ニュースちゃん24

ニュース全般
  芸能
社会・生活
閲覧 ありがとうございます


    2020年も残すところ2週間ほど。外はすっかり寒くなった。

    寒くなると恋しくなるのが、やっぱり鍋料理だ。

    今年は新型コロナウイルスの影響で、みんなで鍋を囲む...ということも難しくなってしまった。

    そうなると余計に、「楽しく鍋パーティーしたい!」という気持ちになる人もいるかもしれない。

    ところで、複数人で鍋料理を食べるときは、それぞれが自分のお椀に食べる分の具と鍋つゆをよそう。

    そうして具材を食べていった後、お椀にはつゆが残っている場合が多いだろう。この余ったつゆについて、たびたび議論になる問題がある。

    シメの前に残ったつゆを鍋に戻すか、戻さないかだ

    例えば19年11月13日に放送された「今夜くらべてみました」(日本テレビ系)では、重盛さと美さんと指原莉乃さんが、つゆを鍋に戻した経験があると発言。このときツイッターでは

    「鍋にスープ戻すとか絶対ありえないわ」
    「鍋のスープは家族となら当たり前のように戻すね!!」

    などの声が寄せられていた。

    そこで、Jタウンネットでは2019年11月17日〜20年12月14日の期間、「食べ終わった鍋のつゆ、戻しますか?」をテーマアンケート調査を行った。

    投票総数は1237票。シメの前につゆを鍋に戻す人は、どれくらいいるのだろうか。

    全地方で一定数が「戻す」派

    用意した選択肢は、「戻す」「外では戻さないが、家では戻す」「戻さない」の3つ。

    全国の結果を集計すると、以下のような結果になった。

    town20201216120707.jpg

    全体の83.3%にあたる1030票が「戻さない」と回答。一方で「戻す」には30票(2.4%)、「外では戻さないが、家では戻す」177票(14.3%)が集まった。

    大多数が「戻さない」派ではあるが、6人に1人は「戻す」場合があるということだ。

    これを多いと見るか、少ないと見るかは自分がどちらの派閥に属しているかによって違うかもしれない。「戻さない」派で、これまで「戻す」派の人と鍋を囲んだこともない筆者(兵庫県出身)としては、「意外と多いんだな...」という思いだ。


    ところで、この調査のきっかけとなった番組で「つゆを鍋に戻す」と発言した二人はともに九州地方出身(重盛さと美さんは福岡県指原莉乃さんは大分県出身)。

    また、ともに福岡県で育った漫才コンビ博多華丸・大吉さんも過去のラジオ番組などで「戻す」派であると主張していた。

    「つゆを鍋に戻す」のは、九州の文化なのだろうか?

    Jタウンネットの調査では、投票者がどの都道府県から投票したかも記録されている。

    そこで、地方ごとに結果に差があるのかも調べてみたところ、九州を含むすべての地方で「戻さない」が8割台。また、どの地方でも自宅以外でも「戻す」人は、「外では戻さないが、家では戻す」人よりも圧倒的に少ない。

    「つゆを鍋に戻す」のは九州特有の文化ではないが、どの地方でも「戻す」人は一定数おり、家でひっそりと鍋につゆを戻していることが多いようだ。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 3.bp.blogspot.com)



    <このニュースへのネットの反応>

    【(ニュース記事)6人に1人、シメの前に残ったつゆを鍋に戻す?アンケート調査の衝撃!(画像)】の続きを読む


    代替テキスト
    12月9日、“魂のスピーチ”で国民に訴えたメルケル首相(写真:時事通信

    ドイツではこれまで『もしクリスマスロックダウンになれば暴動が起こる』と言われていました。でも、実際にロックダウンが決まったら、暴動どころか国民が一丸となってコロナと戦おうとしています」

    こう驚きをあらわにするのはベルリン在住の日本人だ。ドイツでは16日からこれまでよりも厳しい外出制限である「ロックダウンハード」が始まることが決まった。

    クリスマスヨーロッパでは一年で最も重要なイベントです。イギリスフランスでも、クリスマスは一時的に外出制限を緩和すると発表されています。しかし、ドイツでは1月10日までお店も学校もできるだけ閉まるようになり、クリスマス前後の3日間は各世帯+4人までの親族の集会だけが可能となりました。

    また、ドイツ人にとっては年越しもビッグイベントです。普段は禁止されている花火が大晦日だけ解禁となるため、花火を人に向けて打ちまくるのがドイツの年越しです(笑)。例年この時期のみ、大量の花火がスーパーで飛ぶように売れていくんですが、今年は花火の販売もなくなりました。それでも国民が素直に従っているのは、やはりメルケル首相の真剣な訴えに耳を傾けたからだと思います」

    ドイツ国民を一つにまとめたというアンゲラ・メルケル首相(66)の“魂のスピーチ”は、9日に連邦議会で行われた。

    「(クリスマスマーケットの)ホットワインワッフルの屋台がどれほど恋しいことでしょう。外食できずに持ち帰りだけが許されるなんて納得できないこともわかっています。ごめんなさい。本当に心の底から申し訳ないと思っています。でも、毎日590人の死者という代償を払い続けることは、私には受け入れられないのです。(中略)クリスマス前に多くの人と接触したせいで、『あれが祖父母と過ごす“最後“のクリスマスだった』なんてことにはさせたくない、それだけは避けたいのです」

    普段は冷静な対応で知られるメルケル首相が、「心の底から」と言う時には胸に手を当て、また両手を合わせて懇願。また時には絞り出すような声で必死に訴えたこのスピーチは、ドイツ国民だけでなく、世界中から賞賛された。ベルリンでは、ロックダウン直前の12日の土曜日サンタの格好をしたバイカー集団約100人がチャリティーイベントを開催したという。

    「寄付を募り施設の子供にプレゼントを届けるサンタ集団なんですが、感染対策ということでバイクによるパレードをしました。ベルリン市民は距離を取りながらも沿道でペンライトを振るなど賛同する意思を伝えていました。今ドイツで起きていることは、暴動どころか、国民が連帯感を持ってこのコロナ禍での特別なクリスマスを迎えようとしているんです」(前出のベルリン在住日本人

    一方の日本では、「こんにちは、ガースーです」と菅義偉首相(72)が動画配信番組で笑いながら出演したことで批判が殺到した。その直後に支持率が急落。菅首相は14日、これまで頑なに「感染拡大のエビデンスはない」と言って停止を拒んできたGoToトラベルの全国一斉停止を発表した。

    「菅首相は14日夜、トラベル事業と感染拡大の関連を示すデータはないとの認識を変えたのかどうか記者団に尋ねられると、『そこは変わらない』とし、『あくまで専門家の意見を踏まえた一時的な措置だ』と強調しました。結局、これまでの自身の主張を覆す決定についての明確な説明はありませんでした。GoToトラベルと感染拡大に因果関係がないといまだに言い張るなら、一時停止するのはなぜなのか。方針に一貫性がないこと以上に、その説明がなされないことが、何より国民を混乱させていることに気がつくべきではないでしょうか」(全国紙記者)

    菅首相が9月の就任以来に行った会見は、訪問先のインドネシアを含めて計3回のみで、国会は閉会。12月4日の会見も終始原稿に目を落としたまま、国会答弁と同じ内容を繰り返しただけで「朗読会」と批判された。桜を見る会、学術会議任命拒否、Go Toトラベル、何一つ国民が納得できる説明をせず、自らの言葉を発することもなく、国民をはぐらかし続けている。ツイッターでは、

    《国民に危機を訴えかけるメルケル首相 日本の首相は?》
    《メルケルさんとは格が違います。満面の笑顔「こんにちは。ガースーです」》
    《メルケルさん見て思ったけど、日本も民衆の心に響く言葉を発せる指導者がいる国であってほしい》
    《支持率急落したら、慌ててGoto停止。国民のためではなく自分のためにやっていることがわかる》

    心からの言葉で国民に向き合うメルケル首相。菅首相は一体どこを向いている?



    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 4.bp.blogspot.com)


    どこの国も大変です。

    <このニュースへのネットの反応>

    【(海外ニュース)ドイツ、メルケル首相のスピーチに国民が一丸となる。ほんま?】の続きを読む


     サプリメントメーカーDHCが公式サイト上にアップしているある文面が、批判を集めている。

     問題となっているのは、DHCが行っている現金1万円プレゼント企画「ヤケクソくじ」について説明している文書に記されていた文面。毎月335名に現金をプレゼントするというこの企画だったが、その企画名が一部で疑問の声を集めていた。

     DHCの代表取締役社長・CEOである吉田嘉明氏の名前が記されたその文書の中で、吉田氏はDHCのサプリについて、「国産の原料を使用し、どこよりも配合量が多く、どこよりも廉価であることから日本で最も愛用されている実質No.1サプリです」と説明。しかし、サプリの売上金額のみだとサントリーに売上が負けていると明かした。

     さらに、サントリーのサプリについて、「DHCなら500円で売れるものを5,000円近くで販売している」「消費者の一部は、はっきり言ってバカですから、値段が高ければそれだけ中身もいいのではないかと思ってせっせと買っているようです」と揶揄。そうした企業努力を分かってくれない消費者を取り入れるため、自暴自棄で「ヤケクソくじ」を始めたと説明していた。

     ​>>「お母さん」から電話? 斬新なネット広告に「怖すぎる」の声 実際に電話した人から驚きの報告も<<​​​

     また、文書の後半では、「サントリーのCMに起用されているタレントはどういうわけかほぼ全員がコリアン系の日本人です」と断言。「そのためネットではチョントリーと揶揄されているようです」とし、「DHCは起用タレントをはじめ、すべてが純粋な日本企業です」とアピールしていた。

     しかし、文書の後半に記された民族差別とも取れる文章に、ネット上からは「いろいろひどすぎる」「今の時代にこの価値観はあり得ない」「チョントリーなんて言葉初めて聞いた」といった批判の声が殺到する事態となっている。

     ツイッター上では、すでに「差別企業DHCの商品は買いません」というハッシュタグが誕生し、不買運動も始まっている。果たして、騒動にDHCは反応するのだろうか――。

    記事内の引用について
    DHC公式サイトより https://www.dhc.co.jp/main/main.jsp

    画像はイメージです


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 www.dhc.co.jp)


    え~、これって本当のことですかね。

    <このニュースへのネットの反応>

    【(ニュース記事)DHC企画「ヤケクソくじ」についての説明文に記されていた文面がヤバい!】の続きを読む


    GoToトラベルが全国で一時停止されるなど、新型コロナ感染拡大が深刻な状況となり、マスク着用や手指の消毒などの対策が、改めて呼びかけられている。ところが、そんな対策をあざ笑うかのようなツイートが波紋を呼んでいる。(監修:濵門俊也弁護士

    消毒ボトルの中身「水に入れ替えておきました」

    事務所の受付に置いてある来客用の消毒液、こっそり中身を捨てて、水に入れ替えておきました。みんなの安全を考えて」というツイート12月15日に写真付きで投稿された。

    写真からは、消毒液の入った容器をひっくり返して中身を捨てた上で、空となった容器に水を詰めているように見える。なお、ツイートしたアカウントはすでに削除され、ツイートも閲覧できない状態だ。

    このツイートに対して、ネットでは「タチ悪すぎ」「コロナでも風邪でも消毒自体は有用でしょ」「業務妨害にならないの?」など批判が殺到している。

    器物損壊、業務妨害などに問われる可能性

    なぜこのような行為に及んだのか。投稿者の真意は不明だが、水を手指に霧状で吹き付けても、消毒液と同じような効果は得られないと考え、来客が手指を消毒しようとするのを阻もうとしたのかもしれない。

    いずれにせよ、勤務先に置かれている消毒液を捨てる行為は、他人の財物の効用を害するものとして、器物損壊罪が成立する可能性がある。

    また、来客用の消毒液は勤務先の業務で使用されているものであり、それを捨てれば、勤務先としてはあらためて消毒液を用意する必要に迫られるなど業務遂行に支障が生じ得ることから、偽計業務妨害罪が成立する可能性もある。

    刑事責任とは別に、捨ててしまった消毒液と同額程度(さらに、立証できれば、業務に支障を来した場合、支障を来さなければ得られるはずであった営業利益等)の民事上の損害賠償責任や、勤務先の備品を故意にダメにし、業務に支障を来したことに対する懲戒処分などを受けることも考えられる。

    「消毒液はコロナ対策にならない」と考えることも、その信念を実践するため消毒液を使わないことも本人の自由だ。しかし、それを自分以外の人にも求めようと今回のような行為をすれば、法的な責任が発生する可能性があることを忘れてはならない。軽率な行為は慎むべきである。

    【取材協力弁護士
    濵門 俊也(はまかど・としや)弁護士
    当職は、当たり前のことを当たり前のように処理できる基本に忠実な力、すなわち「基本力(きほんちから)」こそ、法曹に求められる最も重要な力だと考えている。依頼者の「義」にお応えしたい。

    事務所名:東京新生法律事務所
    事務所URLhttp://www.hamakado-law.jp/

    消毒液ボトルに水を詰め替える「確信犯」に批判殺到、法的責任はどうなる?


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 www.popalpha.co.jp)


    意味が分からない。

    <このニュースへのネットの反応>

    【(ニュース記事)消毒ボトルの中身「水に入れ替えておきました」???】の続きを読む


     キャッシュレス還元策からコロナ禍を経て、多くの人がキャッシュレス支払いに移行しつつある。一方で、現金払いを続ける人も数多い。その理由はいったいなんなのか。Office With(大阪府大阪市)が、現金払い派の人にアンケートを実施した。

    【その他の画像】

     現金払いを続けている理由のトップに入ったのは、「お金の管理がしやすい」(32%)だった。現金で支払うことで財布の中身が把握しやすいということだが、現在はクレジットカードの支払履歴や銀行口座の入出金を管理できるサービスも多くある。

     2番めに理由として挙がったのは、「発行やQRコード決済の登録が煩雑」(15%)だった。どれを登録したらいいのか、お得なのか、安全なのかといった悩みがハードルになっているようだ。

     一方で、現金払いで感じるメリットとはどんなものか。トップとなったのは「使いすぎない」(41%)だった。2位にも「お金の動きが見える、管理しやすい」(35%)が入った。お金の管理をどのように行うかで、キャッシュレス派と現金派の考え方の違いがあるようだ。

     3番めには「どの店でも利用できるから」(10%)が入った。クレジットカードQRコード決済には、店舗側が対応している必要があるが、確かにどの店でも利用できることは現金のメリットだ。

     現金払いのデメリットとしては、「ポイントや優待がない」(36%、1位)、「支払いに時間がかかる」(16%、2位)などが入った。また4位には「不衛生」(10%)という回答が入り、コロナ禍の影響が感じられる。

     回答者560人中の過半にあたる314人が「今後も現金払いを続けていく」と回答しており、キャッシュレス化への道のりはまだ遠そうだ。

     今回の調査は12月2日から6日にかけて、男女560人にインターネット上で行われた。

    「現金払いを続けている理由」


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 1.bp.blogspot.com)


    どっちもどっちかな~

    <このニュースへのネットの反応>

    【キャッシュレス派より現金派の人のメリット・デメリット】の続きを読む

    このページのトップヘ