(写真:アフロ)

9月23日、ラーメン界に衝撃的なニュースが走った。東京・渋谷区にあるラーメン店「Japanese Soba Noodles 蔦」の公式アカウントがTwitterでこう報告した。

《訃報のお知らせ Japanese Soba Noodles 蔦 オーナーシェフ大西祐貴が享年43歳にて急逝いたしました。ここに生前のご厚誼に心より感謝し謹んでお知らせ申し上げます》

2016年に「ミシュランガイド東京」で一つ星を獲得し、都内屈指の有名店である同店の店主・大西氏が43歳の若さで亡くなったというのだ。

公式アカウントは続けて《親族、ご友人の皆様と喪に服すと共に、世界中のスタッフが一心となり、故大西祐貴の遺志を継げるように努めてまいります》とした上で、《大西祐貴は、世界

で初めてミシュランの星を獲得したラーメン店「Japanese Soba Noodles 蔦」を創業し、国境を越えて世界的にラーメンの人気を確立させた、才能に満ち溢れたシェフでした》とその功績を讃えている。

大西氏の訃報に、ネット上では《うえ、蔦の店主さんマジか…》《うぉおおおおおおおまじかよ、これはかなりショックだわ。 蔦の店主お亡くなりになったのか》と驚く人が続出。

フードジャーナリストも言う。

「大西さんは高校卒業後に実父が経営するラーメン店で4年ほど経験を積んだのちにファッション業界に転職。その後、28歳でまた実父の店で修行し直し、12年に東京・巣鴨に蔦をオープンさせ、たちまち話題に。19年12月に渋谷の代々木上原へ移転しています。

ミシュラン一つ星を獲得するだけでもすごいことですが、そもそもラーメン店でミシュランの星を獲得したのは蔦が世界で初めて。これは歴史的な偉業です。16年から19年まで4年連続で一つ星を獲得し続け、連日、海外からも大西さんのラーメンを求めてくる人が絶えませんでした」

日本のラーメン界の歴史を塗り替えた大西氏の突然の死。そんななか、ネット上では生前の大西氏の投稿が波紋を広げている。9月14日、大西氏は同店の公式Twitterアカウントでこう報告。

《大西です。 すみません、昨晩愛猫に左手を本気で咬まれ、今朝起きたら腫れていて激痛です。 湯切りと鍋を持つことが困難だったので、おやすみしとりあえず今から皮膚科に行ってきます。 ご迷惑をお掛けし申し訳ございません。 金曜日には復帰出来るように致します》

13日に飼い猫に手を噛まれ、休業することを発表した大西氏。すぐ復帰できるかと思いきや、16日には《店主大西の左手の腫れと痛みがあり調理困難の為、本日も臨時休業とさせていただ

きます。 ご不便をお掛けし申し訳ございません》と長引いていることをTwitterで報告。20日にも諸事情による休業を綴り、その後ふたたび開店することないまま23日に訃報が届けられたのだ。

死因は明らかにされていないものの、愛猫に噛まれた10日後に急死が発表されたことにもネット上では絶句する人が。

《蔦の店主が猫に手を噛まれ、ラーメンを作れないから休業していたと思ったら、亡くなられたらしい 全く世の中何があるか分からないものだ》


《蔦のオーナーが猫を手を噛まれてそのまま10日後に急逝?嘘だろ……名実ともに日本最高峰のラーメンと認められた人が、、、まだ食べに行けてなかったのが残念で仕方ない……》



(出典 news.nicovideo.jp)

“「ミシュラン」ラーメン」が一部休業 長蛇の行列拍車で苦情急増「もう難しい」”. J-CASTニュース. 2015年12月17日閲覧。 ^ a b “世界初の1つ星ラーメン店、2号店蔦の葉と本店“二毛作”は休業へ。”. narinari.com. 2015年12月17日閲覧。 ^ ミシュラン星獲得のラーメン店
8キロバイト (1,020 語) - 2022年9月23日 (金) 19:31


猫ちゃんに噛まれたことは関係あるのかな?ラーメンでミシュランの星ってすごいですよね。ご冥福をお祈りいたします。

<このニュースへのネットの反応>

狂犬病?





ネズミ食った口で噛まれちゃったかな


犬に顔舐められただけで*だ奴もいるし


マジか、チルド麺の名店シリーズしか食ったことないけど美味かったからいつか本店行きたいと思ってたのに


季節的にも症状的にも典型的な「猫ひっかき病」なんだけど、免疫がかなり落ちてるとか血液中に細菌が入り込んだりしなければ、めったに重症化しないはずなんだけどね。 


猫に日常的にひっかかれたりしてる人が敗血症にかかった話を見たけどこれも似たようなもんなんかな


猫に噛まれたと発表したが、実際はもっと重大な(絶望的な)感染症だったんじゃないのかね。


本当に猫が原因かはわからないが、猫のその後が心配


ええ!?ペット怖い


傷口から感染症ですかね、、、病院に行ってるって事は検査待ち中にぽっくりかな猫ちゃんもご主人も可哀そうに


狂犬病はもっと潜伏期間長いはずだし、SARSとか?


まあ敗血症だろ、ネコも犬もだけど割と致命的な菌持ってるから


敗血症って治療が早ければほぼ治るんじゃなかったっけ。翌日病院いってないなら敗血症が怪しいけど、普通に病院いってるんでしょ


他のニュースをみると死因は急性心不全で、猫に咬まれたことが原因というのは遺族が「全くの事実無根」「こうした報道がなされ故人が一番悲しんでいると思う」と完全否定しとるよー(実際、手が腫れたあと暫くしてから仕事に復帰してたらしい)(;´・ω・) 


ネコは【狂犬病ウイルス、トキソプラズマ原虫、クリプトコッカス菌、カンピロバクター、サルモネラ、スピロヘータ、大腸菌、クラミジア、ダニ、ノミ、ネコ回虫、野兎病、ネコひっかき病】など大量の病原体を保有する衛生害獣です。触ってはいけません。


たとえ「事実をただ記述したに過ぎない」と言えども、この題名はあやうくないですかね。 たとえ事実でも因果関係が明らかでないなら「※※を飲んだ翌日に死亡」だの「※※を摂取した翌日に死亡」だの書かぬでしょうし。


一応ネコ等室内で飼っていても噛まれて病気になる事例は少なくはないしキスして口に細菌が入って唇を切除する事になった事例もあるなぁ


治療する側だってそんなことわかってるから、感染症の可能性があるってだけで薬が処方される。翌日病院いってたなら猫が原因って相当怪しい。それに劇症化してたなら暢気にツイッターなんぞやれんだろ


まあ記事でそこまで気づけとは言わんが、遺族がデマだって言ってるのに、デマを広めるなら、訴えられても仕方ないぞ


『死因は急性心不全』『デマ報道に遺族が迷惑している』いい加減にしろよ女性自身


WEB女性自身は訴えられろ!!


昔は心不全って原因不明な時も使うことがあったとそうだがそういうやつ…?


「急性心不全」って死因としては「原因不明」に近い意味だけどな


どんだけがっつりかまれりゃそんなに腫れるもんなのか。治療に使った薬が運悪く合わなかったんじゃね


ペット由来の場合、それらしい症状がでるから、逆に急性心不全とは診断されないと思う。


急性心不全ってのは正確に言えば「病名」じゃないからね。「急に心臓が止まりました」っていう「現象」でしかないから、死亡診断書の病名としては普通採用しないんよ。「全身を強く打って…」みたいな一種の暗喩というか業界用語だね


まあ、敗血症やそれ以外の考えられる外傷性疾患でも末期なら心不全はありうるけど、その場合死因は疾患の方発表するからな、普通は。心不全は原因分らなくてって時の発表だからそう書かずにこれは故意に誘導しているととられても弁明のしようはないと思う。


昔、そこらのドラネコに指思いっきり噛まれて指に針みたいな穴開いて手全体が1日ぐらい腫れたことある。今も傷跡があって一生消えない。


まぁ原因はさておき、どんな動物の爪や牙にも高いリスクが有るのは事実で人間に噛まれて亡くなる人も居るくらい生き物の口内はヤバイ。ひっかきや噛みつかれて血が出る様な深い傷を負ったなら迅速に消毒し場合によっては医者に行った方がいい。動物を飼ってるなら万一を想定し消毒液くらいは常備し応急処置の手順は学んでおくべき。


急性心不全らしいけど原因よくわからんってことか。飼ってる動物でも本気噛みされたら病院行った方がいいぞ


「愛猫に噛まれた10日後に訃報」というタイトルで猫が死因とは書いてないし、記事の最後にも死因不明とあるからデマとは言えんとは思う。でも、愛猫が原因で*だようにミスリードさせるタイトルのほうが受けるだろ!って考えでつけたタイトルのようにしか見えない。実際ぱっとみではそうとしか読めなかったので、少なくとも遺族にとっちゃいい迷惑だろうな。


猫が本気で噛むって、よほどひどい虐待したとしか思えない。>犬に顔舐められただけで*だ奴ー犬は*喰うから、犬が顔を舐めようとしてきたら本気で犬に殺意湧くわ


猫が病原菌をばら撒いたのではなく、マスコミがデマをばら撒いたのか


Twitterでもそうだけどこれ確定じゃないからね、デマに惑わされないように


飼い猫でも興奮しやすい性格なら、じゃれてるつもりがやり過ぎちゃう事もあるからね? 噛まれて翌日すぐに病院に行ってるし、その際医者に詳細に伝えているはずだろうし、適切な処置はあったと思うよ。何にせよ親族か関係者からの報告が全てでしょ。


このあと亡くなったんだよね…… 本当に*でるがな


WEB女性自身が最低なのがよくわかる記事だった。騙されても何も出来ないのが悲しいね。怒った所で、無意味だし。


遺族が真っ向から否定してるなら外野は憶測で物をいうもんじゃないな。


死因とは関係無いってんなら態々「猫に噛まれた10日後に」と付ける必要性が無いわな。しかもタイトルにデカデカと。


猫等に咬まれてパスツレラ菌に感染した場合数時間で受傷部位が赤く腫れ、痛みや発熱を伴い近くのリンパ節が腫れることもある。受傷部位の炎症は皮下組織の中を広がり、「蜂窩織炎」と呼ばれる。受傷部位が関節に近いときには、関節炎を起こすことがある。骨に達するような傷であれば骨髄炎を起こす。免疫機能が低下している人では重症化して敗血症や骨髄炎を起こし死亡することもある。


この人の死因は猫に噛まれたことではない。原因は心不全。ミスリードする記事を表に出すな。ここにコメントしてる奴らもよく調べろ。


本人たちが否定しても猫に噛まれた後その場所が腫れて休業してる以上普通は猫に噛まれた事が原因と考えるのが普通じゃね?もちろん猫に噛まれたこと自体が嘘ならデマだろうけどね。心不全って言っても病名ではなく心機能の低下を指してるだけでその原因は色々あるんだよ。


根本的な話、マスゴミやテレビ業界の人間の思考は異次元人のそれだと思っておけばいいゾ。