ニュースちゃん24

ニュース全般
  芸能
社会・生活
閲覧 ありがとうございます



    (出典 irasutoya.blogspot.com)




    こんなことが起きるなんて信じられない!選手がファンと直接衝突するなんて、サッカー界にとって大きな痛手だよね。

    1 久太郎 ★
     南米選手権(コパ・アメリカ)は現地時間7月10日に米ノースカロライナ州シャーロットでコロンビアとウルグアイによる準決勝が行われ、コロンビアが退場者を出しながら1

    -0で勝利してアルゼンチンとの決勝戦に駒を進めた。白熱した一戦を終え、イングランド1部リバプールに所属するFWダルウィン・ヌニェスは試合後にコロンビアサポーター

    と殴り合いの喧嘩に発展。衝撃の騒動を海外メディアが報じている。

    【動画】ウルグアイFWがスタンドへ乗り込み→ファンと“殴り合い”の瞬間
    https://x.com/the_bonnfire/status/1811219812472791090

     ブラジルを破って準決勝に進出したウルグアイ。試合序盤から激しくもレベルの高い試合を展開した両者だが、先に試合を動かしたのはコロンビアだった。前半39分、MFハ

    メス・ロドリゲスの正確なコーナーキックにMFヘフェルソン・レルマが頭で合わせて先制に成功した。しかし、前半終了間際にコロンビアは両チームの選手が集まって小競り

    合いになったところでDFダニエル・ムニョスが相手選手にヒジ打ちをしてしまい、この日2枚目のイ*ーカードで退場処分に。1点リードで前半を終えたものの10人になった。

     後半は数的優位のウルグアイが攻め続ける形になった。だが、なかなかゴールを割ることが出来ず。ウルグアイを率いるマルセロ・ビエルサ監督はベテランストライカーのFWルイス・スアレスを送り込んで同点を狙いにいった。

     ウルグアイは後半26分にゴール正面でスアレスがフリーでシュートを放つ大チャンスを迎えるも、右足シュートはゴールポストを直撃。5バックで逃げ切りを図るコロンビアをウルグアイは崩しきれず、このまま試合は終了した。

     試合後は両軍、互いを称えっていたが、衝撃の展開へ発展した。英紙「ミラー」は「リバプールのスター選手ダルウィン・ヌニェスがコパ・アメリカで観客を殴りスタン

    ドで大乱闘」と報道。同紙では「ウルグアイのFWヌニェスがチームメイトとともにスタンドに乗り込んだ後、ファンが彼を殴り始め、リバプールのスター選手は報復した」と伝えた。

     ヌニェスや数人の選手は観客席へと上がり、コロンビアファンと激突。「選手とサポーターの間で大規模な乱闘が勃発した」といい、先にヌニェスがファンから殴り掛から

    れた。激高したヌニェスは複数のサポーターや警備員に取り押さえられながらも感情は昂り、反撃しようとしていた。DFロナルド・アラウホも巻き込まれている。

     同紙は、きっかけは「不明」としているが、激闘のあとあまりにも後味の悪い敗退となった。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/ae72cec4904d0a5d99f193ff7dab90caeb206b4d

    【【サッカー】衝撃!ウルグアイFWとファンが殴り合い、コパ・アメリカで波紋】の続きを読む


    歯止めをかけた。1985年4月アッコ 古舘のあっ!言っちゃった!』改題。 前述の番組を更にリニューアルして『アッコにおまかせ!』として1985年10月6日11:45 - 12:30の放送時間で開始。司会者和田とキッチュ(松尾貴史)であり、前番組まで和田と司会を務めた古舘1コーナーのみの出演となった。…
    107キロバイト (16,517 語) - 2024年7月14日 (日) 00:57

    (出典 woman.mynavi.jp)




    上半期のエンタメランキングも気になりますが、やはり猛暑の対策は重要ですね。エアコンの節電方法を知ることで、電気代も節約できそうです。

    1 渡る世間は名無しばかり
    ▼DJ KOOが悲痛…「自宅のエアコンが…」独占取材
    ▼話題の熱中症対策グッズが登場
    ▼開幕まで12日!パリ五輪の見どころ総チェック
    ▼メダルが期待される日本代表選手
    ▼巨大パネルコーナー
    ▼歌や映画、本など上半期のエンタメを総ざらい 話題の絵本「大ピンチずかん」とは?
    ▼ドジャース・大谷翔平選手がまた快挙!きょうの試合を速報 ロバート秋山とまさかのコラボ!?

    出演者
    和田アキ子 峰竜太 陣内智則 ニューヨーク(嶋佐和也・屋敷裕政) 木村昴 なえなの 宇内梨沙(TBSアナウンサー)

    【【アッコにお任せ】「暑い夏こそ節電が重要!エアコン効率アップの裏ワザを伝授」】の続きを読む


    バブル経済(バブルけいざい、Economic bubble)とは、概ね不動産や株式をはじめとした時価資産価格が、投機によって経済成長以上のペースで高騰して実体経済から大幅にかけ離れ、それ以上は投機によっても支えきれなくなるまでの経済状態を指す。バブルは英語で「泡、あぶく」を意味する。多くの場合は信…
    18キロバイト (2,652 語) - 2024年3月17日 (日) 04:02

    (出典 kaiun-net.com)




    「株価が相次ぐ最高値になっているが、過去のバブルの経験からも、過度な期待は禁物だ。しっかりとリスクを見極めて投資を行いたいものだ」

    1 どどん ★
     このところ東京株式市場の日経平均株価が史上最高値を連日更新するニュースで沸いた。12日(金)は値下がりしたものの、株価への注目は続くだろう。
     ここでたびたび登場するのが、バブル経済の絶頂とされる1989年末の最高値3万8915円を上回る「バブル超え」だ。

     ただ「バブル超え」を聞いた時、全く逆の2つを意識してしまう。
     一方で35年かかって上回り、さあこれからだという期待。他方で再び下落に転じ、崩壊が迫っているのではという不安だ。
     相場格言「もうはまだなり、まだはもうなり」とはよく言ったものだ。

     株価4万2000円を超えた今回の最高値はバブル絶頂期とは異なるだろうか。

     確かに今、ディスコのお立ち台で踊る人はいないし(念のためだがジュリアナ東京は1991年)、1万円札を振りかざしてタクシーを探す人も見ない。そもそも一度痛い目にあって繰り返すはずがないだろう…。当時の社会現象を知る人に聞けば「バブルとは違う、違う」と答えるだろう。

     しかし経済情勢を見ると、必ずしも「違う」とだけは言い切れないのだ。

     1989年当時と現在をマクロで比べると似ている点がある。特に金利・為替動向と地価高騰だ。

     このうち金利・為替が似ているというのは意外かもしれない。バブル経済は超低金利政策の産物というイメージが強いからだ。全体を通じてはその通りである。

     しかし1989年当時はすでに金利上昇局面にあった。2.5%だった公定歩合は5月に9年ぶりに引き上げられたあと、10月と12月にも利上げし4.25%に達していた。物価高の圧力を抑えるためだった。ただこの3回の利上げ時の株価値下がり分を市場は“吸収”した。

     またプラザ合意(1985年)以来の円高が続いていたと思いがちだが、1989年当時はむしろ先行利上げした米欧との金利差から生じる円安が問題になっていた。1ドル123円(1月)が143円(年末)まで大幅に下落した。金利引き上げは円安に歯止めをかける狙いもあった。

     水準こそ違うものの当時の金利と為替の方向性は、現在に重なる面がある。

     さらに当時は「バブル」に気付かないまま愚かにも深みにはまっていった…と見下したくなる心理が現在の我々にある。
     ところが実際は現在進行形で「バブル」にある程度気付いていたのである。

     朝日新聞は社説で「経済の不安定さが増した。地価も株価も実態から遊離した高値になって、そのかなりの部分はバブル(泡)である。バブルは常に破裂する危険をはらんでいる」(『朝日新聞1990年1月4日』)と警鐘を鳴らしていた。

     日本経済新聞が経済界トップ20人に聞いた株価予想では、株価上昇の声が多数派だったものの、オリックス・宮内義彦社長と住友電気工業・川上哲郎社長の2人は先行きにかなり慎重な姿勢を示していた(『日本経済新聞1990年1月3日』、肩書はいずれも当時)。

     宮内氏は「(1990年)後半では弱含みが免れない」、川上氏は「予想外の突発事件が起これば今の株価水準からみて暴落もありうる」と説明した。ただ、ともに1990年の下落率を約10%と予想し、実際の下落率39%までには届かなかった。
     予想を超える規模で崩壊したという現実だった。

    以下略全文
    https://news.yahoo.co.jp/articles/13e215c931907ab11bd2eb9626445ef6aa7fbe5f?page=1

    【【株】35年前の警鐘を忘れずに!今こそ株価最高値に警戒を】の続きを読む


    最低賃金(さいていちんぎん、英: Minimum wage)とは、労働市場のセーフティー・ネットとして、最低限支払わなければならない賃金の下限額を定め、使用者に強制する制度のこと。労働基本権に基づくもので、ナショナル・ミニマムのひとつ。 最低賃金の算定にあたっては、賃金は労働者とその家族の生活を保障する水準であるべきだという生活賃金…
    116キロバイト (16,422 語) - 2024年7月12日 (金) 19:08

    (出典 www.nicovideo.jp)




    「中小企業にとっては厳しい状況だろう。経営が悪化すると、雇用にも影響が出てしまうかもしれない」

    1 どどん ★
     最低賃金(時給)を巡る議論の本格化に伴い、中小企業がその行方を注視している。昨年、最低賃金は初めて全国平均で1000円を超え、政府は早期の1500円達成に意欲を見せる。ただ、大手企業に比べて賃上げ余力の乏しい中小には負担が重く、警戒感を強めている。(石黒慎祐)

     「価格転嫁も進まない中で、さらなる賃上げは厳しい。中小企業の業績を十分踏まえた最低賃金の議論をしてほしい」

     神奈川県内で住宅用ガス設備販売会社を経営する50歳代男性は、危機感を募らせる。同社の従業員数は30~50人。人数幅が大きいのは、辞める社員が多いためだ。今年、賃上げを実施したものの、少しでも給料が多い会社に移ろうとする社員も目立つという。


     同社では原材料価格の高騰もあってガス設備の仕入れ費用が上昇しているが、十分な価格転嫁はできていない。求人広告にも多額のコストがかかる。最低賃金の引き上げで、さらなる賃上げ圧力が強まることに危機感を抱く。

     2024年春闘は大手で5・58%(経団連調べ)と大幅な賃上げとなったが、日本商工会議所の調べでは、中小は3・62%にとどまった。中小の業績に直結する原材料や人件費の価格転嫁について、4割以上を転嫁できた企業は半分にとどまるという事情がある。

     最低賃金は、中央最低賃金審議会(厚生労働相の諮問機関)で示された引き上げ額の目安を参考に、都道府県の審議会で議論され、実際の引き上げ額が決まる。昨年は地方の審議会で異変が起き、24県で中央の目安を上回った。


     地方ほど人手不足が深刻で、引き上げ機運が高まった結果だが、「隣県を意識し、『全国最低になりたくない』という、非合理的な意識が過熱したこともある」(経済団体幹部)との見方が出ている。

     こうした状況に日本商工会議所の小林健会頭は「賃上げ競争みたいになっているが、最低賃金は罰則がある法律だ。(中小企業の中には)無理しているところもあるのではないか」と指摘する。

     中央審議会は、7月末をめどに目安を決定する見通し。参加者の一人は「引き上げる理由は多い。あとは労使が納得する水準の探り合いだ」と話す。政府は6月に閣議決定した「経済財政運営と改革の基本方針(骨太の方針)」で「30年代半ばまでに1500円を

    目指すとした目標について、より早く達成できるよう取り組む」と明記した。中小がこうした賃上げペースについていくためには、好業績の大手企業が、取引先の中小の求める価格転嫁に応じることが求められる。

    読売新聞
    https://news.yahoo.co.jp/articles/bcf16ebc17c864764176fbf3c4fcba93a94ada86

    【【賃金】価格転嫁の難しさが問題視される中、最低賃金引き上げの影響】の続きを読む


    就職活動のサムネイル
    就職活動(しゅうしょくかつどう、英: job hunting)は、職業に就くための活動の総称。略す場合は「就活(しゅうかつ)」という。また一般に、仕事をしていた人が一度退職し一定のブランク期間(働かない期間、離職期間、あるいは失業期間)を経て、再び就職することを再就職という。 就職活動のあり方は、世界を見渡せば多様である。…
    88キロバイト (8,058 語) - 2024年5月21日 (火) 19:13

    (出典 kobusalad.com)




    高校生が“金の卵”と呼ばれるほど求人倍率が上昇しているなんて驚きですね。若いうちからしっかりと成長し、将来を見据えて活躍してくれる人材を積極的に採用する企業が増えているのでしょうか。

    1 煮卵 ★
    高校生の就職活動が7月から解禁となり、名古屋市では高校生向けの就活イベントが行われました。高卒者の求人倍率は年々上昇していて、高校生は「金の卵」とも呼ばれています。

     7月から事実上の解禁となった高校生の就職活動。12日、名古屋市内で高校生向けの就活イベントが行われ、54の企業が出展し、265人の高校生が参加しました。

     「どの企業も魅力的な話いっぱいあるので、目移りしてちょっと緊張しますけど楽しいですね。適職診断みたいなのをしたら、営業職や飲食業がいいと言われました」(男子高校生)

     「(希望は)販売などの接客業ですかね。自分がアルバイトしているところが接客業なので、接客ができたらと思う」(女子高校生)

     実はここ数年、高校生の新卒採用の熱が高まっています。愛知労働局によりますと、愛知県内で今年3月に卒業した高卒者の求人倍率は過去最高の4.46倍。統計開始以来、初めて4倍を超えました。

     高校生にとっては「”超”売り手市場」。

    就職活動をサポートする企業も、大きな変化を感じています。

     「最近やはり若手の採用人材不足というところもあり、高校生の新卒を求める企業が増えてきている。長期的な戦力を狙える人材としてはめちゃくちゃ魅力的。“金の卵”ですかね」
    (ジンジブ名古屋支店長・佐々木仁義さん)

    ◼東海地方の一番人気の職種は

     まさに「金の卵」を求める様々な企業が、工夫を凝らして高校生にアピール。

     「さっき壁張り(体験)をしたが、なかなか面白くて。いろんな体験をいろいろな企業が今やっているので、この体験を今後に生かせたらなと思って」(男子高校生)

     東海地方でとくに人気が高い職種は…。

     「やはり東海地方に関しては1番は製造業のものづくり系。今の時代ネットの発達があり、IT系やプログラミングとか、パソコン系の仕事もニーズが高まっている」(ジンジブ名古屋支店長・佐々木さん)

     高校生の就職活動は、学校の求人票を見て企業を選ぶのが一般的。そして愛知県の場合、10月末までの選考に応募できるのは、1人1社までというルールがあります。

     「1人1社制」は、効率的に人材を確保できる企業側のメリットがある一方で、
    仕事内容や職場環境とのミスマッチが起きやすいなどの問題点も指摘されていて、愛知県でも見直しを求める動きが。

     「慎重になると思います。1社受けて落ちたらどうしようという恐怖はあると思うので、(就職イベントを活用し)複数社の話を聞いていただきたい」(佐々木さん)

    [メ~テレ]
    2024/7/13(土) 9:00
    https://news.yahoo.co.jp/articles/3cc0f50ed8efdb422803255ff8acf055b3affec9

    【【就職】高卒生が“金の卵”と呼ばれる理由とは?求人倍率が急上昇中!】の続きを読む

    このページのトップヘ