おーるニュース

一般ニュース
  芸能・お笑い
その他の情報など配信
よければお立ち寄りください

    2021年07月


    大坂なおみ日本人なのか?」

    オーストラリアの日刊紙「オーストラリアン」電子版が2021年7月24日に公開した記事が波紋を広げている。

    記事では同国のスポーツライターが、テニス女子・大坂なおみ選手を東京オリンピックの最終聖火ランナーに選んだことは「間違いだった」と主張。これに、各国のメディアから批判が続出しているのだ。

    「何か気まずい感じがする」

    記事を執筆したのは、オーストラリアスポーツジャーナリストウィルスワントン氏。同国の優れたスポーツ報道を表彰する「SportAustralia MediaAwards」を7回受賞した経歴を持つ。

    記事のタイトルは『How Japanese is Naomi Osaka?』(大坂なおみ日本人なのか?)。スワントン氏はまず、1964年東京オリンピックの最終聖火ランナーに選ばれた、陸上選手・坂井義則氏について触れる。

    オリンピックの火を灯したのは、広島が核爆弾で破壊された日に生まれた一人の男だった。彼は、第二次世界大戦の灰の中から日本が立ち上がったことを示すために、無名の人の中から選ばれた日本人紳士だった」(日本語訳、以下同)

    スワントン氏は坂井氏の起用について「クラブレベルランナーで、本物のオリンピック選手の足元にも及ばなかったが、それは関係ない。炎はスポーツを超えている」とする。

    スワントン氏はここから、今回の大坂選手の最終聖火ランナー起用は「不適任」だった、との論を展開する。

    「下品に聞こえるかもしれないが、彼女はちょっとした吹き溜まりだ。彼女はフロリダからここ(日本)に飛んできて出場した。もっと良い候補者がここ(日本)で育ったのだ」
    「大坂は1997年、大阪の中央区で生まれた。母親の環さんは日本人。父はハイチ人である。大坂が3歳のとき、一家はアメリカニューヨークロングアイランドに移り住んだ。それ以来、大坂はずっとアメリカにいる。もしこれがステート・オブ・オリジンオーストラリアラグビーオールスター戦)の資格規定であれば、彼女は今大会でアメリカジャージを着ているはずだ」

    スワントン氏は「彼女は日本の伝統を誇りに思っている」としつつ、「日本の一般の人々からは、彼女との深いつながりは感じられない」「何か気まずい感じがする」などと意見。「彼女にライターを渡したのは間違いだったと思う」と主張した。

    一方で、スワントン氏が最終ランナーにふさわしかったとしたのは、元プロ野球選手王貞治氏、ソフトボール日本代表、元柔道選手の野村忠宏氏、新型コロナウイルスパンデミック下で働く医師・看護師の4組だ。

    特に、王氏については「日本で最も尊敬されているアスリートであり、868本のホームランの世界記録を持つ野球選手である」と説明。「崇拝されている81歳であれば、日本人ティッシュを手に取っていただろう」とした。

    台湾メディアは「矛盾」を指摘

    記事はオーストラリア国内で大きな波紋を呼んだ。問題視されているのは、スワントン氏の「人種」に対する認識だ。

    同国のジャーナリストマーク・フェンネル氏はツイッターで24日、自身も混血児だとした上で「このようなことはしないでください。周りの人が自分の人種を判断したがる世界で育つのはゴミのようなものです」と投稿。インターネットメディアJUNKEE」も25日の記事で「外国人嫌いでナショナリスト的なレトリックで溢れている」とスワントン氏を批判した。

    国外にも波紋は広がった。27日には、イギリスの日刊紙「The Times」電子版で『If Naomi Osaka thinks she's Japanese, that's good enough for me』(大坂なおみ日本人だと思っているなら、それで十分)と題したコラムが掲載された。

    執筆したライターのサラ・トーア氏は「生まれた国、住んでいる国、母国語、市民権、パスポート、内なる感情、どれがあなたの民族性を決定するのでしょうか?『The Australian』紙のスポーツレポーター、ウィルスワントン氏は、居住国が唯一の重要な情報であると考えているようです」と指摘。

    さらに「2歳からイギリスに住んでいるトルコイギリス人女性として、私は大坂選手のテニスラケットスワントン氏の頭を殴ってやりたいと思っています」と、強い表現で批判した。

    台湾の日刊新聞「中国時報」電子版は、スワントン氏の「矛盾」を指摘した。27日の記事『大坂なおみは「東洋のオリンピック」で聖火を灯すには不十分なのか? オーストラリアメディア:彼女は日本人には見えない』では、スワントン氏が王氏を最終ランナーに推薦したことに対し、次のように指摘している。

    王貞治も純粋な日本人ではないことに気づいていなかったのかもしれない」

    王氏は日本出身だが、父は中華民国籍。日本以外の国にもルーツを持っている。

    尋ねるべきは「誰なのか」

    28日には、オーストラリアで展開するメディア「The Conversation」が、この問題に言及する記事を配信した。記事のタイトルは『Yes, Naomi Osaka is Japanese. And American. And Haitian』(ええ、大坂なおみ日本人です。アメリカ人です。ハイチ人です)。スワントン氏の記事『How Japanese is Naomi Osaka?』に対する「アンサー」とみられる。

    記事の執筆者は、豪クイーンズランド大学で日本文化を研究するイーファ・ウィルキンソン氏。同氏は「大坂なおみ2020年東京オリンピック開会式で大釜に火をつけた。この栄誉は世界に重要なメッセージを送りました。大坂は多様化する日本を代表しています」と主張。スワントン氏とは対照的に、大坂選手の最終ランナー起用を評価した。そして、こんな問いを投げかけた。

    「彼女が本当に日本人なのか疑問に思う人もいます。代わりに私たちが尋ねるべき質問は(大坂なおみ日本人なのか、ではなく)大坂なおみとは誰なのかということです」

    ウィルキンソン氏は、日本・アメリカの二重国籍だった大坂選手が、19年に日本国籍を選んだ背景などに迫ったNetflixドキュメンタリーNaomi Osaka(大坂なおみ)』の内容を引用した。

    ドキュメンタリーの中で大坂は、日本国籍を取得することは当然の決断だったと語っています。『14歳のときから日の丸を背負ってプレーしていました』『日本のためにオリンピックプレーすることは、秘密でも何でもなかったんです』」

    ウィルキンソン氏は複雑なバックグラウンドを持ちながらも、アメリカ国籍を放棄し、日本国籍を選んだ大坂選手の声に「耳を傾けるべき」と主張。「アスリートは商品ではなく、スーパーマンでもありません」と訴えた。

    大坂選手は最終ランナーとして聖火台への灯火を終えた直後の24日未明、SNSでこう語っている。

    「間違いなく、私がこれまでに経験したことのない最高の運動の成果と名誉です。今の気持ちを表す言葉はありませんが、今は感謝と感謝に満ちていることは知っています。愛してる。みんなありがとう
    大坂なおみ選手(2018年撮影)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ていうか、開会式の「ドローン」しか感動しなかったですね。

    <このニュースへのネットの反応>

    【【五輪開会式】最終聖火ランナー「大阪なおみは日本人なのか?」=オーストラリア日刊紙(画像)】の続きを読む


     近年、中国に対して良くない印象をもつ日本人が多くなっていることが、日中世論調査によって明らかになっている。ここ数年で対日感情が大きく改善した中国とは対照的だ。なぜ日本人は中国に好感を持てないのだろうか。中国のQ&Aサイト知乎にこのほど、日本人が中国に好感を持てないのには「2つの理由がある」とする文章を掲載した。

     記事の中国人筆者によると、日本人に対して「中国人が嫌いか」と質問すると、匿名での回答ならほとんどの日本人が「嫌い」と答えるだろうと主張する一方、これは中国が日本に対して何か悪いことをしたからというわけではないと強調した。

     では、なぜ日本人中国人に好感を持てないのだろうか。記事の中国人筆者は、日本人は「自惚れと劣等感」があるので中国人を好きになれないのだろうと分析した。「自惚れ」については、明治維新以降、アジアで「先駆者」となり近代化に成功し、戦後も急速な復興を成し遂げて経済大国となったので、「自惚れるようになった」と論じた。一方の中国は、近代において貧しく虐げられる時期が続いたので、日本人中国人を軽視するようになったと主張している。

     同時に日本は、中国に対して「劣等感」も持っているという。自惚れとは矛盾するようだが、歴史を振り返ると日本が中国に対して優位になったのは近代のごく短期間に過ぎず、それ以前の長期間と現在では中国に圧倒されているため「劣等感」を持っていると主張した。そのため、ますます強くなる中国を排斥したがるのだと主張した。

     記事の中国人筆者の主張は、中国はなにも悪いところはなく、日本が勝手に中国に対して否定的な感情を抱いているということのようだが、実際にはいわゆる「戦狼外交」もあって、最近の中国は世界中で好感度を下げているのが現実ではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

    日本人が中国に「好感を抱かない」理由がわかったぞ=中国


    (出典 news.nicovideo.jp)

    呆れた記事ですね。

    <このニュースへのネットの反応>

    【【中国】中国人に好感を持てないのは日本人だけ?(画像)】の続きを読む


    数々の国際試合でメダルを獲得している、卓球の水谷隼選手。

    日本国内はもちろん、世界からの注目度も高い卓球選手の1人です。

    水谷選手は、2021年7月28日Twitterを更新。寄せられているダイレクトメッセージに言及しました。

    水谷隼、寄せられる誹謗中傷メッセージにコメント

    Twitterダイレクトメッセージは、送信者と受信者しか見ることができません。

    水谷選手は、ダイレクトメッセージ誹謗中傷の言葉がたくさん届いているといいます。

    しかし、水谷選手はそのような言葉に対して「免疫がありすぎる俺の心には1mmもダメージはない」とコメント

    「それだけ世界中を熱くさせたのかと思うと嬉しい」と明るい言葉とともにつづりました。

    投稿には「かっこいい」「最高の返しだと思う」「さすが一流アスリートはメンタルが強い」などの声のほか、アスリートからは「同じように何百件もの誹謗中傷が来る」といった声も寄せられていました。

    2019年にも、送られてきたダイレクトメッセージTwitterに公開し、「そんなにいじめないで」と廊下の隅で足を抱える写真を投稿していた水谷選手。

    相手がどこの国の人であれ、誹謗中傷をしてはいけません。外部から見ることのできないダイレクトメッセージで送る点に、悪意を感じます。

    ネットの向こうには、傷付く心を持つ人がいることを十分に理解した上でメッセージを送ってほしいものです。


    [文・構成/grape編集部]

    出典
    @Mizutani__Jun


    (出典 news.nicovideo.jp)

    これぞアスリート、おめでとうございます。

    <このニュースへのネットの反応>

    【【オリンピック】卓球水谷選手・たくさんの誹謗中傷「俺の心には1mmのダメージもない」(画像】の続きを読む


    代替テキスト

    7月27日東京都新型コロナウイルス新規感染者数が2,848人になったと報じられた。ネットで波紋を呼んでいる。

    東京都は26日に新たな感染者数が1,429人と報じられたばかり。これは前週月曜日のおよそ2倍もの数であり、驚く声が。しかし翌日の27日、『時事通信』によると東京都の新規感染者数は2,848人に。これまでの最多は1月7日の2,520人だったため、300人以上も上回ることとなったという。

    今月12日、東京都緊急事態宣言が発令された。今回で4度目となるが、そんななか新規感染者数は過去最多に――。そのためネットでは「緊急事態宣言って何?」と疑問視する声が上がっている。

    《今ってさぁ緊急事態宣言出てるんだよね?》
    《もう緊急事態宣言とか意味ないじゃん》
    《こりゃ緊急事態宣言ださなきゃいけないね!…えっ?もう出てるの????》
    緊急事態宣言って何なんだろう…》

    小池百合子都知事(69)は昨年12月東京五輪について「人類が一丸となって、このコロナに打ち勝った証として(中略)皆様と『プラスワン』の日々を積み重ね、大会を成功に導いていきたい」と発言。さらに今月15日には『Bloomberg』の取材に対して「東京五輪は、世界が新型コロナ感染症が引き起こした問題に立ち向かおうと団結する中、希望の光となる極めて重要なイベントだ」と語っている。

    しかし打ち勝った証も、希望の光も、まだまだ遠いところにあるようだ。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    これ以上増えたらオリンピック中止もあり?

    <このニュースへのネットの反応>

    【【新型コロナウイルス】「緊急事態宣言って何?」と疑問視する声・東京都新規感染者2848人(画像)】の続きを読む


    代替テキスト
    (写真:アフロ

    ゴール後の選手が嘔吐してたらしいし、選手の今後の体調がめちゃ心配だわ……》
    《競技後に嘔吐するトライアスロン選手…気の毒すぎる》
    《アスリートファーストがこれか》

    7月26日に開催された東京五輪のトライアスロン。その競技後、選手が嘔吐していたと『AFP』が写真付きで報じ、ネットで波紋を呼んでいる。

    トライアスロンは「スイムの会場となる東京湾の水質に問題があるのでは」とかねてから疑問視されていた。『ABEMA TIMES』によると「雨の水と生活排水を一緒に下水処理場に運んで、そこで処理をして」東京湾に排水。しかし「(ゲリラ豪雨などで)あまりにも水が大量にきてしまうと、しょうがないから『これは塩素だけ混ぜて殺菌して海に流しちゃえ』としているのが現状」とのことだ。

    そのためネットでは嘔吐について《東京湾の水質の影響なのでは?》《ゴールした後嘔吐してる人がいて、お台場の水質はやっぱダメだったじゃん!!って思った》《トライアスロンの人がめちゃくちゃ嘔吐して倒れてるの見ちゃったんだけど、会場の水質やばいのでは》と「東京湾の水質が原因」とする声が上がっている。

    そのいっぽう、もう一つの“疑惑”が浮上している。それは気候だ。日本の夏は“高温多湿”であるため「東京五輪は暑すぎるのでは」と指摘されていた。

    23日には、アーチェリーロシア人選手が熱中症で倒れる事態に。さらに『スポニチ・アネックス』によるとトライアスロンの前日に開催された男子テニスでも、ダニールメドベージェフ選手(25)が「信じられないほど暑い」と訴えていたという。

    そのため「嘔吐の原因は熱中症では?」とし、ネットにはこんな声が上がっている。

    《多分熱中症だぞ。暑い時期のトライアスロンの大会でぶっ倒れるのはよく見る》
    《この暑さの中連続で1.5km泳いで40km自転車漕いで10km走ったらそりゃ誰でも吐くで》
    《これのどこが「スポーツするのに最適な気候」なんだよ7月の日本》

    双方の意見が分かれるなか、「どっちにしろ酷いのでは?」との声も。

    《「多分熱中症だし東京湾が汚いからとは限らない」みたいな擁護がわいてたけど、熱中症になる可能性が高いのわかっててやらせてるのがそもそもダメだし、東京湾もどのみち最初から選択肢としてダメなんだよ……》
    《トライアスロンの嘔吐。水質によるものか、猛暑によるものか知らんけど、どちらにしても選手虐待》
    《トライアスロン後の嘔吐は汚水のせいじゃなくて熱中症かも!て言ってる人間おるが、どっちにしろ日本と東京に責任あるだろ スポーツに適した環境です!て招致したのに熱中症患者続出じゃ庇えないわよ》
    《トライアスロンくらい過酷で炎天下だとそりゃ嘔吐もするよなと思いつつも、映像の水質で泳いでくださいと言われたら秒で断ります》

    猛暑の東京湾。日本の「おもてなし」を選手らはどう感じただろうか?



    (出典 news.nicovideo.jp)

    過酷なレースにこの暑さの中トライ。みんな頑張って~

    <このニュースへのネットの反応>

    【【トライアスロン】競技後嘔吐する選手・これでいいのか”おもてなし”(画像)】の続きを読む

    このページのトップヘ