ニュースちゃん24

ニュース全般
  芸能
社会・生活
よろしければお立ち寄りください


    普通の鍋で充分なんとちがいますか?置き場所にも困りそうですしね。

    1 少考さん ★

    ※マイナビニュース

    シメの雑炊まで楽しめる、インスタント袋麺専用の電気鍋
    https://news.mynavi.jp/article/20220518-2347163/

    2022/05/18 11:24
    著者:村田奏子

    サンコーは5月18日、インスタント袋麺専用のラーメン鍋「シメまで美味しい『俺のラーメン鍋』」を、直販サイトで発売した。価格は7,980円。


    (出典 news.mynavi.jp)

    シメまで美味しい「俺のラーメン鍋」。インスタント袋麺の調理に特化した電気鍋だ

    インスタント袋麺がぴったり収まるサイズに設計された、スクエア型の電気鍋。鍋の内寸はW130×H75×D130mmで、麺全体にスープが浸かるため、茹でムラなく調理できるとする。

    底面には高火力ヒーターを搭載し、約6分で500mlの水を沸騰可能。側面には断熱材を4カ所内蔵して熱を冷めにくくした。鍋部分はフッ素加工され、取り外して水洗いできる。


    (出典 news.mynavi.jp)


    (略)

    ※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。


    【【鍋】「インスタント袋麺専用の電気鍋」これいりますか?】の続きを読む


     初夏の訪れを感じる今日この頃。それはもうすぐ冷やし中華の時期ということを意味しますが、Twitterで「冷やし中華、簡単じゃねーからなぁぁ!」とあらかじめ忠告する声が投稿され、多くの共感を呼んでいます。

    【SNSの声「超絶めんどくさい」「錦糸卵がキツイ」】

     投稿したのは隊長の雑記帳さん。「冷やし中華でいいよ」の言葉から生まれる争いを防ぐため、冷やし中華は作るのが面倒くさいことを伝えています。

     寄せられた共感の声をみると、具体的には「トッピングの準備が面倒」が一番多く見られます。ハムや焼豚、キュウリなどを細切りにするだけでなく、特に薄焼き卵を作って細く切る工程がある錦糸卵は厄介です。

     盛り付けは他にも、トマトもやしわかめなど。ひとによりますが、一般的にイメージされる冷やし中華を自分で作ろうとすると、必要な材料が意外に多いことに気付きます。そこに「具が少なくない?」なんて声が飛んできたら……争いが生まれるのも無理ないかも。

     また、そもそも暑い夏の日に「麺をゆでる」のが大変で、そこから「ザルで冷やす」必要があること。一部の人に「簡単な料理」だと思われがちな“冷たい麺類”は、材料の準備やかかる時間、洗い物など、実際は面倒であるとの意見が寄せられています。


              皿洗いをしているお母さんのイラスト


     そのため、真夏に「お昼はそうめんとか簡単なのでいいよ」と言われて、「あぁん?! で、いいよ。だぁ?! やれ。やってみ。あちぃんだよ!2度と言うなよ!」とブチ切れたなんてエピソードもみられました。元ツイートに寄せられた“いいね”はこれまでに1万9000件以上。いいか、絶対「簡単」とか「○○でいいよ」とか言うなよ、絶対だぞ……!

    冷やし中華


    (出典 news.nicovideo.jp)

    麺を茹でるのは確かに暑いしですね・・・・・
    トッピングを大量に作っておいて冷凍しておくというのはどうでしょうか?

    <このニュースへのネットの反応>

    【【食】冷やし中華の時期、「超絶めんどくさい」というSNSの声(画像)】の続きを読む


     石炭や液化天然ガス(LNG)などの輸入価格高騰の影響で、電気代が値上がりしています。そんな中、東京都小池百合子知事が4月22日、住宅メーカーなどの事業者に対して、一定の新築建物に太陽光パネルの設置を義務付ける制度をつくる方針を明らかにしました。この表明に対して、ネット上では「うそだろ」「台風や地震で壊れないか心配」「将来的に廃棄物が増える」「東京で家を買えない」など、制度を不安視する意見が目立ちます。なぜ設置を義務化してまで、太陽光パネルの普及を推し進めるのでしょうか。東京都環境局の担当者に聞きました。

                  ソーラーパネルの落下事故のイラスト


    脱炭素化が不可欠



    Q.住宅メーカーなどの事業者に対して、太陽光パネルの設置を義務付ける制度をつくる狙いや、義務化の時期について、教えてください。

    担当者「一番の狙いは脱炭素化です。東京都は、『2050年二酸化炭素CO2)排出実質ゼロ』という目標を掲げており、その一環として、2030年までに温室効果ガスの排出量を2000年比で50%削減することを目指しています。都内のCO2排出量を見ると、建物関連からの排出が約7割を占めており、建物における脱炭素化が重要です。そこで、新築建物への太陽光パネルの設置義務化という制度を考案しました。

    現在、都の環境審議会で設置義務化に関する議論が進められており、今後、条例を改正した上で義務化を始めます。なお、条例などの整備にはある程度時間がかかりますし、制度を事業者や都民に周知するための時間も必要になってくると思いますので、義務化の開始時期については、現時点では明確に答えられません」


    Q.太陽光パネルの設置義務化の対象事業者について、教えてください。

    担当者「住宅(注文・分譲)やビルなど、都内で1年間に供給する中小規模の新築建物(1棟の延べ床面積が2000平方メートル未満の建物)の延べ床面積の合計が2万平方メートル以上の事業者が対象です。住宅メーカーなど、約50社が該当します」


    Q.太陽光パネルの設置にかかる費用は、住宅の購入者が負担することになるのでしょうか。それとも、事業者が負担するのでしょうか。また、老朽化した太陽光パネルを廃棄したり、取り換えたりする場合はどうでしょうか。

    担当者「住宅メーカーなどの事業者が、太陽光パネルの本体費用などを住宅価格に上乗せして販売するケースが多いと考えられるので、実質的に住宅購入者が費用を負担することになります。また、太陽光パネルの廃棄や交換にかかる費用も、基本的に住宅購入者の負担となります。

    ただし、『太陽光パネルの本体費用は、当社が負担します』といったサービスを提供する事業者が出た場合、住宅購入者が負担する費用は、契約先の事業者によって異なることになると思います」


    Q.では、太陽光パネルの設置義務化が正式に始まった場合、都が事業者や住宅購入者に対して補助金を支給する予定はあるのでしょうか。

    担当者「設置義務化に伴い、事業者や住宅購入者に補助金を支給するかどうかは、現時点では分かりません。ちなみに、本年度は、太陽光パネルの設置に関する助成制度を設けており、住宅所有者や事業者向けの補助金などを準備しているところです」


    Q.太陽光パネルの設置義務化について、ネット上では「台風や地震で壊れないか心配」「将来的に廃棄物が増える」といった意見があります。太陽光パネルを設置することで、災害などによる破損や事故、火災が発生するリスクはないのでしょうか。

    担当者「『どの程度の風で、太陽光パネルが吹き飛んでしまうのか』『どのようなときに事故が起きるのか』といったデータは持ち合わせていないので、設置によるリスクについては、こちらでお答えすることができません。太陽光パネルの詳細は、メーカーに問い合わせてください。

    ただ、太陽光パネルの設置義務化の表明後、『台風などの災害時や火事のときに大丈夫なのか?』『リサイクルはどうする?』などの声を多く頂いているのは事実です。そこで、太陽光発電の関係団体と連携しながら、太陽光パネルの導入方法や、安全な管理方法などについて、都民に啓発していく予定です。

    廃棄物の件ですが、太陽光パネルの製品寿命は20年から30年と言われており、また、太陽光パネルが住宅に設置されるようになったのは2011年以降なので、太陽光パネルの大量廃棄は、2031年以降に起きると予想しています。そのときに備えて、都の担当部署が、太陽光パネルのリサイクル手法などについて検討を進めています」


    Q.太陽光パネルの設置後、災害による破損や事故、火災が発生した場合はどのように対処すればよいのでしょうか。

    担当者「基本的に、メーカーが10年以上の保証期間を定めているケースが多いので、故障などが発生した場合、まずはメーカーに問い合わせた方がよいでしょう」


    Q.事業者が太陽光パネルの設置義務に応じなかった場合、どのように対処するのでしょうか。

    担当者「事業者に対して、指導や助言、指示、勧告、氏名公表などを行い、適正に対処するよう促します。今のところ、刑罰を科す予定はありません」

    オトナンサー編集部

    定例記者会見で、脱炭素化に向けた取り組みについて話す小池百合子都知事(4月22日、東京都提供)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    脱炭素化へ向けた国際協調を主導する狙いを国際社会にアピールした。 脱炭素社会とは、地球温暖の原因と考えられる二酸化炭素の排出量を実質ゼロにする社会のこと。気候変動対策の国際的な枠組みである「パリ協定」が発効して以降、二酸化炭素の排出量を減らし、脱炭素社会を目指そうとする動きが活発している。
    22キロバイト (3,487 語) - 2022年1月13日 (木) 21:22


    一定の新築建物ということは、建てる家の大きさによるのでしょうか。
    他県の田舎の方に行くと、たまに見ることありますね。

    <このニュースへのネットの反応>

    【【環境】一定の新築建物に太陽光パネルの設置を義務付ける制度=東京都(画像)】の続きを読む


     最近、「ロジハラ」という言葉を耳にすることが増えました。ロジハラとはロジカルハラスメントの略語で、正論で相手を追い詰めることを指します。例えば、上司がミスをした部下に対して、「なんでミスしたの? ちゃんと説明して!」と迫ることはロジハラにあたるというわけです。上司が部下の顔色を見なければいけない「大変な時代」になりました。


    不可解なロジハラブーム

     筆者は、昨今のロジハラブームに違和感を覚えています。正論をぶつけて優位に立とうとすることが「ロジハラ」だと言われていますが、上司と部下は、仕事の責任も範囲も異なります。職責や役務は、上司ではなく会社が決定するものです。職責が上位であれば指導が強くなることは当然ですが、これを問題視されては、上司は職務を全うできません。

     なぜなら、仮に、部下にミスの責任があったとしても、正論を言って、本音で指導することができなくなるからです。部下が「上司に強い指導を受けてショックを受けました。これロジハラです」と主張した時点で、部下が上司を追い詰めていることになってしまうのです。名づけるなら、「逆ハラ」(部下が上司を追い詰める)ということでしょうか。

     強い指導を受けたからといって、なんでもハラスメントにすることはいかがなものかと思うわけです。これでは、円滑なコミュニケーションが取れなくなってしまいます。本当にバカバカしいと言わざるを得ません。

                        説明が分からない人のイラスト(男性会社員)


     「パワハラ」は同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて精神的・身体的苦痛を与えることです。

     ロジハラはパワハラに近いニュアンスですが、「パワハラ」とは異質なものだと考えます。筆者も会社に勤務しているとき、上司にミスをとがめられたことがあります。また、部下をかなり強く叱ったこともあります。これもロジハラなのでしょうか(苦笑)。次に、正論を振りかざす理由について考えてみましょう。


    正論を振りかざす理由とは

     よくある説として「正論を振りかざす人はプライドが高く、自分の意見や考えを押し付ける」というものがあります。相手を下に見ていることが多く、上から自分の意見を押し付けることが好ましくないというのです。筆者は「何をおっしゃいますか」と申し上げておきます。

     上司が自分の意見や考えを正しいと思うことは当然でしょう。自分が言っていることが正しいと思うからこそ、部下に分かってもらいたいという心理で言っているのです。組織であれば、部下は上司に従うのが当然です。このように考えれば、世の中で言われているロジハラの多くが、実はなんら問題のない行為であることが分かります

     それでは正論が好ましくない場面とはどのような場面を指すのでしょうか。ここでは正論の使い方について考えてみましょう。


    正論が好ましくない場面

     不祥事や事故があった際に、役員や関係者が、不祥事や事故の実態を知っていながらゴルフに出掛けていたり、旅行に出掛けていたり、宴会をしていたなどという記事を目にしたことはありませんか?

    「これは慰労の一環です。ゴルフは半年前から決まっていたことで健康管理を目的にやっています。問題があるとは考えていません」

     この内容が事実でも、一般の人には居直りとも取れる印象を与えてしまうでしょう。建前でも、「会社のコンプライアンス部門に実態調査の指示を出しました。結果が分かり次第、報告したいと思います」と公表しておけば、問題が大きくなることはないはずです。

     2018年自民党議員の宴会「赤坂自民亭」も同じような理屈です。西村康稔官房副長官
    (当時、以下同)らがツイートしたもので、安倍晋三首相、岸田文雄政務調査会長、小野寺五典防衛相ら自民党議員が仲むつまじく杯を上げている写真が投稿されました。しかし、このとき、日本では豪雨災害の危険が高まっていました。

     未曽有の水害が起き始めているときに、首相、防衛相ら政府与党の首脳が酒盛りをしていたのです。仮に「定期的な会合で、予定が決まっていた」と主張したとしても、批判が集まるのは当然のことでした。正論や持論は、時と場合によってはマイナスイメージを与えてしまいます。


    正論を振りかざすときに注意すべきこと

     私がある会社の役員をしていたときのエピソードになります。営業部の部長がメンバーを鼓舞するために、受注が決まる度に、細かい数値達成の状況や、営業努力をねぎらうメールを全社に送信していました。

     しかし、会社には営業部門以外のさまざまな部署が存在します。別部門(システム部)の部長が「そのような送信は部内にとどめてほしい。おのおの、部門の役割は異なるし、全社メールは自部門の成果を披露するものではない」と忠告してきたのです。

     しかし、その内容に対してすかさず社長が「あなたの主張は正論だと思います。ただし表現としては最低です。あなたは上司が部下をねぎらうための行動をどのように思っているのですか」とたしなめました。社長の対応は絶妙だったと思います。

     もし、あなたが面倒なことに巻き込まれたくないのなら、影響度をシミュレーションする必要があります。「この発言をしたらどうなるか」をシミュレーションするのです。それが正論でも、好ましくない結果になりそうなら、別の方策が必要になるということです。注意深くなることで、くだらないロジハラブームに流されることもなくなるはずです。


    コラムニスト、著述家、明治大学客員研究員 尾藤克之

    「ロジハラ」の問題点は?


    (出典 news.nicovideo.jp)

    「正論で相手を追い詰める」言い方にもよるのではないでしょうか?

    <このニュースへのネットの反応>

    【【ブーム】「ロジハラ」とは何ですか?】の続きを読む


     小学生の娘が作った戦車のプラモデルが、大人顔負けのクオリティー! しかし、雑誌の賞を取るほどの腕前がありながら、学校では評価されず不遇に扱われている――。作品のすばらしさと、やるせなさの入り交じるツイートが話題を呼んでいます。編集部は投稿主を取材し、親としての思いを聞きました。

    【画像】作品を別の角度から見る

     やるせないほうの話は後に譲るとして、まず見てほしいのが娘さんの作品「終戦と新たな命」。古びた戦車の荷台にハトが巣作りする光景は、タイトル通り戦争から平和への移ろいを感じさせます。このテーマ性や汚し塗装等の表現力がすばらしく、模型専門誌『月刊アーマーモリング』ではU-18賞に輝いています。

     女の子の母親は、三重県で喫茶とカレープラモデル工房のお店「ホビーカフェガイア」を営む「店長」さんです。自身もプラモデル工房担当の夫も、息子も娘も全員模型が趣味だそうです。

     そんな模型一家として、店長さんは模型が子どもにとっての一般的な趣味として理解されづらいことに悩んでいる様子。息子さんが小学生のとき、作文に「プロモデラーになりたい」と書いたときは、教師から「そんな職業は知らない、書き直せ」とぞんざいな扱いを受けたといいます。

     現在小学4年生の娘さんも、幾度の受賞歴がありながら学級のお便りにも触れてもらえず、全校集会では「珍しい趣味の子」として独り起立させられたのだそうです。

     店長さんは「模型はそもそも、子どもにとって奇特な趣味ではない」「なんとか不遇を改善したい」と嘆きつつも、「模型に親しむ人、模型が好きな子どもたちを増やしていくことが、結果的に我が子の幸せにつながる」と、今後の尽力を決意。ツイートは娘さんの作品のクオリティーもあいまって広く拡散され、多くの人の心を打ちました。

     リプライでは「教師の視野が狭い」「その子らしさを受け止めて伸ばせる人であってほしい」など、学校への苦言を呈する人が多数。また、「自分もガンプラ好きが高じて自動車メーカーのモデラーになった」「教師に恵まれないのは残念だが、それ以上に親が親身になり支えてくれるのがとても幸せ」と、娘さんを励ます声もみられます。

     編集部は店長さんに、娘さんの作品や、模型を通じた親子の交流など、詳しい話を聞きました。

    ―― お子さんはいつごろから、何がきっかけで模型好きになったのでしょうか?
    店長さん:息子は幼少期から、玩具などの分解が好きな子でした。「組み立てる」とは真逆ですが、「モノは部品で構成されている」と認識する点では同じ行為だったのかもしれません。


     プラモデルそのものの初体験は小学3年生当時、700分の1スケールの艦船模型を組み立てたときですね。それはかつて船舶運行教育に携わっていた父方の祖父への「敬老の日」にプレゼントし、たいそう喜ばれました。翌年にも「しんかい6500」を作り、部分塗装にも挑戦してプレゼントしたところまた喜ばれて、そこから本格的に模型を始めました。


                 プラモデルを作っている男の子のイラスト


     8つ下の娘は、そんな彼(と、彼に模型を手ほどきした現在の主人)を見て育ったため、3歳の頃には模型用ニッパーを握り、ガンプラを組み立てて遊んでいました。

    ―― 娘さんは「終戦と新たな命」のアイデアを、どのように思い付いたのでしょうか?
    店長さん:もともとは模型店の店頭でキットの箱絵を見て「面白い形のがある!」と飛びついて作り始めたもので、最初からあのテーマだったわけでないのです。娘は車体の組み立てが進むにつれて、何かしらの物足りなさを感じたようで、まず荷台部分に落ち葉を散らしていました。


     そんな折、ウクライナの模型メーカー「ミニアート」から同スケールの「ハト」がリリースされまして。それを知った本人が「ハトかわいい!」と飛びつき、組み合わせてみたら全てがしっくり来て、ついに作品イメージが固まった――というところですね。

    ―― 娘さんは作品にどのような工夫を施していましたか

    店長さん:『月刊アーマーモリング』に応募した際、本人が添えた説明文をもって回答とさせてください。

    今回のせん車で工夫したのは木の板です。よごしで、スモークでカビ、暗い青でよごれ、その上に茶色で木の色を出して、さい後に白で古びた感じを出します。スモークはタミヤのアクリル、暗い青はクレオスのフィルタリキッド・シェーブルー、茶色はクレオスのウェザリングカラーステイブラウン、白はクレオスのウェザリングカラーマルチホワイトです。スモークとマルチホワイトは、ぼかしはけという筆でたたきぼかしでよごしました。しあげにスミ入れをしました。スミ入れは、タミヤエナメルのダークブラウンです、あと、工夫したのはリタイの土汚れです。タミヤテクスチャペイントブラウンを使ってよごしました。(原文ママ

    ―― 模型好きの子どもや、その親に伝えたいことはありますか?

    店長さん:お子さんたちには、年齢や経験に関係なく、作りたいと思ったものをとにかく作ってほしいです。もちろん難易度はいろいろありますが、適切な方法と道具、モチベーションさえあればどうにでもなりますので、保護者のかたも「それはやめてこっちを作れば?」といったサジェストは控えて、お子さんの「作りたい」「作ってみたい」を尊重していただきたいです。

     もし道具や方法に自信がないようであれば、現在は全国各地に、私が営んでいるような模型作業のための席と道具、そしてノウハウを持ったかたがいる模型製作スペース店が増えておりますので、そういったサービスを活用される策があることも、お子さまの「楽しく作る」を実現するために知っておいていただきたいです。

    ―― 店長さん自身がお子さまに対して行った取り組みについて教えてください

    店長さん:振り返ってみると、子どもには展示会などの模型作品はもちろん、映画やアニメなどの映像作品、絵画、山や海などの自然風景、街なかの建物や車両など、とにかくいろいろなものを見せ、自然と湧いてきた質問にも可能な限り真摯(しんし)に答えてきました。おかげで世界と認識が広がって、現在の作品はもちろん、普段の勉学の成績にもつながっていると思っています。

     ですので、1つ前の質問へのお答えにもなりますが、ぜひ保護者のかたはお子さんの世界をどんどん広げてあげていただきたいです。特に低年齢の時は、保護者が連れて行って見せる世界が子どものすべてですので、要不要のふるいにかけず幅広く見せてあげれば、ぐんぐんと伸びるのではないでしょうか。

    画像提供・協力:店長さん

    荷台の木材や転輪の質感がリアルですごい……!


    (出典 news.nicovideo.jp)

    本当、教師の視野がせますぎると思いますよね。

    <このニュースへのネットの反応>

    【【夢】小学生「プラモデラー」になりたい、教師「そんな職業は知らない、書き直せ」(画像)】の続きを読む

    このページのトップヘ