ニュースちゃん24

ニュース全般
  芸能
社会・生活
よろしければお立ち寄りください


    ―[結婚につながる恋のはじめ方]―


     みなさん、こんにちは。結婚につながる恋のコンサルタント山本早織です。

    ◆「生涯未婚予備軍」となる40代男性

     毎年12月は世の中、プロポーズラッシュなのはご存じでしょうか? 12月になると次の新しい年をどう過ごそうかと考える方は多いですよね。

     そんな中、「年内にきちんとしておきたい」とプロポーズする方、街の雰囲気に背中を押されてプロポーズする方、本当に12月は恋人たちのためにある気がします。

     しかし、結婚がしたいと思っても結局、できずに人生の年月が過ぎてしまう方もたくさんいます。「生涯未婚予備軍」の方たちです。

     今回は40代男性が実は「こじらせ女子」よりタチが悪いということをお伝えしながら、40代で結婚を望む男性がきちんと結婚という第二の人生への足を踏み入れるきっかけにしてもらいたいです。

    バツイチ42歳男の婚活

     アツヒロさん(仮名・42歳)は34歳で一度離婚を経験し、そこから仕事に生きてきた男性。

     もう2度と結婚はしたくない……というより失敗はしたくないと考えていて恋愛関係に発展する女性が出てきても結婚まで進まずお別れをしてきました。しかし、いよいよ43歳を目前にして子供が欲しいという気持ちになり、再び結婚をしたいと思い直し、入会しました。

     10人ほどのお見合いをして、1人の真剣交際をしたいという女性に出会えました。

     やはり一度結婚をした経験があり、恋愛にも困ったことのないアツヒロさんなので、出会ってから好意を持ってもらうまでには時間がかからないなぁと感心。ただ、このままスムーズに成婚まで進むのであろうと思いきや、そんな簡単ではありませんでした。

    ◆結婚への不安の正体は?

     真剣交際になり、現実的に「結婚」の2文字が見え始めると、それまでとても前向きな話ばかりしていたのに、突然、相手の女性に対して気になっている点があると相談の連絡をマメにしてくるようになりました。

    「相手の女性との家事の分担で価値観が合わないのではないかと思い始めた」「いつも自分がご馳走をしていて、経済的な感覚が心配」「相手の仕事について話したのだが、もしかしたら本当は辞めたいのかもしれない。すべてを自分が養うとなったら不安だし、そこまでして結婚したいのかわからない」などなど……。

     最初は気がかりなことを聞いてはアドバイスしたり、お相手の女性の相談所へ連絡を入れ、本当の気持ちを確認してもらっていました。

     しかし、あまりに次々と出てくるネガティブな内容に、本当はそんな相談がしたいのではなく、ただ結婚への不安や恐れを別のかたちで表現しているだけであることに気づきました。

    ◆結婚を恐れる男と覚悟を固める女

     人は自分が選んだものや思ったことを「正解だ」とするために証拠集めをします。

     アツヒロさんは結婚に対しての不安や恐れの感情を抱き、「この結婚は進めてはいけないのではないか」と考え始め、その証拠集めをしているにすぎませんでした。

     40代の男性の多くは、「結婚したい」とアクセルを踏んでいるときにはまっすぐ進むのに、いざ結婚という幸せの切符を手に入れられると確信すると突然ブレーキを踏み、「変化が怖いよ~」「失敗が怖いよ~」と不安と恐れの感情でいっぱいになります。

     根拠のない漠然とした不安にネガティブになる人は多く、一方で腹を決めたら強い女性は彼に対して「どんなことでもついていく!」と幸せになる覚悟が決まっており、その覚悟もまた怖いのです。

    ◆結論が出ないまま時間を浪費

     アツヒロさんはその後、真剣交際を異例の3か月続け、(結婚相談所の用語で「真剣交際」は男女の体の関係も持つことなく、お互いをよく知るために行動している状態で通常は1か月~1.5か月)、その後、話し合いの末、別れることに決めました。

     私は何度もアツヒロさん自身の問題であり、彼女が違うとか悪いとかではないと伝えました。アツヒロさんもそのことに同意はするものの、今の時点で決断することはできないという答え。

    「じゃあ、長く真剣交際を続けたら決められるのか?」と聞くと、「それもわからない」と。結局、女性もこのまま時間を無駄にしたくないと交際終了に同意。お別れすることとなりました。

    ◆「40歳まで結婚できない男はダメ」は本当?

    「40歳まで結婚できない独身男は何かしらの問題がある」と昔からよく言われていました。私も全員ではないにせよ、40歳まで独身の男性はやはりクセがあったり、プライベートでの決断力に欠けていたりと、やはり「何かある」と感じています。

     自意識や自己評価をこじらせてしまった女性を「こじらせ女子」といいますが、40代で不安と恐れに勝てず決断できない「こじらせ男子」のほうがよほど事態は深刻です。

     この記事を読んだ40代独身男性の皆さん。チャレンジをしない人生は人生自体に後悔が生まれてしまうかもしれませんよ。

     チャレンジすることでしか得られない幸せと成長を手に入れるため、今こそ第二の人生でもある結婚への決断が必要なのではないでしょうか!

    【山本早織】
    1985年、東京生まれ。アイドル、銀座のホステスなどを経て、現在は恋愛コンサルタントとして結婚したい男女に向けて情報や出会いの場を提供する。メルマガ「結婚につながる恋のコンサルタント山本早織があなたの恋のお悩み解決し、最高の結婚生活の作り方も教えます」が配信中。公式ホームページ「結婚につながる恋のコンサルタント 山本早織

    ―[結婚につながる恋のはじめ方]―




    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 previews.123rf.com)


    生き方の変化、多様性の時代でもあると思いますが。

    <このニュースへのネットの反応>

    【(ニュース記事)毎年12月はプロポーズの季節?「結婚できない40代男性」難点は!(画像)】の続きを読む


    サンタと少年(Sergii Gnatiuk/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

    サンタさん、僕におもちゃの銃をください」。そう話す男の子サンタ役の老人が苛立ち、「無理だな」などと答えて泣かせてしまったことを、『New York Post』などが報じている。


    ■サンタとの対面

    米国・イリノイ州で暮らす小さな男の子が、12月6日にショッピングセンターに行き、サンタと対面した。

    当然ホンモノではなくサンタに扮した老人だったが、男の子は「サンタさんに会うのは初めて」と喜び、声をかけることに。その際「おもちゃの銃をください」とリクエストしたが、サンタの答えは意外なものだった。


    関連記事:死が迫る娘を見かねた父親が無理心中か 残された母親にも同情の声

    ■思わず涙を流した男の子

    男の子おもちゃの銃をねだられたサンタは、「ダメだ、銃はいかん」と拒否。男の子と一緒にいた母親が慌てて「この子が欲しがっているのは、ホンモノではなくおもちゃです」と声をかけたが、それでも「ダメだ、おもちゃでも無理」と答えた。

    サンタはさらに「パパが買ってくれるならともかく、わしからは無理だ」「おもちゃなら、他にもたくさんあるだろう。車やトラックはどうだ?」とも言い、ショックを受けた男の子は泣き始めてしまった。


    ■母親の怒りが爆発

    この様子をとらえた動画を、母親がSNSで公開。「息子がかわいそう」「咄嗟に『これはホンモノのサンタさんじゃないの、お手伝いをしている人なのよ』と話すはめになった」などと書き込んだ。

    ショッピングセンターはこの家族に謝罪し、サンタ役を務めるスタッフに、個人的な考えを押し付けないよう指導したことを公表した。なお、その後に別のサンタ役が男の子の家を訪問し、欲しがっていたおもちゃの銃を贈ったという。


    ■世間の声は様々

    この件について、世間からはいろいろな意見が噴出している。

    インターネットには「銃はダメだと話したサンタ役の老人は偉い」「悪いのはサンタではなく甘すぎる母親」とサンタ役を擁護するコメントもあれば、「サンタが頑固で大人げない」「クリスマスイベントなんだから、子供を喜ばせてあげればよかったのに…」と批判するコメントも書き込まれている。

    サンタの対応は正しかったのか、それとも思いやりに欠けていたのか。社会的には正しかったという意見もあるが、男の子が受けたショックは大きかったようだ。

    ・合わせて読みたい→引っ張った赤ちゃんの頭が分娩室の床を転がり… 小さな命への医療過誤が発生

    (文/しらべぇ編集部・マローン 小原

    サンタ役の老人が「おもちゃの銃ちょうだい」を拒否 子供を号泣させ論争に


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 d34ip4tojxno3w.cloudfront.net)


    おもちゃでも銃って言われたら、やっぱり水鉄砲かな?

    <このニュースへのネットの反応>

    【(ニュース記事)アメリカでのこと、ショッピングセンターでサンタ役の老人に「銃をください」と言った男の子、拒否されて泣く!】の続きを読む


    代替テキスト

    2020年ネット上を大いに騒がせた数々の炎上案件。なかでも、“キレる中高年男性”を巡る問題の象徴として、大きな議論を呼んだ「ポテサラおじさん論争」は記憶に新しい。

    これは、惣菜コーナーポテトサラダを手にとった子連れの女性が、中年男性から「母親ならポテサラくらい作ったらどうだ」と言われるのを目撃した、というツイートが発端となった論争だ。

    日ごろ、中高年男性の傍若無人なふるまいを腹にすえかねていた読者も多かったと見えて、この件に関して編集部にもさまざまな声が寄せられたが、東京都の主婦・Iさん(44)から届いた、“ポテサラおじさん”に勝るとも劣らない衝撃の体験談をここに紹介しよう。

    Iさんの訴えによると、それは、いきつけのクリーニング店に夫のYシャツを持っていったある秋の日のこと。いつも感じのよい女性が迎えてくれる受付に、見知らぬ中年男性がブスッと座っていて、Iさんが店に入るなりギロッとひとにらみ。戸惑いながらもYシャツをその男性に差し出すと、信じられない言葉が返ってきたというのだ。

    その言葉とは、「自分の旦那のYシャツくらい自分で洗ったらどうなんだ!」

    あまりのことに驚き、思わず踵を返して帰ってきたというが、やり場のない怒りとモヤモヤが消えずに編集部に報告してくれたとのこと。

    ちなみに、後から近所の人から聞いた話では、その男性はいつも受付にいる女性の夫だったとか。定年退職したばかりで、ときおり奥さんの家業であるクリーニング店を手伝っているのだが、その感じの悪さから評判は最悪。あちこちで話題になっているそうだ。

    あなたも、女性蔑視的な考えにとらわれた“時代遅れおじさん”には気をつけて。理不尽にキレられたら、毅然とした態度で対応する覚悟を持つことも必要だ。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 c-www.gnst.jp)


    駅の階段の端を登っていたら、いきなり怒鳴られたことがありました。(意味わからん)

    <このニュースへのネットの反応>

    【(ニュース記事)中高年男性を巡る問題、なぜキレる?「ポテサラおじさん」と「Yシャツおじさん」】の続きを読む


    ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください

    ドラえもんのお風呂シーンカット要望署名

    署名サイト「Change.org」にて“#ドラえもんお風呂シーンカットを希望します”という署名活動が開始されている。

    この活動の目的はそのままで、お風呂を覗く行為を助長するようなシーンアニメ内で放送しないでカットするよう要望するというもの。

    映画化の際も不要なしずかちゃんの裸シーンを入れないでほしい、また既存のエピソードを放送する場合はお風呂覗きシーンの映像を避ける。

    といった要望だ。

    何故ドラえもんに対してなのか? それは子供が幼少期の頃から長期にわたって見る物であり、これが基準になっては行けないからだと考えているようだ。

    このキャンペーンには数多くの賛同が集まっており「4才の息子と一緒に安心して観たいからこそ、この署名に賛同します」、「ドラえもん大好きですが、これは賛同します」、「『お風呂のぞき』がドラえもんに必須とは思えません。必須なら終わった方が良い」、「日本のアニメ変わってほしい」という厳しい意見が投稿されている。

    また署名は既に672人集まっている。宛先はテレビ朝日となっているようだ。

    Twitterでも「#ドラえもんお風呂シーンカットを希望します」というハッシュタグが拡散している。

    ドラえもんのお風呂シーンカット要望署名

    ドラえもんのお風呂シーンカット要望署名

    ドラえもんのお風呂シーンカット要望署名

    署名活動人



    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 i.ytimg.com)


    う~ん、どうなんでしょうかね。

    <このニュースへのネットの反応>

    【(ニュース記事)ドラえもん、お風呂覗きはありえない?】の続きを読む


    画像はキャプチャ

    画像はキャプチャ

    就活生の身だしなみと言えば、黒無地のスーツが基本だ。そして女子の場合は、ポニーテールナチュラルメイクヒール付きパンプス。男子の場合も、額と耳周りが隠れない短髪が求められ、地味な色のネクタイを着用することなどが定番になっている。

    就職活動をめぐる数々の”決まりごと”は当然のように男女別に用意されているが、こうした既存の就活スタイルに疑問を持つ団体「Smash Shukatsu Sexism」(SSS)が抗議の声を挙げるべく署名活動を行っている。

    キャンペーンのタイトル「#就活セクシズム をやめて就職活動のスタイルに多様性を保証してください!」12月4日までにオンライン上で4000人以上が賛同しており、同様の疑問や不満を持っている人は多いようだ。

    “女性らしさ”の押し付けに耐えられず就活断念

    「男女どちらでもなく、ただ『一人の人間』として見てほしいタイプの人間です」

    自己紹介する水野さん(30代)もメンバーの一人。身体は女性だが、自身を女性でも男性でもないと考えているXジェンダーで「決してこの体が好きという訳ではなく、理想は男女どちらでもない身体です」と話す。

    署名キャンペーンでは「男女二元論やジェンダー規範の押し付け」「マナー本などによる性差別的な指南」の2点の見直し求めている。訴えの背景の一つには、水野さん自身が就活時に体験した苦しい過去がある。

    2013年に大学を卒業した水野さんは、男女二元論で”女性らしさ”を押し付けられる就活スタイルに精神的に追い詰められ、就活を続けられなくなったという。当時は「規範に合わせられないのは自分がマイノリティーであるせい」と思い込んでいたというが、

    「『女性は化粧がマナーです』『ヒールストッキングマナーです』『女性らしく』という指南を”女性”とされる人々に一律に押し付けることは、直感的に、『侮辱的だ』と感じていました」

    と”女性らしさ”を強要されることに嫌悪感を抱いていたという。

    それでも”新卒カード”の重みを感じていた水野さんは「今年就職できなければ終わり」「親に顔向けできない」という思いで就活を続けた。

    そこで、体のラインを強調しない、できるだけ真っすぐなラインスーツを探し回り、靴はフラットな革靴ではなく、紐革靴にヒールが付いているハイブリッドタイプに妥協。靴下も本当は履きたかったにもかかわらず、靴下丈のストッキングを着用するなど苦労しながら自分なりの妥協点を見つけていった。

    面接当日はパンツスーツネクタイをして、化粧はせず、フラットな革靴を履いて、志願先の最寄り駅まで行く。駅に着くと、トイレで簡単に化粧し、ネクタイを外して、ヒール付きの革靴に履き替えて面接に向かっていた。面接後は、逆の手順を経てから帰宅。”女性らしさ”を強要されている姿では、極力人目に触れたくなかったという。

    「ジェンダー・マイノリティの方々は、私と似たような感じで乗り切っている方も多いと想像します」(水野さん)

    その後は、自身のアイデンティティを偽っていたこともあり、十分に活動できないまま就活を断念した。周囲がジェンダー規範に飲み込まれていくのを見るのが怖くなり、大学や職探しの場から足が遠のいてしまったと振り返る。

    「人を踏むのをやめてほしい」という主張

    署名活動を通じて「男女二元論やジェンダー規範の押し付け」「マナー本などによる性差別的な指南」の見直しを掲げていることについて、水野さんは

    「署名の宛先に訴え、就活指南の問題を解消してもらうことが第一ですが、まずは社会全体に署名で掲げる2点の問題について知ってほしいです」

    と語る。あくまでも「自由にさせてほしい」と主張しているわけではなく、「人を踏むのをやめてほしい」と訴えていることを強調する。

    だが、その一方で「この状況を作り上げたり加担したり、見過ごしてきた企業や団体、個人には変わってほしいですが、シレッと変わってほしくない気持ちもあります」と複雑な気持ちも吐露する。

    「だからわざわざ声を上げ、良い意味で大騒ぎしようと思いました。『この規範、指南、状況は一部の人たちをずっと踏み続けてきた』という事実を認識した上で変わってほしいし、人々がしっかりと抗議したという事実を社会(歴史)に残したいです」

    さらに、水野さんは『令和だから』『この時代だから』変わろうというのではなく、「苦しんできた人々はずっといて、それがやっと表面化しただけなんです」と主張する。だからこそ、現状を”なかったこと”にしてシレッと変わるのでなく、苦しんでいる人がいることをしっかりと認識してほしいという思いがあるという。

    「既存のジェンダー表現にハマらない学生に二重の苦痛をもたらします」

    現状の就活スタイルの問題点について、水野さんは「男女の『こうあるべき』というスタイルワンパターンずつしか示されておらず、というより、それしか選択肢がないかのような提示がされています」と指摘する。

    こうした特定の就活スタイルを指定することは、それ以外のアイデンティティ、ジェンダー表現をしている人たちの存在をないものにしたり、その人たちに望まぬジェンダー表現を強要したりすることにつながるという。また、その人の本来の能力の発現を阻害する可能性もある、と警鐘を鳴らす。

    「これはアイデンティティの問題です。例えば現在のスタンダードでしっくりくる人が、無理やり真逆の服装をまとうことを強制される状況を想像してもらえると、理解の手助けになるかもしれません。自分に合ったジェンダー表現をしつつ、ビジネスの場に相応しい服装をすることは、両立できます」

    決して”わがまま”でなく、やりたい放題の服装をしたいわけでもないと話す。

    また、男女ともに抑圧的、性差別的なマナーや服装指南が当然のように受け入れられ、通用してしまっていることも問題だという。例えば、男性ならば「短髪」「黒髪」「鞄、靴の色は黒」「髭は剃る」といった指南がみられ、出世や幹部候補生を意識させるような文章も目にする。

    女性であっても「化粧」「ヒール付きパンプス」「肌色のストッキング」が前提にされたり、マナーとして紹介されたりすることが多い。さらに、一律に「体の曲線的なライン」「女性らしいライン」を強調することを勧めるようなスーツ販売店の広告手法もある。水野さんは、

    「これは、多くの女性だけではなく、既存のジェンダー表現にはまれない学生にも二重の苦痛をもたらします」

    などと問題提起し、多様な選択肢を設ける必要性を説いた。

    署名の宛先には、マイナビリクルートキャリア、ディスコといった大手人材会社のほか、AOKI、青山商事、はるやまホールディングスなどのスーツ販売店などを指定している。理由については、これらの企業の就活生に向けた発行物にあるようだ。

    「人材会社は書籍でも多くの指南本を出しています。それらは、大学など教育機関の生協店舗やキャリアセンターに多く置いてあり、嫌でも目に入ります。それらの人材会社が、教育機関に講師を派遣して、就活マナー講座を開き、今回問題としているマナーや服装を指南するということも多く行われています」

    また、学生が就活用スーツを買うことが多い販売店では「女性向けヒール付きのパンプス前提で勧められたり、裾上げをされたり。それ以外を履くつもりと言うと、あからさまに嫌な顔をされる場合もあります」と話す。これらの宛先に対しては、

    「この商売の方法によって、多くの人の存在を無化したり、差別したりしてきたという事実を真摯に受け止めた上で、広告や販売の方法を再検討して頂きたいです」

    と訴えた。

    水野さんは、今まさに同様の問題に苦しんでいる学生に向けて「『あなたたちは何も悪くない』と伝えたいです」と力を込める。また、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、一般的になっている”オンライン就活”でも「ジェンダー規範の押し付けや性差別的な規範はオンラインでも変わらずだと思います」としている。

    「私たちがこういった活動をしているからといって、無理に従来のスタイルから外れるリスクを取れ、とは思いませんし、とにかく自分を潰されずに生き延びる手段を取ってください。この署名で少しでも世の中が変えられるように頑張ります」

    また、ハッシュタグ「#就活セクシズム」で、多様性を重視したスーツなどの情報を共有している人もいることにも触れ、「少しでも、自分のアイデンティティや尊厳を保って職探しをするために、このタグを活用してくれても嬉しいです」と呼び掛けた。

    "女子は化粧するのがマナー"と一律に押し付けるのは侮辱的だと感じた――就活に潜む「男らしさ」「女らしさ」の強要に抗議


    (出典 news.nicovideo.jp)

    清潔感を根本に印象を良くするためにあるのでは。

    <このニュースへのネットの反応>

    【(ニュース記事)既存の就活スタイルに疑問】の続きを読む

    このページのトップヘ