ニュースちゃん24

ニュース全般
  芸能
社会・生活
閲覧 ありがとうございます



    2024年1月10日、仏国際放送局RFI(ラジオ・フランス・アンテルナショナル)の中国語版サイトは、ペットボトル入りの飲料水にプラスチックの微粒子が数十万粒含まれているとの研究結果を米国の大学研究チームが発表したと報じた。

    記事によると、米コロンビア大学とラトガース大学の研究チームは8日、1本のペットボトル入り飲料水中にプラスチック微粒子が数十万粒含まれていることが明らかになったと発表した。

    研究では3種類のブランドのペットボトル飲料水を使用しており、いずれの水からも同等量の微粒子が見つかったことからブランドと微粒子含有量との間に相関性はないとの見解を示している。

    また、微粒子は主に水を浄化する際のナイロン製フィルターもしくはボトルの原料であるPET(ポリエチレンテレフタレート)が発生源であり、生産工程もしくは輸送中の摩擦、さらには

    高温下での保管によって水に混ざったものと分析。微粒子の人体への影響について、同記事は「腸や肺を通過して血液循環システムに直接入り込み、細胞を攻撃したり、免疫系やホルモン系統に悪影響を及ぼしたりする可能性がある」と指摘した。

    研究の共同著者であるコロンビア大学の環境化学専門家、顔備戦(イエン・ベイジャン)教授は「ペットボトルに含まれる大量のナノプラスチックを心配するなら、水道水などに切り替え

    ることが合理的だ」とする一方、脱水リスクはナノプラスチックの潜在的リスクをはるかに上回るため「必要な時にまでボトルウォーターを敬遠することは推奨しない」との考えを示した。(翻訳・編集/川尻)

    10日、仏RFIはペットボトル入りの飲料水にプラスチックの微粒子が数十万粒含まれているとの研究結果を米国の大学研究チームが発表したと報じた。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    作業服(さぎょうふく)は、様々な作業・労働をする際に着用する衣服を指す。作業着、作業衣とも呼ばれる。 会社・工場などの制服に指定されている場合もあり、ポリエステル素材においては再生ペットボトル繊維が用いられているものもある。半袖タイプや、防寒性を意識した綿製もある。特殊な作業に応じて、静電気を帯びない制電服や燃えにくい難燃服などもある。…
    4キロバイト (590 語) - 2023年3月30日 (木) 22:19



    (出典 www.hairwork-progress.jp)


    「これはちょっとした驚きです。ペットボトルの水を愛飲していますが、これほどの微粒子が含まれているなんて知りませんでした。ただ、具体的な影響はまだ不明ですし、水の代替販売をする必要はないと思います。」

    <このニュースへのネットの反応>

    【【影響】フランスのメディアが報じる、ペットボトルの水から摂取されるプラスチック微粒子の影響について知っておくべきこと】の続きを読む


     YouTubeで授業を公開するなどして受験生や学生・生徒たちを虜にしていく「教育系YouTuber」と呼ばれるインフルエンサーが活躍する昨今。彼らの多くが無料で授業動画を公開

    しており、受験生はどこにいても自分の好きなタイミングで授業動画を視聴することができる。私が受験生だった十数年前と比較してみても、現在の受験生は恵まれた環境に置かれていると言えるだろう。

     だが、一方でその弊害とも言うべき事態を耳にすることも少なくない。

    ◆◆◆

    「YouTubeで勉強しているから授業は聞かなくても良い」

     先日、知人の中学校教員からこのような相談を受けた。

    「授業中にこちらの説明を聞かない生徒がいたので授業後に話を聞いてみたところ、『●●(教育系YouTuber)の動画で見たから聞く必要がない』と言われた」

    「直接は言われなくとも、自分の授業よりYouTuberの方が信用できるというような話を生徒たちがしているのも知っている。どうしたら良いか悩んでいる」

     私はその知人の実際の指導現場を見ていないため、あくまで一般論にはなるが、比較された上で見切りをつけられてしまっている現状を変えるためには、YouTuberに負けないだけの指導力を習得しなければならないのは間違いない。

     実際、現場の教師や講師よりもわかりやすく感じるケースはあるだろうし、見ていて「魅せ方」という点において本当に上手だと感じる教育系YouTuberも存在する。我々現場の講師たちが彼らから学ばなければならない部分も大きいだろう。


     この知人の経験と同様のことは塾や予備校の現場でも起こっている。ある事項を説明した際に、時として「YouTubeではこんな風に説明されていたのだが、この考え方ではいけないのか」という質問を受けることがあるようだ。


     単純に「この考え方も許容されるのか」という純粋な疑問としてなら良いが、あたかもYouTubeの方が正しく、講師の説明は間違っているかのような、ある種攻撃的な姿勢で質問に来ることもしばしばある。

    信奉する対象としての“教育系YouTuber”

     考えてみれば、こうした話が聞かれるのは今に始まったことではない。以前から「塾の先生にこう教わった」「あの先生はこんなことを言っていた」からと、別の考え方を提示する教師

    や講師の指導を受け入れない生徒は存在したものだ。動画隆盛の時代に入って、信奉する対象に教育系YouTuberが加わっただけとも言えるだろう。





     それに、現場の教師や講師が間違っており、YouTuberの方が正しい発信をしているケースもあることは否定できない。その場合、現場の教師や講師の指導力の向上が必要であり、指導者側に反省すべき点が多々あるのも言うまでもないことである。

     とはいえ、対象が学校教員であれ、塾・予備校の講師であれ、教育系YouTuberであれ、一方を絶対視して他の指導を受け入れない姿勢は少なくとも受験生として好ましいものとは言えない。

    大学受験生向けの映像授業自体は昔からあった

     そもそも、大学受験生向けの映像授業の歴史は古い。現在、スマートフォンやタブレットを通してどこからでも受講可能な「モバサテ」を提供している代々木ゼミナールは1985年ごろか

    らVHSで受講できる「ビデオスクール」を、1989年には通信衛星を利用して講義を全国に配信する「サテラインゼミ」を開始した。また、現在も映像授業を中心として展開している東進ハ

    イスクール・東進衛星予備校は1991年から衛星授業を開始している。さらに、昨今ではコロナ禍の影響を受けて、自宅で映像授業の受講が可能になった予備校も多い。

     これら従来の映像授業と、動画SNSによる授業映像とは一体何が異なるのだろうか。

    従来の“映像授業”と“動画SNS”との大きな違い

     真っ先に挙げられるのが「講師(演者)の質と信頼性の安定感の差」だろう。

     予備校や大手企業によって制作される従来型の映像授業は、公開までに関わる人間の数が多

    く、かなりの工数をかけていることが多い。基本的に採用試験を通過した講師がカリキュラム
    に基づいて講義を提供する。採用試験の内容は様々であるにせよ、ある程度信頼がおける講師でなければカメラの前に立つことが許されないことが多く、内容やコンプライアンスのチェッ

    ク体制も整っているケースが大半だ。授業自体は生放送で行われるものであっても、事前のカリキュラムや教材の作成時には多くの人が関わっている。

     一方で動画SNS上のコンテンツはどうだろうか。信頼できるクリエイターも存在するものの、講師や制作サイドの質にばらつきがあるのは否めない。中には過激な発言で注目を集める

    手法を好んだり、わかりやすさを追求するあまりに過度な単純化を行ったり、「嘘」の内容を発信しているケースも散見される。

     もちろん予備校講師が間違った発信をすることもあり得るし、先述の通り信頼できるクリエイターも少なくない。そのため、塾・予備校=善、動画SNS=悪などと簡単に考えるわけには

    いかない。しかしながら、参入障壁の低い動画SNSがいわば「玉石混交」であることはX(旧Twitter)上でも多く指摘されていることである。

     受験生に限らず、情報の真偽を確かめるのは難しい。虚偽の内容や不正確な発信をしている場合はともかく、「わかりやすさ」を追求する中でターゲットに合わせて意図的な省略や単純

    化が行われている可能性もある。それらも加味した上で信頼できる情報を発掘することに労力を割くのは流行りの「タイパ」の面から見ても得策とは言えないだろう。


    登録者数30万人超の“教育系YouTuber”の証言

     ところで、このように授業動画の正確性にばらつきが見られ、ある種ファンビジネスのような様相を呈している動画SNSの現状について、実際に授業動画を提供するクリエイターはどのように考えているのだろうか。

     登録者数が30万人を超える、とある教育系YouTuberは次のように語る。

    「授業動画の正確性に気をつけるのはもちろん、勉強法を紹介するときもこれまでの経験や自分の実践をもとに紹介するようにしています。そしてできるだけ現場からフィードバックをも

    らい、生の声を聞いてブラッシュアップすることは欠かせません。特に勉強法には『合う/合わない』があるのは当然なので、それも伝えるようにして、取捨選択して自分の勉強に活かしてほしいと思っています」

     このように「視聴者にとって有益なコンテンツを提供したい」という思いから、慎重に発信内容を検討・確認した上で動画を公開しているクリエイターも多いのは事実だ。

     実際、情報の取捨選択をしたり、学習法については効果を見極めつつ自分に「合う/合わない」を踏まえて上手く活用したりできれば学習効率を上げていくことができる動画SNSの可能

    性は否定できない。そこで、最後に動画SNSのコンテンツを活用する際に大切な3つのポイントを紹介しておきたい。

    動画SNSを勉強に活かすうえでの3つのポイント

    (1)スポットで活用する

     たとえば、どうしてもわからない分野・問題がある場合に、その単元を理解するためだけに見るなど、使い所を限定して用いる。

     

    (2)見たままにせず、必ず類題に自分で取り組んでみる

     動画を視聴して「わかりやすい」「理解できた」と思うだけでなく、動画で紹介された考え方や解法を、類題やその単元の演習問題などを通して、その考え方が本当に通用するのかどうか/他の問題でも活用できるかどうかを試してみる。

     

    (3)過度の信頼を置きすぎないよう細心の注意を払う

     問題によっては別解や別のアプローチが存在するケースもあることを念頭に置き、動画内で語られていた情報と異なる情報に接した際に、「これは間違っている」と決めてかからないよう注意する。時間が許すのであれば他の発信者と比較検討することも一つの手ではある。

     無論、私は予備校講師であり、いわゆる「ポジショントーク」と取られる側面もあるだろうが、少なくとも情報の精度や信頼度のばらつきが大きいコンテンツ群を手放しに推奨すること

    はできない。しかしその一方で、動画SNSが持つ可能性を否定する気は毛頭ない。日本でも教育格差の問題はかねてから指摘されており、無料や安価で授業を受講できる動画SNSは、その解決の一助になる可能性を十分に秘めている。

     現場であれ動画であれ、「良いコンテンツは良い、悪いコンテンツは悪い」のである。とはいえ動画SNSの影響力は計り知れない以上、「悪貨は良貨を駆逐する」という恐れもある。

     指導者・発信者側はより一層のレベルアップを図りつつ、視聴者の側は動画SNS上の学習コンテンツを活用する際に、それが玉石混交であることを念頭においた上で、盲信的にならないように注意することが肝要だろう。

     間違っても、動画「だけ」を根拠に他のアプローチを拒絶することにならないようにしたいものである。

    (羽場 雅希)

    ©AFLO


    (出典 news.nicovideo.jp)

    YouTuber (ユーチューバーからのリダイレクト)
    YouTuber(ユーチューバー、英語: YouTube Creator、YouTube Personality、YouTube Star、YouTube Celebrity)は、動画共有サイトYouTube上で自主制作の動画作品を継続的に公開している個人および組織を意味する語である。 YouTube…
    40キロバイト (5,037 語) - 2023年12月2日 (土) 07:57



    (出典 illust-takeout.com)


    教育系YouTuberの動画を見るのは楽しいし、新しい視点を提供してくれる場合がありますが、学生たちは情報を鵜呑みにせず、他の信頼性の高い情報源との比較をするように心がけるべきです。正しい情報を選択する能力は近代社会で重要なスキルですね。

    <このニュースへのネットの反応>

    【【勉強】「YouTubeの陥りがちな罠に注意!教育系YouTuberがもたらす学生の誤解」】の続きを読む


    画に出演するかどうか迷っていた。彼の役柄はスーパーの店長であるため、役作りの為に実際に行って研究しようとする。フリーマンは、向かった先のスーパーでレジ打ちをしているスカーレットという女性と知りあう。彼女もまた、現状から脱出するために建設会社の面接を受けようと考えていたのだった。 役名: 俳優(DVD版日本語吹き替え)…
    3キロバイト (267 語) - 2023年12月4日 (月) 05:50

    (出典 clinical-concierge.jp)


    スーパーのレジで座ることは、お客様に対するサービスの質を下げる一因となる可能性があるため、店員が座った姿を見ると少し不快に感じます。しかし、長時間立ち続けることが体に負担をかける場合もあるため、適度な休憩時間や工夫が必要だと思います。

    1 煮卵▲ ★
    弁護士ドットコムニュース
    202312/11(月) 12:09
    https://news.yahoo.co.jp/articles/6a2910a3d04702c62a4e8e60491d1354462346e7

    スーパーのレジにイス設置を求めて会社と交渉を続ける大学生がいる。
    文教大学3年生の茂木楓さん(22)は、大手スーパーのベイシアでアルバイトを始め、レジにイスがないことに疑問を持ち、首都圏学生ユニオンを通じ会社と交渉中だ。

    12月10日、東京・新宿で、レジ業務にイス設置を求めるイベントを開いた。(ライター・国分瑠衣子)


    ◼「立つのが当たり前は、おかしい」 ベイシアと交渉スタート

    「イスに座って働くことができる選択肢がほしいです」。
    多くの人でにぎわう週末のJR新宿駅の東南口広場で、茂木さんはサウナ用のイスに座ってこう訴えた。

    茂木さんは留学費用をためるために、2021年春から埼玉県内のベイシア店舗でレジのアルバイトを始めた。勤務は週3回、日によって異なるが4時間ほど働く。


    働いてすぐに長時間の立ち仕事で足がこわばり、疲労を感じた。「最初は立つのがあたり前、しょうがないと思っていましたが、次第におかしいと感じ始めました」
    一緒に働く人の中には、体が疲れるのでマッサージに通っている人や、腰痛がひどくなり退職したりした人もいた。

    そこで首都圏学生ユニオンを通じて、イス設置を求める交渉をスタートした。


    ◼1カ月半イスを試験導入 「文句を言うお客さんはいなかった」

    海外のスーパーに行くと、座ってレジを打つ人を目にすることがある。

    日本では労働安全衛生規則で
    「事業者は、持続的立業に従事する労働者が就業中しばしばすわることのできる機会のあるときは、当該労働者が利用することのできるいすを備えなければならない」
    と定めているが、努力義務にとどまる。

    日本の「おもてなし文化」や、「お客さまは神様」という言葉の誤った解釈も「レジ業務は立ち仕事」という固定観念と関係があるのかもしれない。

    茂木さんらの交渉が前進したのは今年秋。ベイシアは2023年9月から1カ月半ほど、茂木さんの働く店舗など一部でイスを試験導入した。
    レジを打つ時は立つが、待っている間は座ってよいという運用だった。
    「疲れ方が全然違いました」。

    一緒に働く人にも好評だった。
    茂木さんが座っている姿を見て文句を言った客はいなかったという。

    だが、茂木さんによると、会社側は試験導入が終わった後に行ったアンケートで、反対意見が3割ほどあることなどを理由にイス設置には消極的だという。
    首都圏学生ユニオンが行う署名には約2万2000人分の署名が集まっており、茂木さんらは今後も交渉を続ける。

    この日のイベントには芸人のせやろがいおじさんや、雑誌「IWAKAN」を発行するアンドロメダさん、車椅子ギャルのさしみちゃんも登壇し、固定観念にとらわれず、一人ひとりが健康に働くことができる職場環境を訴えた。

    【【ニュース】「スーパーレジにイス設置を求める学生が運営会社と交渉!座ってもいいのはどうして?」】の続きを読む


    大学等における修学の支援に関する法律(だいがくとうにおけるしゅうがくのしえんにかんするほうりつ、令和元年5月17日法律第8号)は、2020年4月に安倍内閣で施行された低所得者世帯を対象に大学等の学費の減免と給付型奨学金を支給するとした日本の法律。通称「大学無償化法」「大学無償化制度」。…
    12キロバイト (1,881 語) - 2023年11月17日 (金) 15:20

    (出典 studysapuri.jp)



    (出典 iku-mama.jp)


    子どもの人数によって大学の費用が免除されるという制度は、思いやりのある政策とは言い難いですね。大学に進学する機会を公平に提供するために、経済的な制約がある家庭全てに適応されるべきです。

    1 ばーど ★
    「不公平すぎる」”多子世帯の大学無償化”報道にネット大荒れ「納得いかない」『増税に耐え…我が子は奨学金借りるの?』

     政府が3人以上の子どもがいる多子世帯の大学授業料などを無償化する方針を固めたことが7日、報じられると、ネット上では戸惑いや不満の声が多くあふれた。

     所得制限は設けない方針で2025年度から始めるという。新聞やテレビなど各メディアが同日続々と報じると、Xでは「子供3人」「多子世帯」「多子世帯の大学授業料」「大学無償化」など関連ワードがトレンド入りし、関心の高さをみせた。

     感謝や賛同する声がある一方で、目立ったのが「不公平過ぎる」という不満の声だ。「無償化じゃなくて差別化」「絶対に納得いかない」「国公立だけでいい」「逆に1人目

    2人目を補助してくれたらそれ以上を望めるのに」「大学行かない人は恩恵受けられない」と反発の声が相次ぎ、ネット上が大荒れに…。

     また「奨学金返しながら、何個か下の子のための更なる増税に耐えなきゃなんないの?」「子ども3人いない家庭は多子世帯の大学授業料を税金で負担して、自分の子ども

    は奨学金借りて大学卒業させるんだろうか」と重なる増税とのバランスに納得がいかないという声が多く、「3人目から無償にすればいいのでは」といった疑問と指摘も見られた。

    12/7(木) 15:45 中日スポーツ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c94b578d415f0ed171909fa9f550ff95b58a0936


    【【ニュース】「ネット上で大きな波紋を呼んだ大学無償化報道!納得できない声が続々と」】の続きを読む


    語学(ごがく)とは、母語以外の言語を学ぶこと。言語学を指すこともあるが、語学はあくまで「実用」を目的とし、言語学はあくまで「言語そのものの解明」を目的とする。 語学には、様々な方法がある。その中には、かつては主流だったものが現在では、ほとんど実践されなくなってしまったものや、支持が得られなくなったものも多い。…
    19キロバイト (2,417 語) - 2023年1月14日 (土) 12:18

    (出典 www.japancentre-au.com)


    英語、スペイン語、フランス語は世界的に通用する言語として有名ですが、日本語もその仲間入りを果たしたのですね。日本語の複雑さと美しさに魅了され、学び始めた人が増えているのではないでしょうか。

    1 尺アジ ★
     Duolingoは2023年12月6日、語学学習の動向を調査した年次レポート「Duolingo Language Report 2023」および「日本国内における語学学習に関する調査」の結果を公表した。世界で人気がある語学は、英語、スペイン語に続き、日本語が5位となった。

     Duolingoは、世界で人気のある無料語学アプリ。科学的に証明されたひとくちサイズのレッスンで、英語、中国語、スペイン語、フランス語など42言語、合計100種類以上のコースを提供している。日本版では、英語、中国語、韓国語、フランス語の4か国語が学べる。

     年次レポート「Duolingo Language Report 2023」では、世界5億人を超えるDuolingoのユーザーデータに基づき、語学学習の動向を調査した。2022年10月1日から2023年9月30日までの間に、Duolingoで言語を学習した学習者の情報が含まれる。

     「世界でもっとも人気のある言語ランキング」では、1位「英語」、2位「スペイン語」、3位「フランス語」、4位「ドイツ語」に続き、5位に「日本語」がランクインした。日本語は2022年にも5位に入っており、根強い日本文化への関心の高さがうかがえる結果となった。

    ※続きは以下ソースをご確認下さい

    2023.10.15
    リセマム

    https://resemom.jp/article/2023/12/07/74899.html

    【【語学】「世界で人気の言語ランキングで日本語が5位に!その魅力とは?」】の続きを読む

    このページのトップヘ