ニュースちゃん24

ニュース全般
  芸能
社会・生活
閲覧 ありがとうございます

    2021年04月


     日本で食されている食肉は主に鶏肉、豚肉、牛肉の3種類だ。羊肉も食されているが消費量は非常に少ない。中国メディアの百家号は1日、日本人が羊肉をあまり食べない理由について紹介する記事を掲載した。

     記事はまず、日本は美食の種類が豊富だと紹介。寿司や刺身、ラーメンのような料理から、たこ焼きなどのB級グルメまで幅広く、日本の「食文化」は外国人観光客の楽しみの1つとなっていると伝えた。

     日本の食文化は幅広いはずなのに、なぜ羊肉の消費は非常に少ないのだろうか。記事の中国人筆者はその理由を4つ分析している。まずは「羊肉食の歴史が浅いこと」。北海道で養羊が奨励されるようになったのは明治時代になってからであり、羊肉は長い間、日本人にとって「身近な存在ではなかった」と強調した。

     さらに2つ目は「放牧できるような土地が少ないこと」を挙げた。山が多く、森林率が高い日本では、平地が少ないため大規模に放牧できるのは北海道くらいしかないと伝えた。3つ目は「肉食自体が長く禁止されていたこと」。肉食禁止令により、肉食そのものを1000年以上避けていたため、羊だけでなく肉食そのものの歴史が浅いとした。4つ目は「淡白な味を好む習慣」。日本には食材の味そのものを楽しむ習慣があり、淡白な味付けが多い。そのため独特のにおいのある羊肉は敬遠されるのではないかとした。

     中国では「羊肉」は非常に身近な食材であり、街に出れば羊肉を串に刺して焼いて提供する露店があちこちに存在する。ちなみに、中国でいう「羊肉」はヒツジ肉とは限らない。中国語ヒツジは「綿羊」、ヤギは「山羊」というが、どちらの肉も「羊肉」と呼んでおり、特に中国南方や台湾では「羊肉」と言えは「ヤギ肉」を指すようだ。いずれにしても日本ではどちらの肉もあまり食されていないのは事実であり、中国や台湾に行く機会があれば試してみるのも良いかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

    美食が豊富にある日本、どうして「羊肉」を食べないの?=中国


    (出典 news.nicovideo.jp)

    牛・豚・鶏・羊 「ブレーメンの音楽隊」

    <このニュースへのネットの反応>

    【(食)「日本はなぜ羊肉をたべないの?」・中国】の続きを読む


     アメリカニューヨークで29日、アジア系女性が通りすがりの男に暴行を受けた。防犯カメラが暴行の瞬間を捉えている。

    【映像】アジア系女性を踏みつける男(冒頭~)

     突然、女性の腹のあたりを蹴り上げる通りすがりの男。さらに、倒れた女性を繰り返し踏みつける。映像には、画面手前のアパートのドアマンが、女性を助けずにドアを閉める姿も残されていた。

     ニューヨーク市警は31日、この女性に暴行した疑いで38歳の男を逮捕したと発表。暴行を受けたのは、65歳のアジア系女性で、女性は骨盤を折ったほか、頭にけがをした。

    ABEMA/『ABEMAヒルズ』より)
    男がアジア系女性を繰り返し暴行…腹を蹴られても周囲は無視 米・ニューヨーク


    (出典 news.nicovideo.jp)

    この人が何をしたというの?怒りの矛先が違うと思う。

    <このニュースへのネットの反応>

    【(海外ニュース)アジア系女性(65歳)が通りすがりの男に暴行を受ける】の続きを読む


    代替テキスト

    政府は4月1日新型コロナウイルスの感染が再拡大している大阪府兵庫県宮城県に「まん延防止等重点措置」を適用すると決定した。各紙によると全国で初となり、期間は4月5日から1カ月間だという。

    大阪府では3月下旬から新規感染者が急増し、吉村洋文知事(45)は3月31日に政府に“まん防”の要請を決定。今回の適用は、大阪府の要請を受け入れたかたちとなった。

    新型コロナ対策の改正特別措置法によって新設された“まん防”だが、3月21日に解除された緊急事態宣言とは実質的にほぼ同じだという。全国紙記者は語る。

    「改正特措法では、知事に時短要請・命令の権限が与えられました。この“まん防”でも、知事による要請・命令が可能です。

    まん防は、緊急事態宣言のように感染爆発を指す“ステージ4”に至らずとも適用できます。いわば、予防といった位置付けでしょうか。

    あとは目立った違いといえば、罰則の過料。宣言では30万円のところ、“まん防”では20万円になっています」

    そんななか関心が高まっているのは、措置の適用に伴う支援や補償だ。

    メディアによると政府は時短営業に応じた飲食店に対し、一律ではなく規模に応じて協力金を支払うとのこと。措置の適用中は、1日4万円から10万円。売上の減少が大きい企業は、最大20万円支給されるという。

    さらに支援は、食材やおしぼりといった納入業者などの取引先にも拡大。1カ月あたり個人で最大10万円、法人で最大20万円が給付されるという。

    「協力金は額だけでなく、支給スピードの遅さも問題視されています。大阪での時短要請が始まったのは、昨年11月。翌12月に申請してもいまだ支給されず、廃業の危機にさらされている店が何件もあるといいます。

    いっぽう先日は、厚労省の職員23人が深夜まで送別会をしていたことも明らかになりました。しかし、彼らのように自粛を守らない人に罰則などはありません。また『宣言や措置をとる度に飲食業界にだけ焦点を絞るのは不公平だ』との指摘も相次いでいます」(前出・全国紙記者)

    “まん防”を適用するにあたって、ネットでは不満が爆発している。

    まん延防止等重点措置が出されたけど緊急事態宣言と大差ある? 意味の無い事するの好きだなw 結局は飲食店だけ規制 飲食店だけって思ってる時点で改善はしない》
    《いつまで飲食業いじめみたいな事を続けるんだろ? 緊急事態宣言したって一時的には減っても解除すればすぐに元通りか激増するだけ、「まん防」にしても結果は見えてると思う。事業者だけに責任を押しつけるのでは不公平、対策しても減らないのは利用する側にも問題がある》
    《まん防発動するなら閣僚に対して発動するのが先やろ こんなん発動してもまた議員とか闇会食して問題なるだけ》



    (出典 news.nicovideo.jp)

    もっと具体的な策はないのでしょうか?

    <このニュースへのネットの反応>

    【(ニュース)「まん延防止等重点処置」を適用にネットで不満爆発!】の続きを読む


    電話は新入社員が受けるべき?

    電話は新入社員が受けるべき?

    電話代行サービスを開発・運営する「うるる」は3月31日、「職場の電話対応の実情」に関する調査結果を発表した。調査は3月にネット上で実施し、東京、神奈川、千葉、埼玉、愛知、大阪の6都府県に住む22~59歳の会社員400人から回答を得た。

    「会社への電話を不要と感じたことがある」と62.8%が答えた。新入社員に限ると、64%が回答。理由を聞くと「取り次ぎが無駄だから」「直接携帯にかけてほしい」「email で対応可能だと思うことが多い」といった声が寄せられた。

    「自分が出なければならない」と63.3%が義務感を感じている

    「昔と比べて電話の必要性を感じていない」と答えたのは63%。総務部門の社員に限ると、72.2%が「あまり感じていない」「まったく感じていない」と回答した。理由としては、

    「他の人が受けても問題が無いため」
    メール、問い合わせメールチャットZoom等でまったく不便ではないので」

    といった声が寄せられた。ビジネスチャットツールなどが普及したことも、電話の重要性が薄まっている要因になっているようだ。

    また、66.3%が「会社への電話を受けることに対してストレスを感じる」と回答。主に「業務が中断されるから」「電話対応に時間がかかるから」「電話の取り次ぎが面倒だから」といった理由が挙がった。

    一方で「会社への電話は自分が出なければならない」と義務感を感じている人も63.3%にのぼる。新入社員からは「新人が電話を受ける風習で、上の方々は皆経験してきているから」、総務部門の社員からは「業務の一部なので仕方がない」などの理由が挙げられた。

    同社は「会社宛ての電話は新人が取るべき」「総務部門社員が電話に出るのは当たり前」といった職場の慣習や空気感により、”年齢や肩書によって電話対応を押しつけられる状態”を「TELハラ」と命名。新しい職場のハラスメントとして捉えているという。

    "会社宛ての電話は新入社員が受けるべき"は「TELハラ」 「ストレスを感じる」と会社員の7割が回答


    (出典 news.nicovideo.jp)

    若い内にいろんな経験をしておいた方がいいのでは・・・

    <このニュースへのネットの反応>

    【(TELハラ)”会社宛ての電話は新入社員が受けるべき”】の続きを読む



    1 孤高の旅人 ★

    NHK放送の東京五輪キャッチフレーズ決定
    4/1(木) 17:32配信 日刊スポーツ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/ca1fdc42e338ef2422718126c4dff2c982342d1c

    NHK前田晃伸会長(76)の定例会見が1日、東京・渋谷の同局で行われ、同局で放送する東京オリンピック(五輪)・パラリンピックのキャッチフレーズが「私たちは、超えられる。」に決定したと発表した。

    担当者は、医療従事者や飲食業界、イベント関係者やアスリートらコロナ禍で奮闘する人々の存在に触れ「その一歩がぜひ実を結び、世界がより良い方向へ向かう年になって欲しいという願いをこの言葉に込めました」と説明。

    「越える」ではなく「超える」と漢字をあてたことについては、「『越』の方ですと、塀とか具体的なものを超えるイメージがある。『超』は観念的なことやさまざまなことを超えていくイメージがあると思う。どちらがいいか議論したが、コロナを向き合いつつ、よりよい世界になって欲しいという大きな思いを込めて、こちらの漢字を採用した」と話した。


    (出典 wisard-hp.com)


    【(東京五輪)キャッチフレーズ決定「私たちは超えられる」】の続きを読む

    このページのトップヘ