バージョンにアレンジ。小栗のほかに松山、杏、仲村トオル、香川照之ら豪華キャストが集結し、国家存亡の危機に立ち向かう人々の奮闘を描いている。

    第4話では、環境省の天海啓示(小栗)とサンデー毎朝記者の椎名実梨(杏)が“関東沈没”の機密情報を新聞にリークしたことで、政府は危機対策を開始。天海の進言を受けた総理大臣の東山栄一(仲村トオル)はついに、会見を開くことを決意した。時期や確率こそ明確にしなかったが、総理自ら関東沈没の可能性を認めたことで、人々は大混乱に陥った。

    【日時】2021年11月08日 14:11
    【ソース】iza

    【【テレビ】日曜劇場「日本沈没」ある画面にツッコミ殺到】の続きを読む


    【競馬】中央競馬「珍名馬次々と勝利」

    何でこんな名前なの?

    NO.9977009 2021/11/08 18:33
    中央競馬で「オニャンコポン」がデビューから2連勝! 「オレタチハツヨイ」「オヌシナニモノ」「アナゴサン」と珍名馬が次々勝利

    9月11日のJRAデビュー戦で、見事勝利を飾った競走馬「オニャンコポン」。「進撃の巨人」や「モンスターストライク」にも同名のキャラが登場するが、可愛らしい響きと裏腹にアカン語(主にアフリカで使われている言葉)で「偉大な者」という意味だそうである。

    参考記事:
    JRAの新馬戦で勝利した「オニャンコポン」がTwitterのトレンド入り! アカン語で「偉大なもの」 父はエイシンフラッシュ
    https://getnews.jp/archives/3106788[リンク]

    11月7日、百日草特別に出走したオニャンコポン。見事勝利しデビューから2連勝を飾った。



    次走はG1のホープフルステークスを目標にしているとのことで、なんとも楽しみである。



    そして、奇しくもこの日は、「オレタチハツヨイ」「オヌシナニモノ」「アナゴサン」といった、なんともユニークな名前の馬が次々と勝利をあげて話題となっていたようだ。それぞれ、今後の活躍に期待である。

    ※画像は『Twitter』より
    『Twitter』の埋め込み機能を使用し表示しています。ツイートが見れない方はコチラ
    https://getnews.jp/archives/3159930[リンク]

    【日時】2021年11月08日
    【提供】ガジェット通信

    【【競馬】中央競馬「珍名馬次々と勝利」】の続きを読む


     世界中で愛されている絵本『はらぺこあおむし』の出版を手掛ける偕成社6月7日毎日新聞が5日掲載した風刺漫画への抗議を、今村正樹社長名義で掲載しました。

    【抗議声明の全文】

     風刺漫画は「エリック・カールさんを偲んで… はらぺこIOC」と題し、あおむしに扮するIOCバッハ会長らが、リンゴならぬ「ゴリンの実(放映権)」を食す姿を描いたもの。イラストレーターのよこたしぎさんが、1998年から続くコーナー「経世済民術」上で発表しました。

     偕成社側は、風刺を行うこと自体は表現の自由の観点から異議を申し立てるものではないとしつつも、『はらぺこあおむし』のテーマである「あおむしのどこまでも健康的な食欲と、それに共感する子どもたち自身の『食べたい、成長したい』という欲求」が、金銭的利権への欲望を描く今回の風刺には不適当であると指摘。

     「『偲ぶ』という言い方をしていますが、おそらく絵本そのものを読んでいない」と前置き、「もし読んだうえでこの風刺をあえて描こうとしたのだとしたら、満腹の末に美しい蝶に変身する結末をどのように考えられたのでしょうか」として、作者と掲載を許した編集者双方に対し「不勉強、センスの無さを露呈したもの」と痛烈に批判。さらに毎日新聞に対しても猛省を求めたいとしました。

     今村社長による声明文は9日になりSNS上で広く拡散されはじめ、「完璧で冷静で痛烈なコメント」「『出版社が著作物を守る』というのはまさにこういうこと」と、称賛を集めています。

     『はらぺこあおむし』の作者であるエリック・カールさんは5月23日に91歳で死去。偕成社カールさんの親交は、同作が作られた1970年代から続くもの。当時、作中のしかけの製本技術が米国の出版社に無かったことから、カールさん側が偕成社に技術協力を依頼したことに端を発します。

     カールさんは2021年3月、作品の刊行45周年記念に寄せて、日本の読者に向け「この45周年は、『ユーモア』『優しさ』『成長』という『はらぺこあおむし』のテーマが普遍的であることのあかしです」とのメッセージを寄せていました。

    ※当初カールさんと偕成社の親交が1970年代から続いていたと記載していましたが、『はらぺこあおむし』が初めて発売されたのは1969年のため、本文を一部修正しました。また日本版の初版は1976年発売です(6月9日15時追記)

    『はらぺこあおむし』は2021年に刊行45周年を迎えた(画像はAmazon.co.jpより)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    これは行き過ぎだと思います。

    <このニュースへのネットの反応>

    【【風刺漫画】「はらぺこあおむし」の出版を手掛ける偕成社、毎日新聞が5日掲載した風刺漫画に抗議!(画像)】の続きを読む


    ゲーム続かない?

    ゲーム続かない?

    小学生の頃、一晩一人で留守番するという滅茶苦茶な状態に直面したことがあった。片親だったんだけど、母は当時まだ若く、多分男と一緒に温泉にでも行ってたんだろう。

    その夜のことは、今でもよく覚えている。スーパーファミコンの『新SD戦国伝 大将軍列伝』を眠くなるまでひたすらプレイできたのだから。あれは最高な夜だった。

    中学に入ってからはプレイステーションの『ファイナルファンタジー8』や『ゼノギアス』、『サガ フロンティア』と『ギレンの野望』のPS移植版に没頭した。あまりに時間を忘れて熱中するので、かつては我が子を一晩放置していた母親にすら怒られる始末だったが、過去の放置っぷりを覚えているのでさっぱり相手にしなかった。

    本当に、24時間ぶっ続けで遊べたし、結果的に睡眠不足で頭にハゲがいくつも出来て恥ずかしい思いをした(笑) しかし、今もゲームを楽しんで入るんだけど、往時の熱量で遊ぶことはなくなった。もう、遊んだ傍からやめたくなる。(文:松本ミゾレ)

    「何故か分からないけど途中で面倒くさくなっちゃう。若い頃はずっとやってたのにな」

    先日、ガールズちゃんねるを閲覧していると「ゲームが続かない【やる気出ない】」というトピックを発見した。トピ主は学生の頃からゲーム好きだったそうで、現在34歳。

    しかしゲームに対しての熱意が昔ほど強くなくなったようで「最近クリアまでゲームが続きません。面白くない訳ではないです、忙しい訳でもないです、ただ面倒くさくなります」と書き込んでいる。

    さらに途中で攻略を放置した、いわゆる”積みゲー”も溜まっているという。僕も同じような状態に陥っているので、そういう意味では仲間だと思えた。で、このトピックを見ていくと、そういう人は相当多いようだ。

    「私も『モンハンライズ』放置して3週間経ったよ」
    「分かるけどそれ、老化だよね」
    「何故か分からないけど途中で面倒くさくなっちゃう。若い頃はずっとやってたのにな」
    「やり始めたらやるんだけど一回何かのタイミングでやらない時が続くとソフトにホコリかぶってるよ」
    「まず、OPの長いムービーから最初の操作説明みたいな段階で飽きる」

    このように、ゲームが続かないと嘆く大人たちの声がわんさか書き込まれていた。掲示板の性質上ほとんどは女性の書き込みだろうけど、正直男も女も関係なく、30代ぐらいからゲームに没頭するってあんまなくなるよね。

    三十路越えると花鳥風月を愛でるようになることも

    僕の小学校時代からの友人たちは、割と昔からゲーマーというか、ゲームオタク気質が多い。それこそ今もパソコンでFFをしてる人もいるし、色んなジャンルに次々と手を出している人もいる。

    だけど、そういう連中も子供の頃と比べると、やっぱりゲームへの没頭具合が弱まっている。今も瞬間最大風速はあるんだけど、それが長続きしなくなるというか、そんな感じになっている。

    そしてこれは僕もそうなんだけど、ゲームへの熱量、愛着がなくなった一方で、植木とか、景色とか、天候とか、いわゆる花鳥風月に興味が移ってるのだ。僕の場合はベランダガーデニングとかビオトープ、河川や池を観察するとか、そういうことがとにかく楽しく感じられるようになった。それも年々強まっている。

    他の友人たちは、自宅にハスを植えたり、家庭菜園をしたり、小鳥を飼うようになったりしている。ゲームの話は今もするけど、それ以外のジジ臭い趣味に目が向くようになっている。

    今の僕はゲーム機の電源を入れ、デイリークエストを消化するよりも先に、メダカを眺めることを優先するようになっちゃった。子供の頃の僕が今の僕を見たら、多分困惑するんだろうなぁ。

    ただ、今年の4月にリリースされた『サガ フロンティア』のHDリマスターだけは別腹で、死ぬほど没頭して一気にキャラクリアしたし、新たに解禁されたヒューズ編も全て消化した。

    マジで最低限の睡眠と食事しかせずぶっ続けでやってしまい、ある程度満足する頃には4キロ痩せていた。僕にとってはサガフロは例外中の例外だったようだ。世紀が変わろうと元号が変わろうと、跳弾跳弾跳弾多段散水なのだ。

    老化現象?「ゲームが続かない」という人々の声 「モンハンライズ放置して3週間」「最初の操作説明で飽きる」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    年齢とともに飽きてくるのは普通ではないでしょうか?

    <このニュースへのネットの反応>

    【【ゲーム】「ゲームが続かない・飽きる」老化現象?】の続きを読む

    このページのトップヘ